Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

「二人目以降の妊娠」はここが違う!ママの気がかりと対策方法

「二人目以降の妊娠」はここが違う!ママの気がかりと対策方法

二人目以降の妊娠は、一人目妊娠の時には無かった悩みや不安が出てきます。また、妊娠生活は一回ごとにそれぞれ違うものです。

二人目以降の妊娠ならではのママの気がかりと、対策法をまとめてみました。少しでも快適な妊娠生活がおくれるように、是非チェックしてくださいね。

二人目以降の妊娠はここが違う!

上の子のお世話がある!

一人目の妊娠は、自分の身体のことだけを心配していれば良いのですが、二人目以降だと上の子のお世話があるので、状況は大きく違います。

上の子の離乳食や、オムツはずれが終わっていない時期には特に負担が大きいため自分の事には気が回らなくなりがちですが、休める時はしっかり休むように心がけましょう。

また、下の子が生まれてしばらくは二人以上の育児が大変になります。妊娠中から、パパや双方の実家に頼ったり、ママ友の助けを借りたりなど、妊娠中から上手に周囲を頼る環境を作っておくと安心ですよ。

二人目以降の妊娠中、これがポイント!

上の子に、抱っこでの寝かしつけから卒業してもらおう

上の子を抱っこで寝かしつけているママは要注意です!

ママの身体の負担になりますし、下の子が生まれてから二人分の寝かしつけに苦労することになります。ちょっと寂しくても、早く上の子が一人で眠りにつける習慣を付けるようにしましょう。

まずは静かな環境でのお昼寝から始めてみるのがおすすめです♪

つわりでしんどい時、「ママ横になってもいいかな?」と聞いてみる

二人目妊娠のつわりのしんどさはママによって違い、上の子のお世話でつわりを感じる暇もないという人も、かえってストレスでつわりが重くなる人もいます。

本当にしんどい時には、「ごめんね、ママ横になってもいいかな?」と、子供に聞いてみてください。1歳くらいの小さな子でも、意外とすんなり受け入れてくれるものです。その心遣いに、ジ~ンときちゃうかも♡

上の子の抱っこを控えめに心がけよう

お腹の張りに繋がったり切迫気味になりやすいので、上の子の抱っこはできるだけ控えるのが無難です。座ったままなど、なるべく他の方法でスキンシップをとるようにしましょう♡

お出かけは、上の子が眠くなるお昼寝の時間を狙い、ベビーカーで出かけるなど工夫してみてくださいね。

産後のために、家事は上手に手抜きする工夫をしよう

上の子が離乳食の時期なら、どれだけ手早く簡単に、上手に手を抜いて作れるかがポイントになります。

生まれてくる赤ちゃんの為にも、細かいものを片付けて物を減らし、掃除を楽にする工夫をするのもおすすめ♡負担を減らすため、乾燥機付き洗濯機や、食器洗い機など便利な家電の購入を検討してもよいですね。

上の子を、短時間でも外遊びさせてあげよう

上の子が外遊びをしたがったら、我慢させるよりも、短時間でも良いのでエネルギー発散させてあげましょう。

子供の運動能力の発達や、成長のためにもなるべく外についていきます。体調が優れない時は、ママ友やパパに頼めたらよいですね。

室内の遊び場を上手に利用するのもおすすめです♪

スムーズに赤ちゃんを迎えられるように、家族みんなで準備しよう♪

これらのポイントに気を付ければ、二人目妊娠で赤ちゃんをスムーズに迎えられるはず♡

ママだけが頑張るのではなく、家族みんなに協力してもらい、実家や友人などに上手く頼って、少しでも安心して妊娠期間を過ごせるようにしたいですね。

Source: feely[フィーリー]
「二人目以降の妊娠」はここが違う!ママの気がかりと対策方法