Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

重曹足湯が足のニオイに効果的!?重曹の効果とは

重曹足湯が足のニオイに効果的!?重曹の効果とは

足の臭いが気になる、気になる臭いをケアしたいという人であれば、重曹足湯がおすすめです。自宅でできる簡単なケアですし、足の臭いの撃退以外にもたくさんの効能があります。

今回は

  • 重曹足湯とは?
  • 重曹足湯の効果・やり方・注意

について紹介します。足のかかとのケアにも役立つ、重曹足湯について知っておきましょう。

重曹足湯とは?


重曹足湯とはいったいどのようなものでしょうか。文字通り、重曹を使った足湯のことです。用意するものも重曹とお湯を入れる洗面器くらいしかありませんので、手軽にできます。

そもそも足の匂いの原因とは?

足の臭いの原因は、イソ吉草酸と呼ばれる物質であるといわれています。イソ吉草酸とは足の汗や皮脂から出る物質であり、そこから雑菌が繁殖しやすいため独特の臭いを作り出します。特に靴を履いたまま一日中密閉されていると雑菌も繁殖しやすく、ニオイが起こりやすいです。

イソ吉草酸は水洗いでは落ちませんので、重曹足湯をはじめとした専門的なケアが必要です。

重曹さえあれば自宅でできる!

重曹足湯は、洗面器にためた40度のお湯に、小さじ1、2杯程度の重曹を入れて重曹水を作ります。軽く洗っておいた足をそのお湯につけるだけです。必要なものが重曹とお湯、そして洗面器のような足をつけるものだけですので、簡単に自宅でできます。足の臭いが気になる人、普通の足湯のように気持ちよく、疲れを手軽に取りたい人にもおすすめです。

重曹足湯の効果


一日中靴を履く、加齢により新陳代謝が鈍るなど、足のニオイは誰にでも起こりうることです。そのようななか、重曹足湯は、足の臭いを抑えるだけでなく、いろいろな効果があります。そのような重曹足湯の効果を知っておきましょう。

足のニオイを軽減

もともと、かかとには皮脂腺がないので乾燥しがちですし、厚くなった角質にはなかなか免疫機能が行き届きません。重曹には研磨作用がありますので、そういった古い角質を流してくれます。

また、重曹の中和作用には消臭効果があります。重曹は炭酸水素ナトリウムというアルカリ性の物質ですが、体臭をはじめとするすっぱい臭いの元は酸性ですので、その二つを中和させ臭いを消してくれるのです。

ニオイ菌の繁殖を抑える

重曹には、雑菌の繁殖を防ぐ「静菌作用」があります。雑菌は皮脂汚れをエサに繁殖しますが、重曹にはそのような皮脂汚れを落とす作用と、菌の繁殖を弱める作用があるのです。それによって重曹足湯は、靴や靴下の中で繁殖しやすい足のニオイ菌を抑えることができます。

カカトのひび割れを改善!スベスベになる


かかとのヒビ割れは、皮脂が積み重なり厚くなって起こります。かかとには皮脂腺がないのでもともと乾燥しがちなうえに、靴などで押さえてしまうのでどうしても皮脂が溜まりがちです。重曹には肌の角質を柔らかくする作用がありますので、乾燥によりひび割れしたかかとを改善できます。

重曹足湯でかかとの角質を柔らかくした後は、保湿クリームなどでたっぷりと保湿をすることでより状態が改善されるでしょう。

血液の循環が良くなりむくみを解消

重曹には血行を刺激して、血液の循環を良くする働きがあります。むくみは血液の循環が悪くなり、余計な水分や老廃物を排出する働きが弱くなるために起こります。本来排出すべき水分や塩分が身体に溜まってしまって、血流がより悪くなります。重曹足湯は足の裏から刺激をして血行を促進し、むくみを改善するのです。

冷え性にも良い

温泉の成分にもなっている重曹には、血管を広げて血流を良くするといった働きもあるのです。そのため、手足の末端、毛細血管まで血流がいかずに起こってしまう冷え性にも重曹足湯は効きます。冷え性にはゆっくりとあたたかいお風呂に入ることが有効ですが、浴槽に入る時間がなくても重曹足湯で改善できるでしょう。

重曹足湯のやり方


簡単そうに見える重曹足湯には、きちんとしたやり方と注意事項があります。家庭でもできる重曹足湯について知っておきましょう。万能そうに見える重曹足湯ですが、しっかりとした手順を守ることで効果が上がります。

