Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

塩シャンプーって知ってる?頭皮に良いとウワサの塩シャンプーとは

塩シャンプーって知ってる?頭皮に良いとウワサの塩シャンプーとは

塩を溶かしたお湯で頭を洗うと、頭皮環境がよくなると言われています。フケも出なくなり、洗浄力によるダメージも少ないとか。塩シャンプーは自分で作ることが可能です。

今回は

  • 塩シャンプーって?
  • 塩シャンプーの効果
  • 塩シャンプーの作り方・使い方
  • 塩シャンプーをするときのコツ

塩シャンプーのメリットや作り方についてまとめてみました。塩シャンプーを作る際の注意点なども紹介しますので参考にしてみてください。

塩シャンプーとは?


塩シャンプーとは文字通り、塩を使ったシャンプーのことです。お酢を使ったシャンプーや卵白を利用したシャンプーなど、いろいろなシャンプーがありますが、塩を使ったのが塩シャンプーです。どのような特徴があるのか紹介しましょう。

塩を溶かしたお湯で頭皮を洗う

塩シャンプーとは塩を溶かしたお湯で頭皮を洗うことです。または、使用しているシャンプーに塩を溶かして頭皮を洗うことを塩シャンプーと言います。頭皮にいいと言われていて、フケがなくなる、頭皮の嫌なニオイが減るなど頭皮へのメリットや、髪がサラサラになるなど髪へのメリットがあると言われています。

洗浄力の強いシャンプーよりも頭皮にやさしい

塩シャンプーが注目されている理由の一つが、頭皮にやさしいことです。市販のシャンプーは洗浄力が強いものが多く、汚れや皮脂は落ちるものの、頭皮に必要な皮脂まで取り除いてしまうので頭皮が乾燥しやすくなるのがデメリット。頭皮が乾燥すると外部からの刺激を受けやすく、頭皮環境が悪化し、フケやかゆみ、抜け毛などの頭皮トラブルが発生します。

塩シャンプーは頭皮へのダメージを少なくし、頭皮をいたわりながら汚れや過剰な皮脂を取り除いてくれます。

塩シャンプーの効果

頭皮環境がよくなることで、フケやかゆみなどがなくなり、髪もサラサラになると言われている塩シャンプー。具体的にはどういった効果があるのか、まとめました。

頭皮が健康になる


塩で頭皮を洗うことでマッサージ効果が期待できます。頭皮の血行が悪くなると、毛根に必要な栄養や酸素が行き渡らず髪が成長できなくなります。髪が元気に成長するには頭皮環境が大事。健康な頭皮にするためには、頭皮を柔らかくし血行をよくしなければなりません。

頭皮マッサージが大切と言われるのはそのためです。塩でシャンプーをすることで、マッサージ効果が期待できるとされています。

頭皮に必要な皮脂を保護する

頭皮が乾燥すると、皮脂が過剰に分泌され頭皮環境が悪化してしまいます。その結果、フケやかゆみ、ベタつき、吹き出物などができやすくなり、抜け毛や薄毛につながってしまうのです。強すぎる洗浄力は頭皮にダメージを与えてしまうもの。塩シャンプーは頭皮に必要な皮脂はそのままで、過剰な皮脂や汚れを落としてくれるのです。

フケが出にくくなる

フケの原因は頭皮の乾燥です。頭皮が乾燥してしまう原因は、紫外線や食べ物、血行不良などさまざまな要因が考えられますが、シャンプーのし過ぎが大きな原因。

シャンプーの回数は多くなくても、洗浄力の強いシャンプーでゴシゴシと頭皮を洗っていると、頭皮が乾燥しフケが出やすくなります。塩シャンプーは洗浄力が強くないため頭皮が乾燥しにくく、フケの原因を減らすことができるのです。

塩シャンプーの作り方

塩シャンプーの作り方は簡単です。用意するものは洗面器などの容器と塩だけ。具体的な塩シャンプーの作り方は次の通りです。

 

1.洗面器に粗塩(大さじ1杯ほど)を入れる

塩の粒が大きい方が、毛穴の皮脂を取り除きやすいと言われています。もし、痛みを感じるようであれば、洗い方をやさしくするか、細かい粒子の塩に変えてみましょう。塩分を多めにしても、血行がよくなったり、洗浄効果が高まったりするわけではありません。適量を守って作りましょう。

2.洗面器にお湯を入れて粗塩をよく溶かす
お湯の温度が高いと頭皮を乾燥させてしまいますので、ぬるま湯を使います。塩がよく溶けていないと頭皮へのダメージとなるので、しっかり溶かすようにしましょう。

 

