Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

【男女別】老け顔の原因と対策のためのエクササイズ

【男女別】老け顔の原因と対策のためのエクササイズ

顔は、どんな場所でも、どんな時でも常に誰かに見られてしまうものです。様々な形で出会う人に、印象良く見られればとてもうれしいことですが、必ずしもそうなるとは限りません。例えば、本当の自分はとても若いはずなのに、見た目が老けて見えてしまうことなどもその一つではないでしょうか。

ここでは、

  • 老け顔に見えてしまう原因
  • 老け顔を改善する方法:女性編/男性編
  • 老け顔を改善するエクササイズ

についてご紹介します。気になる原因と対策を是非チェックしてみてください。

老け顔に見られる原因

実年齢を言った際に、思ったよりも老けて見られていたことにショックを受けたことがありませんか。

老け顔は大人びた印象を相手に与えて、頼りにされるというプラスポイントもあります。しかしながら、多くの方ができることなら若く見せたいと思うのではないでしょうか。

ここでは、老けて見られる原因を紹介します。

肌のたるみ

顔の筋肉が緩んでしまうと、どうしても老けて見えがちです。顔がたるんでくると、皮膚が張っていたことで顔の明るさを引きたたせていた部分が影になり、顔全体がよどんで暗い印象を相手に与えます。そして、老け顔を生み出していくことになるのです。

このたるみは、皮膚の弾力性や強度など、内側から頑張って支えてくれていたコラーゲンが加齢とともに衰え、減少してしまうことが要因の一つと考えられています。同じように間接的に肌の縁の下の力持ちとして活躍するエラスチンは、コラーゲンを支えている皮膚の立役者です。

このエラスチンも年齢を重ねていくと減少していきます。エラスチンが減少することによって、シワやたるみの原因を作り出しているとも言われています。たるみによって、シワを増やすだけでなく、ほうれい線を際立たせることにつながり、より一層老けて見えることでしょう。

くすみ


つややかで透明感のある肌は、若さ、美しさの象徴です。しかし、逆に肌がくすむと、年齢問わず健康的に見えないだけでなく、老けて見られてしまうことがあるでしょう。

そもそも、くすみとはどういうものなのでしょうか。くすみは、肌のハリや艶やかさ、明るさや透明感がない状態のことを指します。くすみにも様々ものがあります。顔が青黒く見えるくすみは、寝不足やストレス生活習慣のみだれや新陳代謝が悪いことによる血行不良が原因で引き起こされます。肌がパサついて、カサカサになると肌の色が黄色やグレーにくすんで見えることがあります。また、顔でも目元や口元、鼻の下や唇、首の周りなども、様々な原因からくすみとなります。

ほうれい線が深い

ほうれい線がはっきりしていることで、実年齢よりも老けて見られることがあるかもしれません。若いのにほうれい線が深い方には、様々な理由が考えられます。

自然に笑顔を多く作っていて、いつの間にかほうれい線が深まっていたり、肌がパサついてくっきりしていることが挙げられます。また、自分では意識していなくても、知らず知らずに口の周りの筋肉が締まらず、そのたるみが原因で線を深めているかもしれません。

本来なら、顔の筋力が衰え、頬の肉がたるんで口元のほうれい線が深くなるため、加齢によって顕著に表れるのですが、若い方でもほうれい線がはっきりしてしまっていれば、相手に老けた印象を与えてしまう要因となるでしょう。

シミが多い


くすみと似ているシミも、顔にあるとやはり老けた印象を与えてしまう特徴の一つと言えます。何気なく鏡を見たときに、いつの間にか茶色いポツポツがあってびっくりすることがあるかもしれません。少しくらいなら気にすることはないかもしれませんが、顔に多くのシミを作ってしまうと、たとえ年齢が若くとも実年齢以上に見られてしまうこともあるでしょう。

そんなシミを生み出しているのは、太陽から放出される紫外線が主な原因と言われています。紫外線を肌に受けると、紫外線を体に入れないように防御しようとして、メラニンを作り出します。これが日焼けにつながります。紫外線は体がビタミンDを生み出すのに必要なものでもあるのですが、皮膚の弾力性をなくす、老化を促す、メラニンを茶色に変色させるなどの働きもあります。

