Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

公務員を辞めたい?そんな気持ちになったときに考えたいこと

公務員を辞めたい?そんな気持ちになったときに考えたいこと

安定性がある職業として人気の公務員ですが、もちろん公務員だからこその大変さも伴います。そのため、働く中でふと辞めたいと考える人も、中にはいるかもしれません。

主には、どのようなときに辞めたいと感じるのでしょうか。また、辞めたくなったときの考え方についても、知っておくべきです。

今回は

  • 公務員を辞めたいと思うのはどんなとき?:新卒編・仕事に慣れてきた人編
  • 公務員を辞めたくても辞められない理由
  • 公務員を辞めた人がよかったと思っていること
  • 公務員を辞めたいと思ったら

について紹介します。公務員が充実した仕事の日々を送る上で役立つ情報を、詳しく特集しました。

公務員を辞めたいと思うのはどんなとき?:新卒編

新卒といえば、公務員としてだけでなく、いち社会人としてもさまざまな障壁にぶち当たるタイミングです。辞めたいと思う瞬間も、少なくないかもしれません。以下のような状況に、あてはまりがちでしょう。

仕事内容での理想と現実のギャップが大きくて戸惑いがあるとき


公務員の仕事に就く前、社会人としての第一歩を踏み出すにあたり、希望に胸を膨らませていたことでしょう。

ですが、いざ社会に出ると、公務員に限らずさまざまなギャップに衝撃を受けるものです。そんなギャップへの戸惑いが、辞めたいという気持ちに繋がるかもしれません。

扱う仕事に対しての責任の重さが想像以上に感じたとき

公務員は、国家・地方に限らず公的な仕事を扱います。もちろん一般的な仕事にも責任は伴うわけですが、公務員はそれどころでありません。責任の重さに耐えかねて、継続が難しく感じられるケースも考えられます。

安定はしているけれどチャレンジができずモチベーションが低下したとき

前述の通り、公務員は安定性が魅力の仕事です。ですが、アルバイト禁止、副業不可といった制限も多いのが実際のところです。

公務員としての生き方以外の選択肢が限られるため、働くモチベーションを低下させてしまうかもしれません。

若いうちの給与が想像より低いことに気づいたとき

給料面が安定している公務員とはいえ、新卒年度をはじめとした若いうちについては、そこまで割が良いともいえません。

保険や税金を引かれた手取りは、入社前の期待以下という可能性も十分考えられます。そんな収入のギャップが原因で、やる気を損なうケースもあります。

公務員を辞めたいと思うのはどんなとき?:仕事に慣れてきた人編

辞めたいと思うのは、入社したてのタイミングだけでもありません。仕事に慣れてきて、スムーズに業務がこなせるようになったタイミングであっても、油断はできないのです。

職場で市民との接し方に神経を使うとき


近年、市民の公務員に対する目が厳しくなってきています。休憩が多い、無駄な経費を使っている、私物化しているなど、不満の声は多く聞かれます。

そのため、市民との接し方には日々神経を必要とすることでしょう。慣れてきてもなお、負担に感じるかもしれません。

職場内の人間関係の狭さで仕事がやりづらいとき

公務員とはいえ、やはり職場の人間関係はポイントとなってきます。一般職とは違い、長期で働く人も多いため、長年に渡り同じようなメンバーと仕事を続けるようなケースも多いでしょう。

うまくいっていれば良いですが、人間関係が円滑でないとなれば精神的苦痛も大きくなります。

休日出勤や残業などでとにかく忙しいとき

公務員といえば土日はしっかり休める、そう考える人も多いでしょう。ですが実際は、休日出勤があるところも存在します。

同じく業務時間外の仕事としては、残業の負担も挙げられるでしょう。これらによって多忙が続くと、モチベーションの維持が難しくなってきます。

将来が見えてきてモチベーションが保てないとき

公務員が安定した仕事であるということは、将来への道筋も早い段階でだいたい確定してきてしまいます。

とにかく安定したいという考えなら理想的ですが、将来が限定されるということに不満を感じ出すと、働く気力を失いがちかもしれません。

部署異動や転勤が多くてやりたいことができないとき


職が安定するといっても、部署や職場まで常に一定とは限りません。一般職同様に、適宜部署移動や転勤もおこなわれます。

これらが多いと、せっかく慣れてもまた1から感触を覚えていかなくてはなりません。定期的な環境の変化に脱力感を覚え、辞めたくなる可能性があります。

公務員を辞めたくても辞められない理由

一般的な会社で辞めたくなったら、無理をする必要はありません。近年は職の選択肢も増えており、また資格によって専門職の道に進むことも可能です。そのため、こだわりはなくした方が幸せという考え方も増えているのです。ですが公務員の場合は、辞めたくても辞められないケースが存在します。以下が、その代表的な例といえるでしょう。

