Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

Eカップの魅力は?Eカップのメリットデメリット

Eカップの魅力は?Eカップのメリットデメリット

男性からも女性からも人気が高いバストカップはEカップ。Eカップになると、世間では巨乳や爆乳と呼ばれるようになります。女性が理想のバストで掲げるのはDカップが多いですが、EカップもDカップと同じくらい人気です。胸が大きいことには、たくさんのメリットがあります。

このように多くの人が理想のバストとして掲げる一方、Eカップならではのデメリットも少なくないもの。Eカップの人はEカップにしか分からない悩みを持っているのです。具体的にはどんなことを辛いと感じているのでしょうか。

今回は

  • Eカップの魅力
  • Eカップは男性からも人気?
  • Eカップのメリット・デメリット
  • Eカップになるためのケア方法

についてまとめました。ここではEカップのメリットやデメリット、Eカップの魅力についても紹介していきたいと思います。

Eカップの魅力

バストカップはサイズによってそれぞれの長所があります。そのなかでもとりわけ人気が高いのが、Eカップです。では、世間の男性・女性たちはEカップにどのような魅力を感じているのでしょうか。

女性らしくセクシー

Eカップとは、トップとアンダーの差が20cm前後のカップになります。20cmにもなるとサイズとしてはかなり大きく、誰が見ても大きなバストと分かるほどです。このためEカップの魅力としては、大きな胸が際立つことから女性らしくてセクシーな印象になることが挙げられます。

胸が大きいだけで女性らしさが一段と引き立つでしょう。セクシーさを身に着けようと思っても、なかなか簡単に手に入れられるものではありません。それがバストの大きさで演出できるのはメリットです。

女性の象徴とも言えるバストですが、個人差はかなりあります。男性が大きなバストを好む傾向にあることから、バストが小さい人はそれがコンプレックスになることもしばしば。Eカップもあれば女性らしさやセクシーさをしっかり演出することができます。ゴージャスな装いなども似合いやすく、Eカップであることは大きな武器になるでしょう。

スタイルバツグンに見える


女性が憧れるスタイルと言えば、美しい曲線を描いた体を想像するかもしれません。なかには、とにかく細くすらっとした女性をイメージする人も多いでしょう。もちろんすらっと伸びる手足は魅力的ですが、バストがないと女性としての魅力は少し薄らいでしまう気がするはず。単に細いだけでは、スタイルが抜群とは感じづらいのです。

スタイル抜群に見える女性は、バストもそれなりにあります。ちなみに、Eカップもあるとふくよかな体型をイメージする人もいるかもしれませんが、バストサイズはアンダーとトップの差なので体型はそこまで関係ありません。スレンダーでも、トップとバストの差が20cmあればEカップになります。Eカップですらっとしている女性は、誰が見てもスタイルのいい女性として映ることでしょう。

包容力がありそうに見える

人気の女性の特徴と言えば、包容力がある人です。特に男性目線だと、母性を感じることから包容力がある女性ほど一緒にいて落ち着きます。では包容力がある女性とは、どんな女性のことを言うのでしょうか。包容力は暖かく包み込んでくれるイメージがあり、バストが大きな女性に対して本能的に包容力を感じる男性は多くいます。

Eカップというバストサイズも、包容力を十分に感じられるバストサイズです。個人差もありますが、バストは女性の象徴であり、大きいほど女性らしさを感じます。女性らしさには母性につながる包容力もあり、Eカップの女性は、バストが小さい女性に比べて自然と包容力がある女性と感じられるわけです。包容力がある女性は男性だけでなく、女性からの人気も高い傾向にあります。

セクシーな洋服がよく似合う


Eカップになると、どれだけ隠そうとしてもバストの大きさを完全に隠すことはできません。どんな洋服を着ても豊満なバストが目立つことになるので、見る人は女性らしさを感じます。このためセクシーな洋服がよく似合うのもEカップの特徴で、大きなバストからは色気やセクシーさなど大人の女性の雰囲気が現れます。

胸元のあいた洋服などが似合うのも、バストが大きな女性の特徴のひとつです。ちなみに、セクシーな洋服を着用せず、カジュアルな格好をしていてもバストが目立ってしまい、逆にセクシーさを感じるという人も少なくありません。どんな洋服を着用しても、大人の色気を演出することができるのはEカップの人のメリットとも言えるでしょう。

Eカップは男性からも人気?