肌のことを気にせず、紫外線を存分に受け続けると、肌へのダメージの蓄積で、シミがどんどん増えていってしまいます。

シワが多い

笑ったときや怒ったとき、そうした様々な表情からできる何気ないラインは、年齢問わず、顔を合わせたときに相手にシワとして印象づけ、老け顔に見られることがあります。

表情のシワもそうですが、若い方でもなりやすいのが乾燥から生まれるシワです。肌が乾燥すると、肌のうるおいが減少することでハリやツヤがなくなり、乾燥したまま肌を放置しておくと、後にくっきりしたシワを生み出す要因となります。

シワの中でも、えくぼのように笑った時にちょこっとできるような物であれば、それほど気になることはないでしょう。しかし、目元や口元、額や頬など、顔のところどころにしっかりとした線となって現れてくると、どうしても老けて見える原因の一つとなります。

加齢からくるシワは、こうした積み重ねによるものや、顔の筋肉を支えているコラーゲンなどの減少、顔の筋肉が衰えて緩み、たるむことによって生まれていきます。

二重あごになっている


あごのラインは、顔のパーツの中でもとても重要な部分と言えます。もしも老けて見られたとしたなら、二重あごが原因かもしれません。

二重あごは、あごの筋肉がたるんで見え、老けた印象を与えがちです。太ったせいではと思いがちですが、体重や年齢ばかりが二重あごになった要因とはなりません。長い時間目線を下にしていると、いつの間にか二重あごを生み出していることにつながります。姿勢を正しくしていないこともあるかもしれませんが、リンパの流れが悪くなっていることも挙げられます。老けて見られたなら、一度確認してみましょう。

開いた毛穴

顔全体がつるりとした肌で透明感があると若く見られますが、少しでも黒ずみがあると、実年齢よりも老けて見られることがあります。

その一つに、毛穴が開いて肌のトーンを落とすことが挙げられます。毛穴が開いた状態で過ごすと、毛穴に汚れや黒ずみがたまったり、白い角栓が見えてしまうことで、肌の質感や色合いを悪くしてしまいます。もしも、毛穴が開いて気になるようなら、毎日のケアを大切にする必要があります。

髪の毛のボリュームが少ない


髪の量や質は、一人一人違いますが、年齢を重ねていくと、髪が細くなり、量も減って行きます。髪の量が多く、良質の髪であるなら、エネルギーに満ちた若々しさを感じさせることができるでしょう。

しかし、髪の量が少ない方、もしくはハリがなくふんわりとしていない方は、どことなく活気に欠けて見えるため、老けて見られてしまうことも多いのではないでしょうか。

また、髪質に合ったシャンプー剤などを気にせず使っていることで、髪がパサついたり、逆にべたついたりしているだけでも、老け顔を印象づける要因になるかもしれません。

老け顔を脱出する方法:女性編

ここでは、女性が若く見られるためのメイクアップとヘアスタイルのポイントを挙げていきます。今の自分を変えてみたいと思っているのなら、参考にされると良いでしょう。

自然ながらはっきりした印象のメイク

肌の質感を良くしたいとつい化粧を厚塗りにしてしまい、それが老け顔になるきっかけとなってしまうことがあります。老け顔を脱するなら、自分の肌に合わせたファンデーションで整え、気になるシミやくすみはコンシーラーでぼかすと良いでしょう。その上で、目元や口元は派手にせず、ほやけた輪郭の足りない部分を補うように色を入れていく程度にしましょう。

唇は肌の色に近い色を選ぶと暗い印象があるため、なるべく明るめの色を選びましょう。透明なグロスを使い、その上から明るい色を薄く乗せるだけでもぐっと効果が上がります。

化粧をする際は、あくまでナチュラルメイクでありながら、明るくはっきりしたメイクを目指すと良いでしょう。

控えめすぎないヘアスタイル

実年齢に合いつつ、時代に合ったヘアスタイルにすることで、年齢よりも若々しく見せる効果があります。髪の色だけでも変えることができれば、若さに一歩近づくことができます。