給料が安定していてボーナスもある

何度も触れている通り、やはり公務員という仕事の魅力に、給料の安定は外せません。安定しない会社が多い時代だからこそ、一層特別感を覚えるでしょう。またボーナスがあるというのも、メリットに挙げられます。

倒産や職場都合の解雇がない安定性

給料だけでなく、職を失う可能性が低いという点も公務員ならではの安定性です。国や地方が運営しているため、そもそも会社なくなるということは基本的にありません。

解雇については、働く側に責任があるケースなら考えられますが、まっとうに仕事をしているにもかかわらず職場都合で辞めさせられるというパターンはないといえます。景気の変動に限らず安心して働けるので、その感覚に慣れると辞めにくいでしょう。

公務員という社会的地位が得られている


公務員は責任重大な仕事である一方で、社会的に信用のある地位ともいえます。長い人生を送る上で、堂々と生活していける、尊敬される機会が多い、信頼されやすいなど、メリット豊富です。辞めたいと思っても、この魅力が捨てられないとなると、なかなか辞められないでしょう。

公務員を辞めた人がよかったと思っていること

辞めにくい職場とはいえ、事実公務員を辞めて他の仕事に移る人もいます。公務員という魅力ある肩書きを捨てて、新しい生き方ができている人は、どのような点に良かったと感じているのでしょうか。

公務員のキャリアで転職に有利になる

前述の通り、公務員は社会的に信用のある仕事です。そのため、転職する際の職歴として有利な肩書きになります。公務員の職歴を持っていることにより、普通の転職では採用されにくい人気の業種、会社に移れた場合、嬉しく感じられるでしょう。

公務員の経験が転職先で役に立った

大きな責任が伴う公務員の仕事ですが、それはデメリットばかりでもありません。他の職場では得られない、特別な経験値となるでしょう。

そのため、新しい職場でその経験を活かせるかもしれません。責任感はもちろん、誠実な仕事ぶりや市民と接する姿勢なども、役立てられるでしょう。

新しい刺激があり可能性を広げることができた

安定した職場にいると、刺激の物足りなさを覚えるかもしれません。そんな中、一般企業などに移れば、それまでになかった体験や新たに見出せる将来への希望に、新鮮な刺激を得られるでしょう。公務員時代以上に、自分の可能性を広げられるかもしれません。

公務員を辞めたいと思ったら

前述で紹介している通り、公務員は一般職以上ともいえるメリットが感じられる仕事です。公務員レベルの安定性や社会的地位は、他でなかなか得ることはできません。辞めたいと思っても、一度踏みとどまって以下のような考えを巡らせるべきです。

上司や友人に相談する


ひとりで考え込まず、信頼できる他人の意見も聞き入れましょう。たとえば、信頼している上司や、気の置けない間柄にある友人などです。

周囲が考えている本当の評価を聞いたり、悩みを解消できたり、ストレス発散できるなどして、辞めるという選択肢以外の考え方も導き出せるかもしれません。

公務員を志した理由を振り返ってみる

公務員は、簡単になれるような仕事でもありません。それこそ、安定性という魅力から人気の業種にもなっており、強い志をもって高い競争率の中勝ち取った肩書きでもあるでしょう。辞職を決断する前に、そんなかつての気持ちを振り返って、初心に戻ってみてはいかがでしょう。

一時の感情ではないか時間をかけて考えてみる

いざ辞めてから後悔しても、元の職場に戻ることはできないでしょう。一時の感情だけで辞めてしまうと、大きな悔いが残ってしまいます。辞めたいという気持ちが大きくなっても、それが一時の感情でないかどうかじっくり考えてみてください。

今の職場でスキルアップや専門性を磨くことができるか考えてみる

公務員を辞めたいと思っている人の多くは、将来への選択肢が狭まることに悩んでいるのではないでしょうか。ですが、だからといって唐突に公務員を辞めたところで、すぐに新たな職場を見つけるのは難しいです。

今の職場でスキルアップや専門性を磨けるなら、もうしばらく働き続けて、自分のレベルを上げてから辞める方が効率的です。

公務員を辞めるリスクも踏まえた上で思い切って転職してみる


公務員とはいえ、もちろん確かな決断ができたのであれば辞めても問題ありません。思い切って転職するという判断をしても、問題ありません。

ただ、公務員のメリットである給料や安定性、社会的地位を失うというリスクもしっかり理解した上でおこないましょう。

まとめ

公務員という人気の肩書きを持っていたとしても、中には辞めたいと感じる人もいるかもしれません。事実、公務員には公務員だからこその大変さも伴うのが実際のところです。辞めたいと思ったからすぐ辞めるのではなく、上記のような内容をじっくり考えてから慎重に検討するべきです。

Source: feely[フィーリー]
公務員を辞めたい?そんな気持ちになったときに考えたいこと