Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

話し上手になるためには?上手な人の特徴と話し上手になる方法

話し上手になるためには?上手な人の特徴と話し上手になる方法

話し上手な人に憧れている方はたくさんいるでしょう。さまざまなメリットを得られるからです。

今回は

  • 話し上手のメリット
  • 話し上手な人の特徴
  • 話し上手になる方法

について紹介します。話し上手のメリットや話し上手な人の特徴、話し上手になるための方法についてまとめました。

話し上手のメリット

プライベートが充実して仕事においてもプラスになるでしょう。そんな話し上手になるメリットについて紹介します。

交友関係が広げられる

コミュニケーションをとることが上手ければどんどん友達を増やすことができるでしょう。さまざまな人間関係を構築する上で、話し上手なことは大きなメリットとなります。幅広い交友関係を持つことができれば、人生は楽しくなるでしょう。いざというときに頼ることができる人が増えます。

仕事をする上でプラスになる

仕事にもいろいろなものがありますが、どの仕事においてもコミュニケーションは重要です。最終的に相手を説得する場面はたくさんあります。

たとえば営業の仕事だと、話し上手であれば自社の商品やサービスの売り込みに役立つでしょう。営業成績を伸ばすことができれば、昇進や昇給にとても有利になります。

男女問わずモテる

話し上手であれば基本的にモテます。男性であれ女性であれ、話し上手な方がすぐに仲良くなることができるのです。話していて面白い人と付き合いたいと考えている方は多いでしょう。コミュニケーションは人との関わりにおいて基本となるものだからです。

たとえ見た目がそれほど美形でなかったとしても、話し上手な部分でカバーすることができます。美形でも無愛想な人よりも、普通の顔でコミュ力がある人の方がモテるケースは多いでしょう。

情報が集まってくる

話し上手な人のところには、どんどん情報が集まってくるようになります。交友関係が広く、いろいろな人と仲良くなっているからです。

また、話し上手だと信頼されやすくなるため、秘密の情報を教えてくれるかもしれません。これはプライベートでも仕事をしていても、とても大きなメリットとなるでしょう。

見習いたい!話し上手な人の特徴

基本的に聞き上手であり、質問や相槌をするのも上手いのが話し上手の特徴です。話し上手の人に当てはまる特徴について紹介します。

聞き上手

まず話し上手な人というのは、相手の話をしっかりと聞くことが上手い人が多いです。自分から一方的に話しているだけではないのです。相手の話も聞くからこそ会話が盛り上がっていくのでしょう。このような人と話をしていると、とても楽しいでしょう。そのため、自然と多くの人が集まってくるようになるのです。

相手に興味を持っている

聞き上手な人は、相手に対してきちんと興味を持っていることが多いです。上辺だけの付き合いではなく、本当に相手のことを尊敬して関心を抱いているのです。だからこそ、相手の話をしっかりと聞くことができるのでしょう。また、相手の興味の持っている話題を選択してそれを話すことができるのです。

質問や相槌が上手い

聞き上手でもある話し上手の人というのは、相手の話をしっかりと聞いて理解していますそこで生じた疑問点についてはすぐに質問をします。相手の話に興味があるからこそ、効果的な質問をすることができるのでしょう。その質問を聞くと相手は喜んで、ますます熱心に話してくれるようになります。

相手の話を聞くときにはつまらない態度をとることはありません。どのような話題に対しても相槌をうって、興味を持っていることをアピールできるのです。

必要な情報を簡潔に伝える

面白い話というのは簡潔にまとまっているため、しっかりと相手に伝わるのです。だらだらと長く話をしていると要点が分からなくなってしまい、理解できなくなります。話し上手な人は本当に伝えるべき情報を意識して、それを簡潔に伝えることができるでしょう。このような話し方ができるため、相手を飽きさせません。

聞き手の必要に応じて補足する

相手のレベルに合わせた話し方ができるのも話し上手な人の特徴といえるでしょう。相手にとって難しい話であれば、簡単な内容に言い換えることができます。相手の理解が足りない場合には、補足説明をすることもできるのです。聞き手に対して必要十分な話を用意することができます。

論理と感情をバランスよく織り交ぜる

論理的な一面だけでは相手がつまらなくなってしまうかもしれません。かといって、感情一辺倒な話し方というのも、相手を引かせてしまう可能性があるでしょう。話の上手い人は論理と感情をバランスよく配分した話をすることができるのです。これによって、どのような相手も楽しませることができます。

聞き手の様子をよく見ている

話をしているときに、聞き手の様子をきちんと確認しているのが話し上手な人の特徴です。聞き手が話を楽しんでいるか、それともつまらなさそうにしているのかをよく確認しています。もし興味がなさそうにしているならば、すぐに話題を変えるでしょう。相手の反応を見ながら話を進めることができるのが大きな特徴なのです。

話にユーモアを取り入れている

ずっと真面目な話が続いてしまうとだんだん眠たくなってしまうでしょう。興味が薄れていってしまいます。そのような話はつまらないと思われるでしょう。話し上手な人はきちんとユーモアを取り入れて、笑うポイントを作っています。笑える部分があるため、集中力を持続させることができます。相手を飽きさせないのです。