Eカップは女性からだけでなく、男性からも人気が高い特徴にあります。Eカップが男性から人気を集めているのは単に胸が好きなだけでなく、男性ならではの心理も働いていると知っているでしょうか。Eカップが男性から人気を集めている理由を紹介します。

Eカップ以上が良いと言う男性は多い


最近は貧乳や微乳が好きな男性も増えてきてはいますが、まだまだバストの小さな女性が好きな男性は少数派です。多くの男性は豊満なバストに憧れを持っており、巨乳好きな男性の割合が多くを占めています。これはバストが女性の象徴と感じているからで、ほかにも大きな胸からは母性を感じることができます。

なかには、バストは大きければ大きいほど良いという男性もいます。しかし、Eカップを超えてくると体型のふくよかな女性も増えてくるので、スレンダーかつ巨乳な女性という点で見ると、Eカップくらいがベストだと感じている男性も少なくありません。

Eカップは男性だけでなく、女性が憧れるバストのカップでもあります。バストサイズだけで女性の魅力が決まるわけではありませんが、サイズが大きいほど魅力を感じる男性も多いのが現実です。

一番人気はC~Dカップ

いくら女性がEカップになりたいと思っていても、なかなかバストアップを図ることは難しいものです。バストアップを図りたいという理由で多いのは、男性から好かれたいということ。しかし実際のところ、意外にもCカップやDカップも男性から人気が高いバストサイズです。Eカップも人気ですが、CカップやDカップはEよりも手の届きやすい巨乳というのも理由になります。

CカップやDカップの女性は意外と多く、大人向けのDVDでもこのサイズの女性が多く登場します。逆にEカップ以上になってくると確率はかなり減ってくるため、Eカップ以上のバストの大きさを身近に感じることも少ないでしょう。どんなものか想像しにくいということも、CカップやDカップに人気が集まる理由になっています。

バストサイズよりも形を重要視している男性がほとんど


バストサイズが大きな女性に憧れる男性は多いですが、細かく「Eカップでなければいけない」とこだわっている男性は少数派でしょう。バストが大きい女性に越したことはないと考えていても、それ以上にバストの形を気にしている男性が多くいます。やはり、キレイな形のバストに憧れるという点においては男性も女性も共通して考えていることです。

Eカップ以上になってくると、加齢にともなってバストは下がってきます。形のキレイなバストなら好きと言う男性は多いですが、垂れ下がってしまっているバストに対して魅力を感じる男性は少なくなります。CカップやDカップサイズなら、少々年をとっても形が著しく崩れることはありません。形にこだわっていくとCカップやDカップに行きつくことになります。

結局柔らかさが重要

巨乳好きな男性が多いのは、大きな胸を触ってみたいという願望があるからです。オッパイの柔らかさが好きという男性は多く、たっぷりとしたバストほど触ったときの柔らかさを感じることができます。逆にバストが小さいと、バストの柔らかさを十分に堪能することはできません。柔らかさを重要視している男性が多いからこそ、大きなバストに憧れを持つ男性が多くなるのです。

また、バストを見ながら触りたいと無意識のうちに男性は感じてしまうもの。バストが大きい女性ほど、バストの大きさを感じる機会が身近になります。柔らかいオッパイに憧れ、さらに触ったときの感触や触り心地も重視しています。触り心地という点では、女性によって大差はそこまでありません。ですから、バストが大きい女性ほど触り心地もいい傾向にあります。

Eカップのメリット


Eカップの女性はどんなことにメリットを感じているのでしょうか。Eカップになってみないと分からないこともたくさんあります。ここでは、Eカップの人が感じているメリットについて紹介していきます。

セクシーな洋服を着こなせる

Eカップ女性のメリットは、上述のとおりセクシーな洋服を着こなせることです。男性は胸の谷間についつい目を向けてしまいますが、Eカップもあればどんどん胸の谷間を作ってアピールできます。バストを強調する服装はもちろんですが、それ以外の服装でも自然と胸の谷間を作れるでしょう。セクシーな洋服だけでなく体にフィットするニットなど、さまざまな服装でセクシーさを演出することが可能です。

セクシー系の洋服が好きな女性であれば、思うままに着こなせるのがEカップの特典と言えます。一方、セクシーな服装があまり好きでない方だと、洋服の系統によってはEカップに対応しておらず、選択肢が狭まることも。下着に関してもEカップになるとバリエーションが少なくなってくるため、満足できないこともあります。

