Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

頭の回転が遅くて仕事がつらい……そんなあなたにオススメの解決方法

頭の回転が遅くて仕事がつらい……そんなあなたにオススメの解決方法

頭を働かせたいのになかなか回転してくれないこと、ありませんか?頭の回転が遅いと仕事も辛くなってしまいます。そこで、ここではそんな人のために、頭の回転が遅い原因はもちろん、頭の回転が良くなるポイントやおすすめの食べ物を紹介します。

頭の回転が遅いと悩む人……こんなことありませんか?

頭の回転が遅い人は、その他の悩みも誘発してしまうことがあります。仕事で失敗が多かったり、会話がスムーズにいかなかったりすることはありませんか?ここからは頭の回転が遅い人が悩んでいることについて解説します。

失敗が多い

仕事において失敗することが多いのは、頭が速く回転していないのが原因かもしれません。頭を使わずに仕事をしていると、どうしても小さなミスが多くなります。それらのミスが重なっていくと、大失敗に繋がることもあります。頭の回転が遅いと効率よく仕事ができないため、どうしても周囲の評価や評判も悪くなってしまうので注意が必要です。

テンポの速い会話が苦手

頭が回転していないというのは、脳の処理能力が極限まで低下している状態のことを言います。そのため、次々と入ってくる情報が処理できないことが多いです。特にテンポの速い会話などが続くと、頭がこんがらがってしまうでしょう。情報を整理し、それを理解していくまでに時間がかかるのは、頭が回転していない証拠です。

仕事覚えが悪い

仕事覚えが悪いことで悩んでいる人は、頭が上手に働いていないのかもしれません。自分ではしっかり仕事を覚えたいと思っていても、脳が活性化されていない状態では覚えられるものも覚えられません。脳の回転が遅いと、どんなに簡単なものでも難しく感じてしまい、劣等感を抱いたり自尊心を失ったりすることにも繋がります。

場の雰囲気を読むことができない

空気を読めない人ほど、頭の回転が鈍いことが多いです。その場その場の状況は刻一刻と変わっているのに、自分だけがワンテンポ遅れてしまうため、どうしても周囲は「え?その話はもう終わったけど」と思ってしまうのです。周囲から「行動が遅い」「理解力が低い」「行動力もない」と思われている傾向が強く、仕事上の人間関係が悪化することもあります。

頭の回転が遅いと感じる原因

頭の回転が遅いと感じることには原因があるのを知っているでしょうか。柔軟に対応する能力が低かったりすると、やはり頭の回転が遅いと感じてしまいます。ここからは頭が働かない原因について解説するので、セルフチェックしてみてください。

柔軟に対応する能力が低い

不足の事態が発生した時、柔軟に対応することができないことがあります。臨機応変に行動できる能力が低い人は、頭の回転が遅いと感じてしまいます。物事の処理能力が低いので、本人の自覚がないまま「無能な人間」だというレッテルを張られてしまうこともあるのです。

慢性的な睡眠不足

睡眠不足は思考能力を低下させます。数日の間だけ睡眠不足になっているというなら良いですが、慢性的に睡眠不足になっている方は要注意です。判断能力も低下し、行動も遅くなってしまいます。睡眠時間が5時間以下という方は十分に注意することが必要です。

ストレスが多い

人間はストレスが多い状況下に置かれると、判断力や思考力が低下します。ストレスは自律神経を乱れさせてしまうので体調不良を引き起こしやすくなり、より頭の回転も遅くなってしまいます。ストレスをまったく感じないということは不可能に近いので、上手に向き合うことが必要となっていくでしょう。

人付き合いから遠ざかっている

人付き合いから遠ざかっていると、だんだんとコミュニケーション能力が低下していきます。一度人間関係が希薄になると普段から会話をする機会も少なくなり、頭に入ってくる情報を処理する能力も低下します。頭の回転が遅い人は周囲からも孤立しやすいため、早急に自覚して対処しなければ、より悪化してしまうでしょう。

頭の回転が良くなるポイント

頭の回転は自分で意識して改善させることができます。普段の行動や言動を見直すだけでも変わってきます。ここからは頭の回転が良くなるポイントについて解説するので、実践できそうなものからどんどん実践してみてください。