塩シャンプーの使い方

塩シャンプーは市販のシャンプーと違い、泡立ちもありません。最初は不安になることもあるでしょう。効果を高めるためにも正しい方法で行うことが大切です。塩シャンプーの方法を紹介します。

髪をブラッシングする


シャンプーの前に髪をブラッシングしておくと、髪についた汚れや皮脂が落としやすくなります。髪のもつれをとくことで、髪や頭皮へのダメージも軽減できるでしょう。洗髪前のブラッシングはシャンプーの効果を高めると同時に、シャンプーによる頭皮や髪へのダメージを減らすこともできるとされているのです。

髪・頭皮全体をシャワーで洗う

まずはシャワーのお湯だけで洗います。38℃くらいのぬるま湯で洗いましょう。ただし、ヘアワックスなどがついている場合は市販のシャンプーで落としておきます。ヘアワックスやヘアスプレーには油分が入っていますので、塩だけで落とすことはできません。油分が付着したままだと、雑菌が繁殖し頭皮環境が悪くなってしまうので注意しましょう。

塩シャンプーで頭皮全体をマッサージしながら洗う

頭皮全体に塩シャンプーをもみこむように、マッサージをしながら洗います。洗面器のままだと洗いにくいので、コップやボトルなどに移してから使うといいでしょう。摩擦を起こさないよう、ゴシゴシとこすったりしないようにしましょう。

塩シャンプーを始めたばかりだと、頭皮にベタつきを感じることがあるかもしれません。皮脂が出やすい人は特にそうなることも。ていねいにマッサージをしながら洗うようにしましょう。

頭全体をシャワーでよく洗い流す


頭皮全体をシャワーでよく洗い流します。塩が残っていると雑菌が繁殖し、皮脂が過剰分泌してしまうなど頭皮ダメージにつながります。かゆみが出ることもありますので、しっかり洗い流してください。ただし、よく洗い流しているのにかゆみが止まらない場合は、塩シャンプーが肌に合っていない可能性があります。

塩シャンプーは毎日行っても問題ないと言われていますが、頭皮に炎症を起こしたり、かゆみがひどかったりするときには、一度使用を中止して様子を見るようにしましょう。

塩シャンプーをするときのコツ

塩シャンプーは市販のシャンプーと異なり、すべりがよくないと感じるかもしれません。そのようなときはどうすればよいのか、保存はできるのか、など塩シャンプーを使うときのコツを紹介します。

市販のシャンプーと塩は混ぜない!

塩を市販のシャンプーに混ぜるという方法を聞いたことがある人もいるでしょう。しかし、市販のシャンプーにはさまざまな成分が含まれていますので、塩を入れることで成分が変わってしまうことがあります。成分の変化は頭皮や髪へのダメージにもなりかねません。塩シャンプーは、自分で作ったものを使うことをおすすめします。

塩シャンプーは作り置きしない

せっかく塩シャンプーを作ったからといって、作り置きはNGです。保存料が入っているわけではないので、置いておくと腐敗してしまう可能性があります。特に湿気が多いバスルームは雑菌が繁殖しやすい場所。作った塩シャンプーは使い切った方がいいでしょう。1回1回作るのが面倒な場合は、事前に必要な量の塩をラップなどで小分けしておくと便利です。

リンスをするならお酢リンスがおすすめ

塩シャンプーの後に市販のリンスやコンディショナーを使いたくなる人もいるでしょう。しかし市販品には香料や防腐剤などが含まれ、塩シャンプーの効果が半減してしまいます。塩シャンプーだけだときしむ、という場合は酢を使った酢リンスがおすすめです。

塩シャンプーをした後は、髪がアルカリ性になっている状態。そこで酸性の酢を使うことで中和され、きしみがなくなります。酢リンスは洗面器のお湯にお酢(大さじ1)を溶かして作ります

酢に含まれるクエン酸にはキューティクルを引き締める働きがあります。そのため、酢リンスをするときしみが取れてサラサラに。さらに、古くなって厚くなった角質を柔らかくして取り除く働きがあり、頭皮の新陳代謝を促し皮膚を強くしてくれる作用もあると言われています。塩シャンプーの後の酢リンスは、頭皮環境の改善にもおすすめです。

まとめ

市販のシャンプーではフケやかゆみが改善しない、という人は塩シャンプーを使ってみるといいでしょう。塩をぬるま湯に溶かすだけで作れるので簡単です。余分な成分も入っていない塩シャンプーは頭皮の乾燥を防ぎ、健康な頭皮づくりができます。慣れるまでは週に1回くらいから始めて、週に2回、3回と増やしていくといいでしょう。

Source: feely[フィーリー]
塩シャンプーって知ってる?頭皮に良いとウワサの塩シャンプーとは