女性らしさのアピールポイント

Eカップ女性のメリットとしてあるのが、女性らしさをアピールできることです。女性らしさというのはいろいろな定義がありますが、男性にはないものでアピールすることと言えばバストに辿りつきます。Eカップもあれば、自然な形でバストがあることをアピールすることができます。

ルックスに自信がなくても、バストが大きければそれだけで男性は女性らしさを感じるものです。それだけ無意識のうちに男性は女性のバストを見ています。女性らしさをバストでアピールするのであれば、見られているという意識を持つことも大切です。また、Eカップの場合は過度にアピールする必要はなく、自然体でいるだけでも十分なアピールができます。

水着を着たときにもその差は歴然


体のラインがしっかり出る服装と言えば水着です。水着はいわば下着状態とも言えるため、その巨乳を隠しきることはできません。水着になる場所にはプールや海水浴などがありますが、ここで水着になっている女性のなかにはバストに自信がある人も多くいます。逆にバストが小さい女性は体のラインをできるだけ隠せる水着を着用する傾向にあります。

大きなバストの女性は水着を着たときにバストが小さな女性に比べて歴然の差が生じます。無理してバストを大きく見せる必要もなく、そのままの状態で水着を着るだけでバストが強調されることに。どんな水着でも合わせることができて、ビキニのように布面積が少ない水着もEカップの人なら問題なく着て周囲にアピールすることができるでしょう。

男性からモテやすい

男性はバストが大きな女性が気になります。好きという気持ちだけでなく好奇心も含まれることがありますが、Eカップの女性はバストが大きいというだけで男性からモテやすい特徴があります。バストの大きさを上手にアピールすることができれば、男性に困ることはないでしょう。

また、Eカップの女性のなかでも特に男性受けがいいのはスタイルがいいことです。バストが大きく、ウエストが引き締まっている女性は最強と言えるでしょう。ルックスに自信がなくてもEカップとスタイルの良さがあれば、ある程度モテることは間違いありません。Eカップであることは自分から言うことでもなく、胸の大きさが分かる服装でアピールすることになります。

Eカップのデメリット

Eカップであることに、メリットしかないと感じている人もいるかもしれません。しかし、Eカップの女性はメリットだけでなくデメリットを感じることも少なくありません。どんなデメリットを感じているのでしょうか。

肩が凝りやすい

Eカップに憧れを持つ女性は多いですが、実際にEカップになってみるとデメリットもたくさんあります。そのひとつとしてあるのが、肩凝りしやすいことです。巨乳は肩凝りをするという話はよく耳にしますが、迷信でもなく実際に肩凝りしやすい傾向にあります。これはバストが大きいと、胸を支えている肩に負担がかかってしまうことが理由です。

また、Eカップの女性は巨乳が原因で肩凝りしていることを周囲に相談しにくい部分もあります。これは嫌味に聞こえるだろうと感じてしまうため。もともと女性は冷え症体質の人が多く肩凝りをしやすいのが特徴です。そこに巨乳が原因の肩凝りが加わってくると、かなりひどい肩凝りになります。ちなみに、バストが大きいことによって生じる肩凝りは適正な下着を着用することによって防げることもあります。

たるみやすい


Eカップの女性の悩みは、バストの形状をキープする難しさにもあります。若い頃はハリがあるバストでも、加齢にともなって少しずつバストは下に下がっていきます。バストが小さいとたるんでも変化は小さいですが、バストが大きい場合は明らかにたるみが目立ってしまうでしょう。たるみを軽減するのも、適正な下着を着用するのが有効な対策方法になります。

バストがたるんでしまうと、その魅力は半減してしまいます。美しいバストをキープすることができず、たるんでしまうのは巨乳ならではの悩みと言えるでしょう。バストが大きい女性ほどたるみは顕著になります。女性がCカップやDカップに憧れるのは、ほどよく巨乳でたるみが小さいことも理由のひとつです。

イヤらしく見えることも

Eカップもあれば、巨乳を武器にアピールする女性も少なくありません。一方、控えめな女性や好きな男性がいる女性にとって、自分の巨乳をアピールしたくないという人もいます。小さいバストの女性ならパッドなどを使って巨乳に見せることはできますが、巨乳の女性がバストを小さく見せることはできません。どんな洋服を着てもバストは目立ってしまいます。

アピールするつもりがなくても、勝手にアピールとなってしまうのは巨乳のデメリットです。巨乳が強調されると、それだけでエロの対象として見られてしまいがちですが、そう見られることに抵抗を感じている女性も多いもの。状況に応じて変えることができるバストの小さな女性のほうが、そういった点ではメリットが大きいのかもしれません。