周囲をよく観察する

周囲の状況を把握することによって、論理的に物事を考えられるようになります。効率的に情報処理ができるようになり、次の行動に関しても絞っていくことができるのです。

まずは周囲をよく観察し、物事がどのように流れているのかを把握すると良いでしょう。特にその状況を俯瞰して見られるようになれば、より正確な行動を選択できるようになります。

たくさんの人とお喋りをする

多くの人と会話することで、常に脳が刺激を受けます。会話というのは大量の情報を瞬時に処理することが必要となるものです。そのため、人と会話するだけでも脳は活性化されます。ただ、特定の人だと会話の内容もパターン化してしまうので、常にたくさんの人と話すように心がけてみてください。

頭を鍛える体操やゲームをする

頭を鍛える体操やゲームなどは多々あり、それらを実践してみるというのも良いです。「そんなのやっても意味がない」と思う時点で思考停止状態だと言えるでしょう。まずは色々なことをやってみて脳の刺激になることを体験してください。普段から頭を使う訓練をしておくと、それが日常的に行えるようになり、思考力や判断力も鍛えられていきますよ。

積極的に新しいことに挑戦する

人間は新しいことに挑戦すると脳が刺激されます。そこまで難しいことに挑戦しなくても良いですが、例えば英会話を習ったり、資格の勉強をしたりするのが良いでしょう。また、普段とは違う道を通って通勤するだけでも刺激になります。自分がやったことのないことを、毎月1個ずつ挑戦していくと頭の回転も速くなっていきます。

日々の日記をつける

記憶というのは覚えることで定着するのではなく、思い出すことで定着します。そのため、日々の出来事を日記にしてみるのも効果的です。その日に会った人や、やった仕事、楽しんだ趣味などなんでも良いです。1日の終わりに、その日のことを振り返るだけでも脳のトレーニングになります。文章として書き出すことで脳の整理にもなり一石二鳥です。

時間内で作業するクセをつける

ゴールや目標、目的がないと脳はどうしても活性化せず、ダラダラと仕事をしてしまうことになります。まずは時間内で作業を小分けにし、その時間内で終わらせるクセをつけましょう。そして、休憩する時はしっかり休憩するようにしてください。そうすることでオンオフがはっきりとし、脳のスイッチも切り替えやすくなっていきます。

机の上を整理整頓して作業環境を整える

机の上が散らかっていると注意力が散漫になり、集中力が途切れてしまいます。まずはデスクを整理整頓して、作業環境を整えましょう。無駄なものを配置しないことで作業の効率化が実現し、最適な作業数だけで仕事もこなせるようになっていきます。

試してみたい!頭の回転が速くなると言われている食べ物

頭の回転は、普段から食べているものなども関係してきます。それらの食材を意識して食べることによって、頭の回転も改善できるかもしれません。ここからは頭の回転に良いと言われている食べ物をどに多く含まれるので、豆腐や納豆などを多めに摂取すると効果がさらに発揮できるでしょう。

チョコレート

チョコレートには脳の機能を高めるココアフラボノールという成分が含まれています。また、体内の機能を高めてくれるメチルキサンチンという成分も含まれているのです。食べ過ぎには注意ですが、甘さでリラックスもできるので仕事中などに取り入れると良いでしょう。

まとめ

頭の回転が遅いと仕事もなかなか進みませんし、場合によっては周囲から人が離れていくかもしれません。ただ、普段の行動から見直すだけで脳は活性化できます。こちらで紹介した食べ物なども取り入れて、より脳の回転を速くしてみてはいかがでしょうか。

参考

https://mayonez.jp/topic/1957

頭の回転が遅い悩みを改善する10の方法とは?

https://lovely-media.jp/posts/3049
https://belcy.jp/30699
https://driver-times.com/driver_work/driver_biz/1055749

頭の回転が遅い人へ。頭の回転を速くする方法

Source: feely[フィーリー]
頭の回転が遅くて仕事がつらい……そんなあなたにオススメの解決方法