Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

耳鳴りをツボ押しで改善する方法!耳鳴りが起きる原因とは

耳鳴りをツボ押しで改善する方法!耳鳴りが起きる原因とは

「キーン」という音や「セミが鳴いているような音」など、実際に音がないにもかかわらず、耳の奥で音が鳴っているような気がする耳鳴り。症状が悪化すれば集中力がなくなり、家事や仕事に影響を与えてしまいます。

ひどい場合は病院に行くことをおすすめしますが、少しでも症状を緩和できる方法がツボ押しです。

今回は

  • 耳鳴りの原因
  • 耳鳴りはツボ押しで改善
  • 正しいツボの押し方

二ついてまとめました。耳鳴りに効果的と言われるツボを紹介しましょう。

ふとした時に起こる耳鳴り!その原因とは

ふと気が付くと耳の奥で何か音がしている、と感じる耳鳴り。病気が原因で起こることも多いので注意が必要です。病気以外にも、ストレスなどが原因で耳鳴りがすることもあるようです。耳鳴りの原因についてお伝えします。

耳鳴りの原因の大半はストレス


年々増えてきていると言われる耳鳴り。原因は、ストレスで起こることが多いと言われています。女性も男性と同様の仕事量をこなし、役職などに就くケースも増えています。精神的な負担はストレスの原因に。

仕事量が増え、生活リズムが乱れ、寝不足や疲労などが溜まり、ストレスを抱えることで、耳鳴りを起こすことも多いです。

過剰なストレスは自律神経の乱れにつながるもの。自律神経が乱れると神経が過敏に反応しやすくなったり、めまいや耳鳴りを引き起こしやすくなるとされています。交感神経が優位に立つと、血流が悪くなり頭痛や立ちくらみなども起こる恐れがあります。

検査をしても異常がない場合、ストレスが原因で耳鳴りを引き起こしている可能性もありますので、ストレスを発散することが大事です。

加齢の場合もある


耳鳴りや難聴といった症状は、50歳前後から起こることが多いとされ、高齢になるほど頻繁に起こりやすくなります。

耳鳴りが起こるのは、耳の奥にある蝸牛という聴覚器官にトラブルが生じることが原因。蝸牛にある有毛細胞が加齢により衰えることで、耳鳴りが起こります。

耳鳴りとともに難聴を伴う場合は、老人性難聴と診断されることが多いです。人の声がこもったように聞こえたり、音楽など他の音が鳴っていると声が聞き取りにくくなったりするのが特徴。加齢による耳鳴りや難聴は、40歳代でも起こる可能性があります。

慢性の中耳炎などを起こしている場合は要注意。きちんと治療をするようにしましょう。

長引く場合は病院へ行ってみよう


耳鳴りは、病気が原因となることもあります。突然電話の声が聴こえなくなった、朝起きたら耳が聴こえにくかったなど、突然耳が聴こえなくなる突発性難聴は、30~40歳代の若い年代でも起こる可能性が。ほとんどが片方の耳が聴こえにくくなり、難聴の前後に耳鳴りを生じるケースが多いようです。また、ストレスを感じることで、内耳への血流が不足し、突発性難聴が発生する可能性もあるようです。

また、メニエール病が耳鳴りの原因となる場合もあります。それが原因でめまいが起こると考えられているため、病院で検査を受けることをオススメします。

不快な耳鳴りはツボ押しで改善しよう

ツボ押しは自律神経のバランスを整える効果が期待できる方法です。自分の指を使って、どこでも気軽にでき、疲労回復やストレスの軽減などにもつながるのがツボ押しのメリット。習慣にすれば、耳鳴りを予防したり、体調不良を改善したりすることも可能です。

不快な耳鳴りを改善するツボを紹介しましょう。

耳鳴りに効く代表的なツボ、中渚(ちゅうしょ)

//www.instagram.com/embed.js

「中渚(ちゅうしょ)」は、耳鳴りに効くとされる代表的なツボです。手の甲側、小指と薬指の間から約2cm程度手首方向にたどり、少しくぼんだところにあります。耳鳴りの予感がしたり、耳鳴りがおさまらなかったりする時に、強めに押すといいでしょう。

首や頭などの緊張を緩和してくれる働きもあり、すぐ首や肩が凝ってしまう人や頭痛を起こしやすい人におすすめのツボです。

血行を促進する、聴宮(ちょうきゅう)

View this post on Instagram

耳鳴り定番のツボ 風邪をひいたらなんとなく耳鳴りがする、 疲れてくると耳が詰まった感じで聞こえづらい… という時におススメのツボ、#聴宮 [ちょうきゅう]😄 多所聞[たしょもん]とも呼ばれます。 場所はこじるりこと小島瑠璃子さんのピアスの位置の手前、顔寄りの所です。 アー😮っと口を開けると少しペコっと凹む場所ですよ。 ここをやり過ぎない程度に指圧してみましょう。 #鍼灸 #鍼灸師 #頭痛 #冷え性 
#冷え性改善 #耳鳴り #耳 #難聴 #風邪 #マタニティ #産後 #妊活 #不妊 #不妊治療 #生理痛 #pms #肩こり #腰痛 #生理痛 #東洋医学 #体質改善 #美容鍼灸 #西千葉 #手描きイラスト #illustration

