Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

クリスマスを代表する花の種類と花言葉の意味!プレゼントにもおすすめ

クリスマスを代表する花の種類と花言葉の意味!プレゼントにもおすすめ

クリスマスには、複数の植物が使われます。それぞれの名前、さらには花言葉まで理解している人は、少ないでしょう。ですがこれらを知ることで、よりクリスマスへの思い入れも大きくなるはずです。

今回は

  • クリスマスを代表する花:ポインセチア
  • 少し大人なクリスマスを演出してくれる:クリスマスローズ
  • クリスマスのオーナメントとして大活躍:セイヨウヒイラギ
  • クリスマスプレゼントにおすすめの花

について紹介します。クリスマスの代表的な植物について、知っていきましょう。

クリスマスの花はプレゼントにもぴったり

クリスマスといえば、ツリーやケーキが有名です。ですが、花もまたクリスマスを象徴する喜ばれるプレゼントといえます。もちろん、花なら何でも良いわけでもありません。クリスマスのプレゼントに適した花を、ご紹介します。

代表する花は3種類ある


クリスマスを代表する花は、ポインセチア・クリスマスローズ・セイヨウヒイラギの3種類が有名です。この3種さえ覚えておけば、ひとまずクリスマスの花に詳しい人と名乗れるでしょう。

ただポインセチアには、プリンセチアという似た名前の花もあるので間違えないよう気を付けましょう。プリンセチアは、2009年に発表された、ポインセチアを他の花と掛け合わせて作ったものであり、クリスマス向けの印象とはまた異なります。

ロマンチックな花言葉でギフトに最適

上記3種類には、ロマンチックな花言葉がついています。花言葉は、自分で愛でるときだけでなく、大事な人にプレゼントするときにも役立つ言葉です。花言葉の知識を添えて渡せば、一層喜びも増すことでしょう。

クリスマスプロポーズにもぴったり

恋人たちの夜ともいわれるクリスマスだけに、告白やプロポーズのタイミングとしても適しています。クリスマスに適した3種の花は、そんなプロポーズシーンをも彩ってくれるでしょう。定番のバラでなく、あえてクリスマス向けの花を選ぶことで、特別感が増します。

クリスマスを代表する花!ポインセチア


クリスマスといえばポインセチアともいわれるほど、代表的な花です。前述の3種の中でも、特に重宝されています。写真は少し加工されていますが、特色である鮮やかな赤が印象的であることは伝わるでしょう。クリスマスカラーをした、クリスマスに最適な花です。

クリスマスにぴったりなカラーをした花

クリスマスカラーといえば、赤と緑、そして白でしょう。ポインセチアは、花が鮮やかな赤で葉は濃い緑です。さらには、白い樹液を持つという特徴も伴っています。まさに、クリスマス向きの花といえます。

花びらの形もベツレヘムの星にそっくり

放射状に広がる赤い花は、星の形のように見えます。クリスマスの星といえば、ベツヘレムの星が代表的です。東方の賢者をイエスの元にいざなった星として知られており、クリスマスツリーのてっぺんにも使われています。

ポインセチアの花の形も、そんなベツヘレムの星をイメージさせます。

花言葉もクリスマスにぴったり

ポインセチアの花言葉は、「聖夜」・「祝福する」・「幸運を祈る」・「私の心は燃えている」などです。すべて、クリスマスが連想できる言葉ではないでしょうか。見た目がクリスマスらしい雰囲気であることから、ぴったりな花言葉がついたのでしょう。

玄関や部屋に飾ってクリスマスシーズン到来を盛り上げるのがおすすめ

ポインセチアは、植物ひとつだけでクリスマスの雰囲気を高めてくれる点でしょう。飾り付けなしで、十分な存在感を楽しませてくれます。玄関に置いて来客を楽しませる、部屋に飾ってインテリアとしてなど、幅広い場所で重宝できます。

