Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

付き合う前・恋愛同時進行に罪悪感を覚える必要はまったくない

付き合う前・恋愛同時進行に罪悪感を覚える必要はまったくない

ある女性を好きになった…好意の度合いを測れる同時進行の恋愛

ある女性が好きになった…片思いの相談は本サイトでも死ぬほど受けてきましたが、

面白いことに実は本当はその女性のことはそんなに好きじゃなかった

という事態が結構起こってきます。恋愛経験が少ない男性ほど陥りやすい恋に恋する状態です。その女性が本当に好きなのではなく、今の自分が恋愛をすることにおいて格好の相手が見つかったことに対する心の揺れが好意だと勘違いした状態です。

出会いのパイが少ないと、1つの出会いに対する精神的な集中度が増してしまいます。まったく出会いを開拓していない男性が、偶然にとある美女や素敵女子になじむ機会が訪れると、その機会を人生のすべてのようにドラマ化(劇化)していくんです。

当人の脳内はドラマのようなロマンティックな雰囲気が流れているかもしれませんが、女性側からすると、まったく仲良くもなっていない人から、既に彼氏ヅラをしてきているようにも感じる態度はとても気持ちいわけです。

本当に良い女性と両想いになるための恋愛同時進行

片思い恋愛同時進行のメリット

ある女性に好意を寄せている時に、別の女性とデートやセックスをすることのメリットは、思った以上にたくさんあります。

片思い恋愛同時進行のメリット
・集中が分散する
・女性慣れする
・女性を比較できる
・女性の本質が分かる
・失敗が怖くなくなる
・攻めの姿勢になれる
・モテマインドになる
結果:いい女性と付き合える

実は自分自身だけでなく、同時進行で遊んでいる女性たちのためにもなります。同時に多くの女性を見ることで、今の自分にとってどの女性が最も相性が良いかがはっきりと浮き彫りになります。

特に「外見からの恋愛補正効果」はとても大きいです。やはり、男性は外見重視で女性を選ぶ傾向があるんですが、片思い恋愛同時進行をしていると、

外見にも納得したうえで、内面の良い女性を選ぼうという姿勢が生まれてくる

のです。いろんな可愛い女性を見きってしまえば、「可愛さのみを追求」しなくなります。可愛さということだけで選ぶことの無意味さを自分自身で悟ることができるからです。可愛い女性とたくさんデートやセックスをしたことで、可愛さの無価値化が起こるというのも、恋愛同時進行のメリットです。

付き合う前・恋愛同時進行に罪悪感を覚える必要はまったくない

非モテな時期は安易に女性と付き合う必要はない

付き合う前に同時進行で複数の女性とデートやセックスをすることに罪悪感を覚える男性は多いです。でも、誰とも付き合っていないわけで、その行動自体は誰にも非難されるものではありません。

しかし、複数同時進行での片思いに対して、罪悪感というよりも、それをするには精神的にキツ過ぎると逃げている男性も多いように思います。

返報性もあって、自分が好きになった一人の女性をマイペースに追っていたほうが楽であるという心理を抜け出していない

そこそこ可愛くて、そこそこ男性から人気で、自分へもそこそこ返報性があるような女性であれば、その女性を人生の中で埋め尽くすことは心地よいことになるでしょう。

これはこれで全然いいんですが、人生というのは長いようで意外と短いものです。ある期間に女性をその都度一人だけ狙うというのは、女性経験を積むことを言えば、かなり非効率です。同棲までして一生付き合いたいと思うレベルなら構いませんが、その思い自体も他の女性とどんどん絡むことで確かなものとなっていきます。

付き合う前なら恋愛同時進行に罪悪感を覚える必要はなく、むしろ、付き合っていないからこそ、複数同時進行できることにワクワクして下さい。そして、複数同時進行することと、一緒に遊んでいる女性を不幸にすることは直結しません。

女性だって、初めて好きになった男性と人生の最後まで愛を貫くなんて人はほとんどいないわけで、現実的にはもっと軽く、楽しく、たくましく、恋愛を捉えていって、女性経験の酸いも甘いも味わいきって、「なるほど!」と女性たちについて腑に落ちて、ようやく肥えまくったその目で、超絶素敵な女性を捕まえていって下さい。

Source: 【超モテる男術 】女を落とす絶対的恋愛コラム
付き合う前・恋愛同時進行に罪悪感を覚える必要はまったくない