Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

パセリは栄養満点!パセリの栄養による効果とおすすめの食べ方

パセリは栄養満点!パセリの栄養による効果とおすすめの食べ方

パセリは「料理の付け合せ」程度にしか思っていない、という人も多いのではないでしょうか?しかしパセリには栄養成分がぎっしり。そのため美容にも健康にもいいと言われているのです。

今回は

  • パセリの基礎知識
  • パセリの栄養素・効果的な成分
  • パセリは栄養豊富で効果もすごい!
  • パセリの栄養がしっかり取れる使い方

について紹介します。どのような栄養があるのか、パセリの栄養効果についてまとめました。また、パセリをどのように使えばいいのか、パセリを使った料理方法についても紹介しましょう。

パセリの基礎知識

いつでも、けっこう頻繁に料理に添えられているイメージがあるパセリですが、パセリにも旬があります。また、どれも同じように見えるかもしれませんが、パセリにも種類があるのです。パセリの種類と旬について紹介しましょう。

品種は2種類

パセリにはいくつか種類がありますが、日本で簡単に手に入るのは2種類モスカールドパセリとイタリアンパセリです。

料理の飾りとしてよく見かけるのが、モスカールドパセリです。縮れた細かい葉っぱで、丸くカールしているのが特徴。料理の彩りとして使われることの多い種類ですが、独特の香りがあり、ビタミン類も豊富で栄養価が高いパセリです。

イタリアンパセリはサラダやスープなどに添えられていることが多いです。イタリアンパセリは葉が縮れていないもので、苦味も香りも少なく、さわやかな香りが特徴。日本ではモスカールドパセリの方がおなじみですが、フランス料理やイタリア料理でよく使われるのはイタリアンパセリの方です。

パセリの旬は4月~8月

年間を通して食べられるパセリですが、旬の時期は3~5月頃と9~11月頃です。パセリの選び方としては、葉がきれいな緑色をしていて、切り口が新鮮、葉の密集度が高く、フワフワしているものを選ぶといいでしょう。葉の色が黄色くなっていたり、茎や葉先がピンとしていなかったりするものは避けます。

家庭菜園でも作れる野菜で、種をまいて約1ヵ月程度で収穫できます。種をまく時期は、4~5月頃、もしくは9~10月頃。パセリは発芽率が低いと言われていますので、初めて栽培をする場合は苗から育てるといいでしょう。

パセリの栄養(可食部100gあたり)

栄養豊富と言われているパセリには、どういった栄養成分がどれくらい含まれているのでしょうか?パセリの栄養成分についてまとめてみました。

ビタミンKは850μg


ビタミンKには、カルシウムを骨に定着させる働きや出血した血液を固めてくれる働きがあります。骨にあるオステオカルシンというタンパク質を活性化して骨づくりを促すビタミンKは、骨粗しょう症の治療薬としても使用されています。

ビタミンKは、血管の健康維持にも役立つと言われる成分。小松菜やホウレンソウなどにも含まれていますが、パセリに含まれるビタミンKは850μgと、野菜の中でも多いのが特徴です。

ビタミンA βカロテン7400μg

ビタミンAは緑黄色野菜に多く含まれる栄養素で、肌や髪の健康には欠かせない成分です。免疫賦活作用があるとされ、さらには喉や肺などを守る働きもあるビタミンA。ビタミンAには、視覚の暗順応といって暗いところに目が慣れる働きに関わる成分もあります。

喉や鼻などの粘膜を強くして、細菌やウィルスから守ってくれる作用もあり、健康体を維持してくれる成分とされています。パセリに含まれるビタミンAは多く、7400μg。緑黄色野菜の中でも多く含まれています。

ビタミンC120mg

パセリに含まれるビタミンCは120mg。レモンよりも多い量です。美白作用やコラーゲンの合成など美肌には欠かせないビタミンCは、女性にとって積極的に摂取したい成分。皮膚や粘膜の健康を維持してくれるほか、鉄の吸収を高めてくれる働きもあります。

また、ビタミンCには強い抗酸化作用があり、アンチエイジングにもおすすめ。美肌づくりだけではなく血管を強くしてくれるので、動脈硬化を予防してくれます。ストレスへの抵抗力を高める働きもあり、イライラしにくくなるというメリットも。ストレスや喫煙はビタミンCを失わせていきますので、パセリを摂ってビタミンCを補給しましょう。

鉄分7.5mg


貧血の多い女性にとって鉄分は重要。鉄の主成分であるヘモグロビンは、酸素と結びついて、酸素を体のすみずみまで運ぶ働きをします。不足すると赤血球が減り鉄欠乏症貧血になってしまうかも。貧血になると頭痛やめまい、息切れ、動悸などを起こしやすくなる恐れがあります。成人女性の5人に一人は鉄欠乏性貧血と言われるほど、女性は貧血になりやすいものです。

鉄分はレバーなどに多く含まれている成分ですが、野菜の鉄分を摂取することも重要。パセリには7.5gの鉄分が含まれていますので、食事の際には積極的に摂取するといいでしょう。

カリウム1000mg

パセリに含まれるカリウムの量は1000mgです。この量は野菜の中でもトップクラス。ナトリウムの排出を促し高血圧を予防する働きをはじめ、筋肉の収縮をスムーズにしてくれるカリウムは健康においても大切な栄養素。1日に摂取しておきたいカリウムの量は、成人女性で2000mgと言われています。