少し大人なクリスマスを演出してくれる!クリスマスローズ


その名の通り、バラに似た花を咲かせる植物です。美しく、それでいてどこか儚げな雰囲気が、クリスマスをより味わい深いものにしてくれそうです。葉っぱの模様にも、注目してください。

クリスマスシーズンにバラのような白い花を咲かす

クリスマスローズの花の色は、透き通るような白です。クリスマスの夜を彩る雪を、彷彿とさせてくれます。葉っぱに浮かぶ白い模様も合わせて、クリスマスにぴったりに感じられるでしょう。

花言葉はちょっとだけセンチメンタル

儚げな雰囲気の通り、花言葉もまた少しセンチメンタルなものがつけられています。「私を忘れないで」・「いたわり」・「不安を和らげて」といったものです。人肌恋しくなる冬の心模様が、切なく表されています。

クリスマスローズは恋人たちの花

花言葉が恋人同士で交わすような言葉であることからも通り、クリスマスローズは恋人たちの花といわれています。事実、中世ヨーロッパの時代に一人残していく恋人へ向け、戦場に行く騎士が自分を忘れないで欲しいとクリスマスにプレゼントしていた花であったともいわれています。

そんなエピソードを交わしながらプレゼントしたり飾ったりすれば、一層雰囲気も盛り上がることでしょう。

クリスマスにまつわる逸話もある

クリスマスローズのエピソードは、恋人たちに関するもののみというわけでもありません。羊番の少女がキリストと対面した際、天使に手渡された花であったとも語られています。クリスマスの歴史そのものにも、関連深いのです。

クリスマスのオーナメントとして大活躍!セイヨウヒイラギ


ポインセチアと同様に、こちらもクリスマス時期によく見ることのできる花となっています。なぜなら、セイヨウヒイラギそのものだけでなく、飾り付けの造花としても広くもちいられているためです。ですがこだわるのであれば、やはり生花がおすすめです。

「クリスマス・ホーリー」と呼ばれている

尖った印象の緑の葉と赤い実がクリスマスカラーとなっており、聖夜を印象的に彩ってくれます。またキリストのバラの冠をイメージさせることから、クリスマス・ホーリーとも呼ばれています。

赤い実はキリストの血を連想させる

クリスマス・ホーリーの名の由来は、キリストのバラの冠に似ているからだけでもありません。赤い実が、キリストの赤い血を連想させるという特徴も、関係しています。血というと少し痛々しいイメージかもしれませんが、キリストの血は神聖な存在といわれているため、むしろ好印象です。

西洋では玄関に飾ると魔除けになると言われている

キリストと関連深い花であるため、魔除けとしても重宝されています。主に西洋で好まれている使い方で、玄関に飾ることで、家の神聖さを守ることに役立てられています。クリスマスリースにセイヨウヒイラギが使われているのが、その証です。

日本古来の「シナヒイラギ」とは花の色も実の色も違うので注意

同じくヒイラギと名がつく植物でも、シナヒイラギは特徴が大きく変わるので間違えないよう気を付けましょう。こちらは日本古来のものとなっており、クリスマスカラーであるセイヨウヒイラギとは色合いが違います。

クリスマスプレゼントにおすすめの花

飾り付けとしての花も魅力的ですが、やはりクリスマスの花といえばプレゼントに役立てたいところです。そのため、上記3種をはじめとしたクリスマス向けの花を使った、ブーケ商品も多数展開されています。以下は、中でもおすすめの商品です。恋人や家族を喜ばせるためのプレゼントとして、役立ててみてはいかがでしょうか。

バラのソープフラワー

ソープフラワー バラ 花束 枯れない花 ギフト 誕生日 結婚祝い 結婚記念日 バレンタインデー 昇進 転居 新築お祝い 還暦 母の日 プレゼント フラワーボックス付き 33本 レッド