A post shared by リラクはり灸いろは (@rirakuharikyuiroha) on

//www.instagram.com/embed.js

耳の付け根の軟骨が出っ張った部分の前にあるのが、「聴宮(ちょうきゅう)」のツボです。耳の周りの血行をよくし、内耳の循環を改善して耳鳴りや耳づまりといった症状を緩和します。

ストレスや疲労、加齢が原因の耳鳴りに効くと言われているツボ。頭痛や歯痛などにも効果的と言われています。耳のすぐ後ろにあるので、耳鳴りがしそうな時に、中指や人差し指で刺激するといいでしょう。

血行不良を改善する、耳門(じもん)

//www.instagram.com/embed.js

口を大きく開けた時にできる、耳の内側の突起から指1本分上にできるくぼみ。ここにあるのが「耳門(じもん)」です。

血行不良を改善するツボで、耳鳴りや耳痛改善のほか、顔のむくみ改善、水分代謝の促進、リフトアップ、さらには胃腸の不快感などを改善する効果が期待できます。

不安をやわらげてくれたり、元気にしてくれたりする作用もあると言われているので、不安で眠れないという時などは、このツボを刺激するといいでしょう。痛気持ちいいくらいの強さで、ゆっくり押す、離す、を繰り返しましょう。

血行不良を改善する、角孫(かくそん)

耳の付け根の一番上、髪の生え際にあるのが「角孫(かくそん)」のツボ。血流をよくすることで、耳鳴りの改善が期待できます。頭皮の血行をよくすることもでき、頭皮環境をよくして抜け毛や薄毛予防にもなります。

不眠や眼精疲労にも効果的と言われているツボ。息を吐きながら、ツボを押さえマッサージをするといいでしょう。

刺激すると耳鳴りに効果的な、翳風(えいふう)

//www.instagram.com/embed.js

「翳風(えいふう)」のツボは、耳たぶの後ろ、耳たぶの付け根にあります。

内耳の機能を高めるツボで、めまいの改善にも効果的と言われています。血行をよくし、顔のむくみやくすみ、クマの改善も期待できるでしょう。人差し指、または中指で、左右同時に刺激します。

首は神経が集中している部位なので、強く刺激しないように注意しましょう。気持ちよいと感じる程度に、ゆっくりと刺激します。さするように動かして刺激すると、より効果的と言われています。

血行を促進する、完骨(かんこつ)

View this post on Instagram

おはようございます! 今回は”完骨”というここをほぐすと6割くらいの方が一気に眠くなるツボを。 完骨は後頭部の頭と首との境目にある窪んだところにあります☝︎ そこに引っ掛けるようにして頭を持ち上げると大体の方は、”お、すごいですねそこ😳“という風におっしゃっていただけるツボです。頭が取れてしまうんではないかというくらい普段自分では押さない方向に持ち上げるので、はじめての感覚を感じていただけると思います! 普段、携帯やパソコンなどで前傾姿勢になりやい日常ですが、正しい位置に頭を戻してあげることで血の巡りが良くなり肩こりや頭痛の解消にもなります。 このツボは自分ではなかなか押しにくいポイントです。一度ぜひこの気持ち良さを味わっていただきたいです😩 今週も当日予約おとりできるところありますので、お気軽にご連絡ください! @balloon_hair @natsu31105 #eral #ヘッドスパ #表参道 #当日予約 #完骨 #眠くなります

A post shared by スパEraLヘッドキュア認定サロン/アンチエイジング/治療 (@eral_by_balloonhair) on

//www.instagram.com/embed.js

「完骨(かんこつ)」は、両耳の後ろの出っ張った骨の下にあるくぼみにあります。血行をよくしてくれるツボで、耳鳴り、めまい、頭痛、首のこり、顔のむくみなどを改善するほか、眼精疲労にも効くと言われています。

親指を使い、押しこむように刺激するといいでしょう。首も一緒にマッサージをするとより効果がアップします。

ストレスを緩和する、百会(ひゃくえ)

