Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

カリウムの不足する原因と得られる効果

カリウムの不足する原因と得られる効果

濃い味が好きな人や、何にでも調味料をかけて味を濃くする現代人は少なくありません。濃い食事を摂っていると気になるのが塩分の過剰摂取です。塩分は体に必要な成分であるものの、摂り過ぎると病気のリスクを高めます。塩分過多が気になるなら、カリウムの摂取を心がけましょう。

今回は

  • カリウムとは
  • カリウムとむくみの関係性
  • カリウム不足が起きる原因
  • カリウム摂取で得られる効果

について紹介していきます。カリウムの効果や摂りたい理由について解説していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

カリウムとは


カリウムは体の中にもともと存在している成分です。生命を維持するために欠かせない成分と言われ、ミネラルに分類されます。カリウムとナトリウム(塩分)は関わりが深く、細胞の浸透圧を調整するためには欠かせないと言われています。ここではカリウムの基本的な知識について紹介します。

細胞内の体液にあるもの

塩分の作用を弱めてくれるカリウムですが、私たちの体内にも普通に存在しています。ミネラル分なので自分の体の中で合成することはできず、食事によって直接的にカリウムを取り入れています。

体内に吸収されたカリウムは、消化器官を通って細胞内の体液に到達。体液の中で生命維持のために作用しています。カリウムが細胞内の体液に十分な量があると、不要な塩分の排出を促す際に役立ちます。

血液やリンパ液などのナトリウムとバランスをとりながら血圧の調整をする

細胞外には塩分が多く存在し、細胞の中にはカリウムが多く含まれています。通常ならナトリウムとカリウムが一定のバランスを保っていますが、細胞内にナトリウムが入ってくるとナトリウムポンプの調節機能が働きます。

細胞外からカリウムを取り込むのと同時に、余計なナトリウムを細胞外に排出して濃度をキープする働きです。これにより私たちの血圧は調整されています。日頃からふたつのバランスは意識しておきたい部分です。

ナトリウムの排出を促す

塩分 塩
塩分を摂り過ぎてしまうと、体がむくんでしまうこと以外にもさまざまな病気の原因になります。普段は気にしてなくても、ついつい食事から塩分を摂り過ぎてしまうことも。知らない間に病気のリスクを高めてしまっている可能性があります。

多く摂取してしまった塩分は、体外に排出して塩分濃度を調節することが必要です。塩分はナトリウムという名称で呼ばれており、カリウムはナトリウムの排出をサポートします。カリウムにより塩分濃度が下げられれば、生活習慣病のリスクを減らすことにつながります。

不足するとナトリウム濃度を下げるために体内に水分をため込んでしまう

カリウムにはナトリウムを排出する働きがありますが、カリウムが十分に足りてないと塩分を体外に排出することはできません。塩分濃度が高いと細胞を傷つける原因となり、体はどうにかして塩分濃度を下げようとします。

女性は特に「体がむくんでしまう」という悩みを抱いている人も多いですが、これはカリウムがナトリウムを排出できず、仕方なく水分で塩分濃度を薄めていることがひとつの要因です。ひどいむくみが生じている場合、カリウムが不足しているのかもしれません。

カリウムとむくみの関係性


カリウム不足で現れるむくみの症状。体の一部が通常よりも太く、腫れたような状態になることを指し、朝起きたときなどは特に体がむくみやすい傾向にあります。

カリウムが不足してむくみがひどくなるのは、塩分を取り除くためのカリウムが足りず、水分で塩分を薄めようとする働きが起こっているためです。朝起きてむくみやすいのは、体が睡眠中のカリウム不足を訴えている証拠とも言えるでしょう。

カリウム不足が起きる原因

カリウムが不足すると、塩分がもたらす健康被害のリスクが高まります。塩分も体に必要な成分ですが、取り過ぎると体の負担は大きくなるため注意。きちんと体外へ排出しなければなりません。ここではカリウム不足が起きる原因について紹介していきます。