洗面器に40℃前後のお湯を張る

まず、洗面器40℃程度のお湯を張ります。あまりにも熱すぎると逆効果になりますし、ぬるすぎると重曹が溶けないのでそれもよくありません。湯温計を使うなどして適温の40℃前後になるように調節しましょう。洗面器の3分の2くらいにお湯を入れるとよいです。

重曹を小さじ1~2杯入れて溶かす

洗面器の中に適温のお湯が用意できたら、次は重曹を用意しましょう。洗濯や掃除に使っている普通の重曹で構いません。小さじ1杯から2杯程度お湯に入れ、よくかき混ぜて溶かしましょう。

入れすぎると重曹のアルカリ性が強く働いてしまい、肌荒れを招くこともありますので入れすぎに注意が必要です。たくさん入れたからそれだけ消臭効果が上がるということではありません。重曹は適量を入れましょう。気分を上げるためにアロマオイルを入れる人もいます。

足を15~20分間つける


足湯は基本的に好きなだけ行っていいのですが、消臭その他の効果を見込んで重曹足湯をするのであれば、足は15分間から20分間程度つけておきます。あまりにも短い時間ですと、なかなか皮脂を柔らかくするまでいきませんので重曹の効果がありませんし、つかる時間が長すぎると冷えてしまうこともあるからです。

足を洗う

重曹足湯をすると皮脂が落ちやすくなっていますので、終わったら足を洗うようにするとより効果的です。柔らかくなった皮脂をそのままこそげ取ることができます。あまりにも足が汚れているとせっかくの重曹足湯の効果も半減しますので、足が汚れている場合は表面上の汚れを落としてから、重曹足湯を行いましょう。

重曹足湯をする時の注意


重曹足湯をする際は、いくつか気を付けなければならないことがあります。方法を間違えると逆効果になることもありますので、気を付けるべきポイントを抑えておきましょう。

混ぜる時60℃以上のお湯にするのはNG!

重曹足湯の適温は、40℃程度です。殺菌したいから熱いお湯のほうがよいと思って、60℃くらいにするのはやめましょう。重曹風呂とは、そもそも重曹が弱アルカリ性であることを利用して、体臭などの酸性のニオイを中和することです。あまりにも温度が高いと、強アルカリ性になってしまい肌へ悪影響を及ぼしますので適温を守りましょう。

やりすぎると肌荒れする

重曹足湯をやりすぎるのも禁物です。確かに角質を柔らかくしてくれるなど良い働きはあるのですが、毎日重曹足湯をしてみると肌がアルカリ性に偏ってしまい、今度はアルカリ性を好む菌を寄せ付けてしまうことがあります。また、重曹の角質をはがす力が強すぎて肌荒れすることも、やりすぎない理由です。2日に1回、週3回程度にしましょう。

靴・靴下も清潔に!

せっかく重曹足湯でニオイ菌を繁殖しにくくしたとしても、靴や靴下が不潔であるとまた菌が繁殖してしまいます。そのため、靴は重曹を溶かした水をスプレーし、靴下は重曹を溶かしたお湯で洗うなど、靴や靴下に菌が繁殖しにくい環境を整えましょう。

同じ靴を履き続けることもおすすめできません。通勤した靴を会社で履き替えるなど、工夫しましょう。また、重曹足湯に使ったお湯でお風呂を洗うと皮脂系の汚れが落ちやすく、残り湯の活用にもなり一石二鳥です。

まとめ

重曹足湯とは、重曹を溶かしたお湯で足湯をすることですが、重曹の作用で足のニオイを軽減させることができます。弱アルカリ性の重曹には中和作用がありますので、気になる酸性のニオイを中和することができるからです。それ以外にも静菌作用がありますので臭いの元となる菌の繁殖を抑えます。

加えて、血行促進作用もあるので、むくみや冷え性も改善するでしょう。足のかかとの角質を柔らかくしますので、ごわごわのかかとも改善できます。

重曹足湯は40℃程度の適温を守り、回収は週3回程度にとどめておきましょう。何度もやりすぎたり、高い温度で行うと重曹が強アルカリ性になるのでよくありません。しっかりと手順を守り注意事項に気を付けるだけで足のニオイの軽減だけでなく、いろいろな効果があります。

Source: feely[フィーリー]
重曹足湯が足のニオイに効果的!?重曹の効果とは