View this post on Instagram

. 〜万能のツボ”百会(ひゃくえ)”〜 . 先日NHKで『東洋医学 ホントのチカラ 〜科学で迫る鍼灸・漢方薬・ヨガ〜』という特番で鍼灸治療が大きく取り上げられました✨ . . 東洋医学と聞くと分かりにくいイメージがありませんか?(気って何なんだろう…🤔?とか) . しかし研究の進歩により現在の東洋医学は西洋医学的な治療根拠(エビデンス)が日々発見されてきています。 . 当院の鍼灸治療も西洋医学的なエビデンスを元に患者さんの治療を行っております。 . あなたが慢性的に抱えているお悩みに鍼灸治療が役立つかも知れません。 体質改善のために鍼灸治療を受けてみませんか? . 最後に番組内でも紹介されたツボをお伝えしますね🙂 写真のツボは百会(ひゃくえ)と言います。 頭のてっぺんにあり、多数の経絡(ツボがある道)と繋がっています。 ✅リラックス効果 ✅精神的ストレスの軽減 ✅風邪による頭痛や鼻水を抑える ✅下痢を抑える などの効果があるとされています。 . ①百会の位置に両方の人差し指を重ねて イタ気持ちいいところまで押します。 ↓ ②押したまま深く深呼吸をします。 5回ほど行うとイイですね👍‼︎ . 頭もスッキリしますので寝る前などに百会のツボ押しを取り入れてみてください! . . #リラックス #ストレス #風邪 #お通じ #体質 #体質改善 #デトックス #百会 #鍼 #灸 #東洋医学 #豊橋 #豊川 #田原 #整体 #せいりき鍼灸整骨院 #美容

A post shared by 豊橋市の整体・美容鍼|せいりき鍼灸整骨院 (@seirikiseikotsu) on

//www.instagram.com/embed.js

「百会(ひゃくえ)」のツボは、頭頂部、両耳と鼻の延長線が交わる場所にあります。自律神経を整えストレスを緩和するとして知られているツボで、効果はいろいろ。めまい、耳鳴り、頭痛、目の疲れ、肌荒れ、肩こり、不眠などさまざまな症状の緩和におすすめです。

指の腹で、下に向かって気持ちがいいと感じる強さで刺激しましょう。寝る前に刺激すると、ストレス緩和により効果的と言われています。

むくみを解消して血流を促す、太谿(たいけい)

//www.instagram.com/embed.js

「太谿(たいけい)」は足の内側、くるぶしとアキレス腱の間のくぼみにあるツボ。むくみの改善に効くと言われ、内耳に水が過剰に増えてしまう耳鳴りの改善にも効果を発揮すると言われています。

下半身の血行をよくして、冷えを解消してくれる働きがあるので、足の冷えに悩んでいる人には特におすすめ。ツボに人差し指を当てて、アキレス腱にひっかけるようなイメージで刺激しましょう。

耳鳴りや難聴に効く、会宗(えそう)

//www.instagram.com/embed.js

「会宗(えそう)」のツボは、手の甲側のシワから指4本分肩の方にたどった位置にあります。耳鳴りや難聴に効くと言われるツボで、全身の筋肉の緩和にも効果的とされています。腕の疲労やしびれ、動かしにくいと感じる時にこのツボを刺激してみるといいでしょう。

正しいツボの押し方をマスターしよう

ツボ押しは、ツボを指などで刺激するという簡単な方法ですが、やり過ぎはいけません。ツボ押しの効果を高めるためにも、正しい方法で行うことが大切です。正しいツボ押しの方法や注意点を紹介します。

ツボ押しは呼吸を意識する


ツボ押しをする際に忘れてはいけないのが呼吸です。深い呼吸を繰り返すことで血行がよくなり、リラックス効果も高まるというもの。

ゆっくりと息を吐きながら押し、ゆっくりと息を吸いながら離す、といった呼吸法を行いながら、ツボを刺激しましょう。息を吐く時には、筋肉がほぐれるのでツボ押しもしやすくなります。

押す回数の目安は3回程度

ツボ押しの回数は3回程度を目安に行いましょう。1つのツボばかり、何回も刺激するのはよくありません。3~5秒を目安に、ゆっくり刺激します。

押してみて気持ちがいいと感じるところがツボの場所です。ツボの位置は個人差があるので、ツボの位置は目安にして自分が気持ちいいと感じる部分を探しましょう。

痛くなるまで押すのはNG

力の加減は気持ちいいを目安にしましょう。気持ちがいいからと、グリグリ強く押すのはNGです。コリが強いと痛みを感じやすくなります。痛みがひどい場合は、やさしくマッサージをするといいでしょう。

ツボ押しをする時は皮膚を傷つけないように爪を切っておく


爪が伸びていると、皮膚に食い込んで痛いもの。皮膚を傷つけてしまうと、菌が侵入して悪化してしまいます。また傷があると、ツボを刺激することができなくなってしまうので要注意。ツボは爪ではなく指の腹を使って行います。長い爪は短く切っておきましょう。

ツボの箇所に炎症を起こしていたり、腫れていたりする場合は、そのツボを刺激するのは控えます。飲酒後や発熱している時なども避けた方がいいでしょう。気分が悪くなることもあるので、体調が悪い時は避けるようにしましょう。

まとめ

疲れていたり、ストレスが溜まっていたりすると、耳鳴りを起こしやすいです。そんな時には、耳鳴りに効くと言われるツボを刺激しましょう。リラックスできると同時に、耳鳴りやめまい、頭痛なども改善される可能性があります。

ただし、耳鳴りが頻繁に起こったり、長引いたりしているなら病気の危険性があるので、早めに病院に行くことをおすすめします。

Source: feely[フィーリー]
耳鳴りをツボ押しで改善する方法!耳鳴りが起きる原因とは