カリウムは高血圧の予防のほか、脳卒中の予防や骨密度の増加にもつながることが分かっています。骨がもろくなりやすい女性は、特に意識してカリウムを摂取しましょう。

パセリの効果的な成分

ビタミンやミネラルなどが豊富なパセリですが、ピネンやアピオールなど、パセリにはさらに効果的な働きをする成分が含まれています。それはどのような成分か、ピネンやアピオールについて紹介しましょう。

ピネン

パセリに含まれるピネンという成分には、胃を刺激し消化を促す働きがあります。パセリには胃潰瘍を抑える作用や、胃壁の粘膜を再生し保護する働きもあることが、研究結果によって分かっています。料理に添えられているのは、彩りのためだけではなく胃を守る働きを期待して、ということでもあるのでしょう。

アピオール

パセリにはアピオールという成分が含まれています。パセリの独特の香りは、アピオールの成分によるもの。アピオールには口臭予防効果が期待できます。さらに、疲労回復や食欲増進、胃液の分泌を促し消化をよくしたりするほか、食中毒予防効果などもあると言われている成分。また、アピオールには生理不順を解消する効果もあると言われています。

パセリを煮出したパセリ茶などがおすすめ。体も温まるので血行がよくなり、生理痛の緩和にもなるでしょう。

パセリは栄養豊富で効果もすごい!

胃の健康を維持してくれたり、口臭対策ができたり、さまざまな栄養素を含んでいるパセリには、さらに健康効果が期待できるのです。パセリの健康に対する効果について紹介します。

むくみの解消


パセリには塩分や水分を溜める機能を調節する作用があります。そのため、パセリを食べることでむくみを解消する効果が期待されています。

利尿作用

パセリには強い利尿作用があります。以前は尿道結石などの治療にも使われたと言われるほど。尿量が増えれば血管内の体液が排出されるので、むくみや高血圧などにも効果的と言われています。塩分の多い食事ばかりしていると、体や顔はむくみやすくなります。利尿作用のあるパセリを摂ることで、水分量を調節でき、むくみの解消につながるでしょう。

通常、人間の体は1日平均約1.5リットルの尿を作り、不要になった尿素やナトリウム、アンモニアなどを体外に排出しています。しかし、トイレを我慢したり、水分が不足したりすると、毒素が排出されず血液の中をめぐり、代謝を悪くして冷えやむくみを引き起こすことに。美容のためにも水分補給を怠らず、利尿作用のあるパセリを食べることが大切です。

腸内環境を整える用


腸内環境を整える働きもあるパセリ。腸内環境が悪いと便秘や下痢などを引き起こすほか、免疫力が低下し、風邪を引きやすくなったり、アレルギー症状が悪化したり、さまざまな病気にかかりやすくなります。血行も悪くなり、痩せにくく太りやすくなるというデメリットも。

パセリに含まれるピネンには、腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やしてくれる働きがあり、腸内バランスを整えてくれるのです。美肌のためにも腸内環境は大切なので、パセリで腸内環境を整えましょう。

パセリの栄養がしっかり取れる使い方

美肌づくりのためにも、腸内環境を整えるためにも、またダイエットのためにもパセリを食べることは大切ということは分かっていても、味が苦手という人もいるでしょう。そのような人もおいしく食べられて、栄養がしっかり取れるパセリの使い方を紹介します。

電子レンジで作る乾燥パセリ


パセリが残ってしまったら、乾燥させておくと次に使うときにも便利です。乾燥パセリの作り方は簡単。電子レンジを使って乾燥させましょう。

パセリを水洗いしたら、水分をよく切っておきます。お皿の上にキッチンペーパーを乗せ、重ならないように均一に広げて、加熱。3~4分程度でOKです。触ってみて、乾燥しきれていないようであれば、さらに30秒ほど加熱するといいでしょう。葉がカラカラに乾燥したらできあがりです。つぶして細かくし、ビンや密封袋などに詰めて保存しましょう。

パセリをみじん切りにして料理にトッピング

パセリを細かくカットして料理にトッピングすれば、彩りにもなり料理もおいしく見えます。香りが魅力的なパセリは、料理の仕上げに使うのがおすすめ。フライや炒め物などの香りづけになります。サラダなどにトッピングするのもいいでしょう。

細かく刻んだパセリとバターと混ぜるのもおすすめ。スープに入れたり、魚料理に使ったりするのも便利です。野菜を炒める際に使うのもいいでしょう。豊富な栄養をしっかり摂ることができます。

パセリのオイル

パセリの栄養をしっかり摂るなら、パセリオイルを作りましょう。パセリの葉をちぎり、フードプロセッサーに入れて細かくします。その際に、オリーブオイル、ニンニク、塩を入れます。ビンなどに保存しておけば、さまざまな料理に使えるでしょう。サラダのドレッシングとして、豆腐にかけて、パスタソースと絡めて食べるのもおすすめです。

まとめ

整腸作用や利尿作用、胃を守ってくれる働きや美肌効果など、挙げればきりがないほど栄養豊富なパセリ。今まで食べなかったことが悔やまれる、という人も多いでしょう。パセリは料理の彩りにもなり、ソースやドレッシングに簡単に加えられるのも便利です。パセリが苦手という人でも、細かく砕いてしまえば大丈夫。パセリを食べて健康になりましょう。

Source: feely[フィーリー]
パセリは栄養満点!パセリの栄養による効果とおすすめの食べ方