話すスピードが適切

話をする際のスピードにもこだわっている方が多いです。あまり早口だと相手が理解できなくなります。聞き取りにくくなってしまうでしょう。かといって、あまり間延びしていると退屈な気分になってしまいます。ちょうどよいスピードで話をすることができるのです。

また、聞き手によって適切な話のスピードは異なっているでしょう。相手に合わせてスピードを上手く調節することができるのも特徴です。

自然な笑顔で話せる

話をしているときの表情も相手に影響を与えるでしょう。いつも無表情だと相手を怖がらせてしまいます。かといって、無理に笑顔を作ってもわざとらしくなってしまうでしょう。話し上手な人は自然な笑顔を作れるため、相手を安心させることができます。

今日から実践!話し上手になる方法

自然な笑顔を作り、相手のことを考えて話をすることが大切です。話し上手になるためのポイントをまとめました。

笑顔を作る

笑顔は相手に対して敵意がないことを示すことができます。そのため、笑顔の人の話というのは安心して聞くことができるのです。できるだけ自然な笑顔を作ることを心がけましょう。

作り笑顔であることがバレてしまうと逆効果となってしまうため気をつけましょう。鏡を見て、どうすれば自然な笑顔になるのか研究してみてください。

相手の話からキーワードを拾って話を広げる

会話を盛り上げるためには相手の興味を持っていることを知ることが大切です。その際には相手の話していることが役に立つでしょう。相手の会話の中にあるキーワードは、相手の興味を持っていることです。それを拾い上げて、起点にしてさらに話を広げていくと良いでしょう。そうすれば自然と会話は盛り上がります。

雑談なら自分が用意した話にこだわらない

雑談をしているならば、その場の話の流れに合わせるべきでしょう。無理に話題を変える必要はありません。もし話を盛り上げるために用意していた話題があったとしても、それにこだわるべきではないです。その場の空気を読んでそれにしたがうことも会話には大切な要素となるでしょう。

質問に答えるときは自分の情報を出す

相手が質問をしてくることがあります。そこでは当たり障りのない返答をするべきではありません。それでは会話がそこで止まってしまいます。、質問の返答に自分の情報を加えるようにしましょう。そこに相手が興味を持ってくれれば、それによってさらに話題が広がるかもしれないのです。

相手の個人的なことばかり聞いて、自分の情報を一切話さない人がいます。このような話し方では相手に不信感を抱かせたり不満を持たれるでしょう。お互いが自分のことを話すのがコミュニケーションの基本となっています。

話の内容に合わせスピードを調節する


盛り上がっているときには、話のスピードを高めると良いでしょう。真面目な話をしているならば、スピードは落とすべきです。それぞれの話の内容ごとに適切なスピードがあります。話の内容に注目して、その都度スピードを変えていくと話が盛り上がりやすいです。

基本的な気遣い・常識を身につけておく

面白い話ができればそれで良いわけではありません。相手に対して気遣いをすることは大切です。また、一般的な常識を身につけておくことも大切でしょう。基本的なマナーをちゃんと理解してください。言葉遣いに気をつけたり、あまりプライベートなことを詮索しないように注意しましょう。

自分だけでなく相手にも話してもらう

気づくと自分ばかり話していたということがあるでしょう。これでは相手は退屈してしまいます。会話というのはキャッチボールにたとえられることが多いです。お互いが順番に話をしていくことが大切でしょう。そうすることによって、会話をどんどん盛り上げていくことができるのです。

難しい言葉はできるだけ使わない

基本的に難しい専門用語を使うべきではありません。平易な言葉を用いて会話をするべきでしょう。相手が専門用語を知っているとは限らないからです。

また、専門用語ばかり使っていると、知識をひけらかしていると思われることもあります。それでは相手に対する印象が悪くなってしまうでしょう。

5W1Hを意識する

これは分かりやすい話をするためのコツとなっています。相手に話を理解してもらうために必要な情報を分かりやすく含めるようにするのです。いつどこで誰が何をどうしてどのようにしたのかという点にこだわってください。この6つの情報を取り入れることによって、相手はしっかりとあなたの話しを理解するでしょう。

ポジティブな表現を使う

ネガティブな表現を使うことはできるだけ避けましょう。どんなところに地雷があるか分かりません。何気ない一言が相手にとっては馬鹿にされたと思われるケースもあるのです。たとえば自分の出身大学を卑下したときに、相手も同じ大学出身だったというケースがあるでしょう。ポジティブな表現を使っていれば間違いはありません。

まとめ

話し上手な人は交友関係が広くて仕事でも成功しやすいでしょう。相手に対する配慮があり、状況に応じて話の内容やスピードを調節できるのが話し上手な人です。こちらで紹介したポイントを意識して話をすることで、話し上手になりましょう。

Source: feely[フィーリー]
話し上手になるためには?上手な人の特徴と話し上手になる方法