頭の骨格に併せてヘアスタイルを変えていくと、ぐっと若さが上がります。そのポイントは、顔の縦の長さを短く、おでこを広くし、あごを短く見せる点です。この三点に注目しながら、ヘアスタイルを決めていくと、若々しさを表現することができます。

老け顔を脱出する方法:男性編

老け顔は、何も女性だけの悩みではありません。老け顔で悩んでいる男性の方もいます。そんな男性の方におすすめできる老け顔解決方法を紹介します。

過度な皮脂の分泌を防ぐスキンケア

男性の場合、顔周りのケアを怠りがちです。男性は特に顔の皮脂が多く、テカってしまいがちです。その上、毛穴に脂が詰まって肌の色が黒ずみ、顔のテカリと黒い色だけでも老けて見えてしまうでしょう。

まずは、毎日のスキンケアを心がけ、清潔感、若々しさに一歩近づきましょう。

キレイにひげを剃る

男性は、ワイルドに見せるためにひげを生やしていることもありますよね。自分に似合っていて、きれいにお手入れされているひげであれば問題ありませんが、お手入れもしていない無精髭では、老け顔に見られてしまいます。まず、ひげが自分に似合っているかどうかも確認しましょう。

ひげが似合わないなら剃ってしまい、清潔にすることが大切です。もしも、きちんとひげを伸ばしてみたいのであれば、美容室で相談してみるのも良いでしょう。

男女共通の老け顔脱出エクササイズ

老けて見せないためには、メイクアップやヘアメイクなどの外側のアプローチも重要な役割があります。平行して、顔の内側にある筋肉を鍛えることで、若々しい印象を生み出すことができます。

ここでは、どこの筋肉を鍛えれば良いのかいくつかポイントを紹介していきます。

ほうれい線・たるみ解消になる表情筋エクササイズ

ほうれい線が深くなる原因の一つとして、頬の筋肉のたるみだけでなく、頬の筋肉の上側と下側で支えている筋肉が緩んでしまうことが挙げられます。これらの筋肉を鍛え上げることで、ほうれい線を浅くし、たるみやしわの改善につながります。

 

表情筋のエクササイズ

  1. 姿勢を正して鼻から息を吸って、顔全体が顔の中心に向かうイメージをしつつ、鼻から息を吐きながら10秒キープします。
  2. 上の歯を見せるように笑顔をつくり、下の歯を唇でくるみます。その状態で指で頬にお団子を作って5ミリアップさせた状態で10秒キープします。
  3. 顔を上に向け口を開いて、舌を天井に向かって突き出し10秒キープします。

 

こうすることで、表情筋を鍛えることができます。

口角を上げる表情筋エクササイズ

口元が下がっていると、何となく老けた印象になってしまいますが、口角が上がっていると明るく笑顔に、愛らしい表情になり若く見られます。

口角の筋肉を鍛えるには、上と下の唇を口の中に丸め込んで、ほうれい線を持ち上げる意識で頬の筋肉を上げるだけです。

この口角を持ち上げるエクササイズをすることで、老け顔から脱することができるでしょう。

目のたるみを引き上げる眼輪筋トレーニング

眠たそうにたるんでしまったまぶたは、暗く老けた印象を与えます。まぶたを支えているのは、眼輪筋という筋肉です。この筋肉が弱まると、目元のたるみだけでなくシワをつくる原因となります。

 

眼輪筋のトレーニング

  1. 目尻を外側に引っ張り、5秒目を閉じます。
  2. 目尻を上に押さえて外へと引っ張り、5秒目を閉じます。
  3. 目尻を下に押さえて、下に引っ張り5秒目を閉じます。

これを5回繰り返すだけで鍛えることができます。

 

眼輪筋を鍛えることで、目元がはっきりし、活動的な若々しさを表すことができます。

まとめ

老けて見られると、自然とうつむきになりがちになります。そうした部分も老け顔を作る要因となり得るでしょう。

まずは自分の顔をしっかり見て老け顔ポイントを確認し、ここまで挙げた老け顔を作らないポイントをしっかりと押さえましょう。

そうすることで自信につながり、明るく前向きになって、見た目だけでなく、自然と気持ちも若々しくなるのではないでしょうか。

Source: feely[フィーリー]
【男女別】老け顔の原因と対策のためのエクササイズ