鮮やかな色味のバラの花のデザインを使った、高級感溢れるブーケです。赤の花を基調に、バランスよく白と合わせることで、クリスマスカラーが表現されています。品格を感じさせる黒のボックスと相まって、何とも上質でなりません。

また特徴的なのが、実際の花でなくソープフラワーを採用している点です。その名の通り、何と花びらは石鹸で作られています。石鹸の清潔感ある香りがいつまでも楽しめるので、部屋の芳香としても機能してくれるかもしれません。もちろん、実際の石鹸としても使えるので、生花のように時間が経ったら捨てなければならないというわけでもなく、効率的です。

ソープフラワーは枯れないため、永遠の愛を表すともいわれています。通常のバラの花束以上に、クリスマスに適した花といえるでしょう。

赤が映える!ポインセチアブーケ

フラワーショップカレラ ポインセチア赤5号鉢

クリスマスを代表する花である、ポインセチアをブーケにした商品です。赤と緑の部分があり、クリスマスを感じさせる花ですが、比率的には緑が多く赤は花部分のみです。ですがこのブーケは、赤の花部分を重点的に使用しているので、華やかな印象が特徴的でなりません。

またクリスマスカラーは、緑と赤だけでなく白もそのひとつに数えられます。ポインセチアは樹液が白であるため、まさにクリスマスの花といわれていますが、外見上では分かりません。ですがこのブーケは、包みの部分に白の素材を採用しているので、3色がしっかり揃っています。クリスマスに最適な、プレゼントブーケでしょう。

造花なので枯れないオシャレな「ポインセチアキャンドルリング」

asca 造花 ポインセチアキャンドルリング 全長43cm AX68629-000

特徴的な形をしているのは、壁やキャンドルなどにかけて使うため。美しいクリスマスリースを、おしゃれに飾ってみてはいかがでしょう。ポインセチアをモチーフとした造花になっているので、枯れることがなく、いつまでもフレッシュな見た目を維持することができます。ゴールドのボールやスプレーなどをあしらっているので、高級感も感じさせてなりません。

サイズは、2種類用意されています。全長25センチと、43センチのそれぞれです。後者ともなると結構大型ですが、イベントなどでもちいる際に程よい存在感を放ってくれそうです。クリスマス用、インテリアグリーン、そしてプレゼントと、さまざまな用途で重宝できるでしょう。

見栄えのよいバラのプリザーブドフラワー

【Angelique】プリザーブドフラワー ジュエリーケース入り バラ スワロフスキー 羽根 オーガンジー ミニアレンジ (バラ パステルピンク)

プレゼントとして贈れば、まるで宝石をもらったときのように喜んでもらえそうな、ジュエリーケースに入った逸品です。透明のケースの中には、バラのブリザードフラワーが入っています。また花びらの一部にスワロフスキー製のクリスタルがつけられているので、事実ジュエリープレゼントでもあります。人気ブランドのクリスタル付きブリザードフラワーだけに、満足度はかなり高いでしょう。

種類は、パステルピンクとレッドの2種類です。前者はかわいらしい印象、後者は情熱的な愛を感じさせてなりません。ブリザードフラワーは、造花と異なり実際の花を素材としています。そのため、適度なやわらかさがあり、フレッシュな質感を長く楽しめます。

プレゼント交換が定番的であるクリスマスにおいても、ブリザードフラワーのチョイスは珍しいはず。大事なパートナーは、意外性と共にきっと笑顔を見せてくれるに違いありません。

まとめ

クリスマスの花は、ポインセチア・クリスマスローズ・セイヨウヒイラギの3種類が代表的です。飾り付けがなくても、ただそれだけでクリスマスを連想させる、特徴的な色合いとなっています。歴史や花言葉、またアレンジのコツなどを覚えておけば、贈られた人もきっと喜んでくれるでしょう。上記の情報を活用して、いつも以上のクリスマスの思い出を作ってみてください。

Source: feely[フィーリー]
クリスマスを代表する花の種類と花言葉の意味!プレゼントにもおすすめ