変な男性ばかりよってくる


巨乳好きな男性は多く、Eカップもあれば言い寄ってくる男性も少なくないでしょう。しかし、バストが大きいという理由だけで言い寄ってくる男性はロクな人間ではありません。バストが大きいことにしか魅力を感じてないことが多く、仮に付き合うことになってもいい関係を築くのは難しいでしょう。セフレ目的で近寄ってくる男性も多いので、正しく男性を見る目も必要になってきます。

こうした変な男性ばかりが寄ってくるのも、バストが大きな女性のデメリットです。エッチなことが目的で言い寄ってくる男性も多いので、しっかり見極めていく必要があります。また、「巨乳=エロ」という勝手な先入観を持っている男性も多く、余計に変な男性につきまとわれやすくなります。セクハラの被害などにも遭いやすく、そういった意味ではバストが小さい女性のほうが安心です。

Eカップになるためのケア方法

バストアップを図ることは難しいと感じる女性が多いかもしれませんが、サイズアップの方法はいくつもあります。正しい知識を持ってバストアップケアをすれば、理想のサイズまで近づけることも可能です。

食生活でバストアップケア

食事
バストサイズはトップとアンダーの差で決まるため、バストやアンダーに変化が生じると同時にバストサイズも変化します。見方を変えると、自分のバストサイズに満足してなくてもトップを増やして、アンダーを下げるとバストアップを図ることができるわけです。その方法のひとつとしてあるのが食生活の見直しになります。

Eカップになるためにおすすめの食材としてハーブやマカ、シナモンなどがあります。これらの食材がバストアップに効果的なのは、いずれもバスト形成に必要な女性ホルモンの分泌を促すことが理由です。女性ホルモンはエストロゲンですが、エストロゲン分泌が増えるとバストアップにつながります。また、脂肪が増えてアンダーのサイズが大きくなるとバストサイズは小さくなるので、脂肪や糖分の取り過ぎには注意しましょう。

下着見直しでバストアップ

バストアップを図るうえで重要になってくるのが、適正な下着を着用することです。バストアップのために食生活や運動に気を配っても、下着がキツい状態になっているとバストが大きくなる余地はありません。バストを大きくしたいのであれば、下着にゆとりを持たせることがポイントになってきます。

ただし、下着のサイズが大きすぎると下着としての役割をきちんと果たさなくなるので注意しなければなりません。下着の見直しをするときは、下着店に行って相談してみるのも良いかもしれません。同じようにバストアップを図るために下着の調整をしている女性は少なくありません。自分の理想のバストを手に入れるためにも、下着選びを間違えないようにしましょう。

マッサージやストレッチでバストアップ

バストアップを図る方法としておすすめなのが、マッサージやストレッチなどです。マッサージやストレッチをすると、「バストが痩せてサイズダウンしてしまうのではないか?」と考える女性もいるかもしれません。しかしバストを大きくして、なおかつアンダーを下げていくことでバストアップを図ることができるのです。マッサージやストレッチがもたらす効果は想像以上に高く、続けて二つ以上もカップを大きくした女性もいます。

バストアップのマッサージ・ストレッチは、動画サイトを参考にすると良いでしょう。数多くのマッサージ・ストレッチ法があるので、いろいろ試してみて自分が続けられる方法で行っていくのがおすすめです。また、いずれの方法も継続することで効果が少しずつ現れてきます。効果がすぐに出ないからと言って止めるのではなく、続けることをまずは意識していきましょう。

豊胸手術などの方法も

Eカップを目指す方法として、豊胸手術も一つの方法として考えられます。手術を受けるときは事前にカウンセリングを受けて、体のコンディションをきちんと調べたうえで施術に進みます。

手術の方法によって術後のバストの違和感などは変わってくるので、不安なことがある場合はカウンセリングのときに確認しておきましょう。また、口コミなどを参考にして信頼できる医療機関を選ぶことも大切です。

まとめ

Eカップの魅力やデメリットについて紹介してきました。Eカップは男女ともに憧れるバストですが、キープするのが大変なバストサイズでもあります。また、性の対象として見られやすいなど、男性目線が気になる人もいます。しかし、男性にモテることや女性の憧れの対象になるなどメリット要素の方が多くあります。マッサージや食事、手術などで今以上にバストアップを図ることも可能です。バストアップを図る場合は下着選びにも気を付けましょう。

Source: feely[フィーリー]
Eカップの魅力は?Eカップのメリットデメリット