塩分の摂りすぎ


「ナトリウムの調整にカリウムが必要」と上述しましたが、塩分を摂り過ぎれば、当然カリウムは足りなくなってしまうでしょう。塩分を多く摂るということは、それだけカリウムを多く必要とすることでもあります。

どれだけ意識的にカリウムを取り入れても、それ以上の塩分を摂取しているとカリウムは足りません。規則正しい食生活を送っていればこのようなことはありませんが、塩分過多の食生活を送っている人は慢性的なカリウム不足に陥りやすいです。

ストレスのある生活

ストレスは体にデメリットしかありません。精神面に大きな影響を与えるだけでなく、健康面でも大きなダメージを与えます。これはストレスが自律神経に影響を及ぼして、体の各機能を低下させてしまうことが一因です。

ストレスのある生活は、カリウム不足を引き起こす原因のひとつでもあります。ストレスの影響で各内臓器官の働きが弱まると、カリウムも正常な働きができなくなります。ストレスをため込まない生活を心がけることが、健康のためにも美容のためにも大切です。

加工食品を食べすぎる


便利で美味しい食べ物と言えば加工食品です。さまざまな加工食品が販売されていますが、加工食品には塩分が多く含まれています。塩分には保存作用があり、消費期限を延ばすために塩分を多く入れている食品も少なくありません。

このため加工食品を食べすぎることは、塩分の過剰摂取にもつながります。さらに加工食品にはカリウムがあまり含まれてないため、相対的に塩分の摂取量が増えてしまい、カリウム不足につながってしまうのです。

アルコールや喫煙

アルコールや喫煙は体内のカリウムを奪ってしまい、塩分濃度を高めてしまいます。タバコには有害物質が多く含有されていて、細胞を著しく傷つける原因と言われています。塩分による細胞への影響も加わって、さらに健康にマイナスの影響を与えてしまう恐れがあるでしょう。

アルコールについては、タバコのように細胞を傷つけることはありません。ただし飲み過ぎてしまうと、腎臓や肝臓に負担をかけます。腎臓や肝機能に問題が生じると、先述のとおりカリウムの排出が正常に行えなくなってしまう恐れがあります。

カリウム摂取で得られる効果

カリウムを摂取することで得られる効果はたくさんあります。塩分の排泄を促すというイメージが強いカリウムですが、健康やダイエット効果も期待できる成分です。ここではカリウムの驚くべき効果について紹介します。

むくみの改善

体のむくみが気になる人におすすめなのがカリウムです。むくみが生じるのにはカリウム不足が関係しており、カリウムを取り入れることである程度は症状の改善が期待されます。むくみがひどい人はカリウム不足や塩分過多になっている可能性があるので、食生活を見直してみましょう。

利尿作用で老廃物や水分を輩出できる

カリウムが豊富に含まれている食べ物の代表に、トマトがあります。トマトは利尿作用が強いことで知られていますが、この利尿作用をもたらすのがカリウムと言われています。トマトからカリウムを摂取することで、老廃物や水分を効率的に排出することが期待できます。

新陳代謝の活性化

カリウムを摂取することで塩分を排泄する効果を得られますが、塩分濃度が下がると血圧を抑えることができます。すると血液はスムーズに体内を循環するようになり、新陳代謝も活性化。新陳代謝が活発になると脂肪の燃焼が促されることから、痩せやすい体質を作るのに役立てることができます。

脂肪燃焼にも効果的


カリウムはダイエット分野でも注目されているミネラル分です。カリウムが直接的に脂肪燃焼をさせるのではなく、脂肪燃焼しやすい体質作りをサポートしていきます。カリウムの意識的な摂取を心がけることが大切で、さらに適度な運動を取り入れていくとダイエット効果を高められます。

まとめ

カリウムは塩分を排出するうえで欠かせない成分であり、カリウムが不足すると健康リスクも高まります。それ以外にもダイエットや美容効果が期待できるなど、積極的に摂取したい成分です。カリウム不足になりがちな現代人ですが、今日から意識を改めて、食事の内容に注意してみましょう。

Source: feely[フィーリー]
カリウムの不足する原因と得られる効果