Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

「人に期待しない」のメリット!心が軽くなる生き方のコツ

「人に期待しない」のメリット!心が軽くなる生き方のコツ

人に対して期待しては裏切られたと感じるのは、相手に対して身勝手で過大な要求をしているだけかもしれません。それは人間関係を悪くし、精神衛生上よくありません。

そこで今回は、

  • 人に期待してしまう理由
  • 人に期待しないことのメリット
  • 人に期待しない生き方
  • 人に期待しないことの注意点

などを解説します。

人に期待してしまう理由

自分の物事に対する考え方が、人に期待してしまう理由になっていることが多いです。期待を裏切られることがたびたびあり、怒りや悲しみといったネガティブな感情になる人は、ここで挙げる理由の中に該当するものはないでしょうか。さっそく見ていきましょう。

相手に見返りを期待している

損得勘定で行動していることが、人に期待してしまう理由になっていることは多いでしょう。たとえば、人に何か頼みごとをされたとき、引き受けるにあたって得か損か判断する基準が、見返りの有無になっているのです。リターンをくれる相手と踏んでお願いに応じるため、それがその人への期待になります。

自分を好意的に評価してもらえるという思い込み

誰かのために自分がしてあげていることが、特別なものであると信じて疑わないのもよくありません。これをすれば感謝や称賛、労いといった形で、当然のように自分をよく思ってくれるだろうという考えになりやすく、人に対する期待につながってしまいがちです。

自分の尺度で他人を判断してしまう

誕生日などの記念日、バレンタインやクリスマスなどの恋愛イベントは、贈り物をするべきだと思っていないでしょうか。また、プレゼントやサプライズに対しては、オーバーリアクションで喜ぶべきだと考えていないでしょうか。こうしたマイルールが、人に対する期待を生んでしまっています。それをされなかったら、予想以上にがっかりしてしまって、相手を否定する気持ちになってしまうのです。

人に嫌われたくない

人に嫌われてもいいと思えない性格であることが、人に期待してしまう理由になっていることがあります。自分を嫌わないでほしい、好きになってほしいと相手に期待して、その人の気をひこうとする言動に走りがちになってしまっている人は少なくないでしょう。

期待しない生き方の6つのメリット

人に期待しないことによって、楽に生きられるようになります。また、自分に磨きをかけることにもつながっていくのです。以下に期待しない生き方のメリットを記載していますので、ぜひご覧ください。

発想が柔軟になる

べき論を捨てることで、発想が柔軟になり広い考えができるようになります。物事に対していろいろな考え方ができるようになり、相手に合わせた付き合い方もできるようになるでしょう。自分の価値観ばかり押し付ける人、融通がきかない、絡みづらいといったネガティブイメージも持たれなくなるはずです。

イライラがなくなる

何かを人に期待した時点で、自分の中には裏切られるリスクが発生します。リスクが現実化しなくても、たとえば相手に頼んだことをしっかり履行してくれるのか、失敗されるのではないかと考え、結果が出るまで苛立ちを感じてしまいがちです。人に期待しなければ、こうしたストレスがありません

他人からのプレッシャーを感じなくなる

自分を高く評価してほしいと期待するあまり、評価に見合ったことをするようにと他人から精神的重圧をかけられている錯覚に陥る人がいます。

頑張りが認められなければ、自分はこんなに尽くしているのにという不満につながりがちです。他人が自分をどう思うか気にしなければ、自分が作りあげたプレッシャーで消耗することがなくなります。

精神的にも自立した人間になる

すぐに誰かに頼り、解決してもらうのを期待しない姿勢は、それだけ自分を成長させる機会に恵まれやすいといえるでしょう。恋愛においては、恋人に自分の心の平穏を保ってもらおうと期待しなければ、自分だけでなく相手の一人の時間を大事にでき、お互いを高め合える関係を築くことができます。

衝突が減り人間関係が円滑になる

期待が裏切られたとき、怒りの感情を内にとどめておけなくなれば、相手とぶつかり合ってしまい、職場や家庭、デートで訪れた先など、その場の空気が最悪に。人に期待しないことで無用な争いは減り、周囲から見てもアナタが接しやすい存在となって、良好な人間関係を築き、保ちやすくなるでしょう

相手からお返しがきた時の喜びが大きくなる

見返りを求めていると、自分がしてあげたのだからリターンは当たり前と、まったく感動が得られなくなってしまいます。見返りはなくて当然と認識するようになると、あったときのサプライズ感が大きくなり、幸せな気分になれるでしょう。お返しをした側からしてもアナタが喜ぶ姿を見れば、幸せな気持ちになれるものです。

人に期待しない生き方とは

周囲が自分の期待に応えなければ、幸せを感じたり不幸せを回避したりできない状態では、自力で満足できる人生を送れません。人に期待しない生き方とはどのようなものなのか、ご紹介しましょう。

自分の善意だけで相手に尽くす

押し売りにならないよう、本当に相手のためになる、自分がしたいと感じたことを実行しましょう。そしてしたこと自体に満足できるのが、人に期待しない生き方です。これができていれば、したことが報われなくても、感謝されたり褒められたりしなくても、特別気にすることはなくなるはずです。

お返しは返ってこないものだと思う

仮に自分が誰かに何かをしたあげたとしても、その受け手がお返しをする義務はありません。リターンはないのが当然と認識すれば、見返りの有無を基準に行動するかどうかを考えなくなります

また、自分のしたことに対するお返しがないからといって、無駄に腹を立てるようなこともなくなるでしょう。

周りが何かやってくれると他人任せにしない

些細な困り事・悩み事でも、解決を他人任せにしてばかりいる生き方はやめましょう。次第に周囲から自分でどうにかしてほしいと面倒くさがられ、嫌われる傾向があります。

結果的に、本当に助けが要る深刻な問題が発生したとき、誰からも相手にされなくなる恐れがあるのです。

なんでも自分でできるように計画や対策を錬る

精神的に、経済的になど、何かを誰かに依存している生活は、その人がいなくなると破綻してしまいます。自立する方法を模索し、実現に向けて努力しましょう

そうすれば、自分の心・生活安定の維持・実現を、自分以外の人に期待せずに済む暮らしが手に入ることにつながっていくでしょう。

人に期待しない生き方の注意点

自分自身にとっても、関わる人達にとってもメリットのある人に期待しない生き方。しかし、それを取り入れ、続けていくにあたって、気をつけなければいけないこともあるのです。たとえばどのような注意点があるのか解説します。

「期待していない」と口に出さない

言葉の受け取り方は人それぞれで、人に期待しないことに多くのメリットがあるとはいえ、期待していないと口に出すのは避けるのが無難です。いわれた人によっては、イコールどうでもいい存在など、ネガティブな受け取り方をしてしまう可能性が高いといえるでしょう。

「期待」と「信用」は違うことを覚えておく

期待は自分の中の想像からくるものに過ぎず、信用はその人が残してきた実績がもとになっていると考えることができます。誰にも頼ることなく、すべて自分だけで抱え込んで生きていくのは困難です。周囲の助けを借りるときには、期待できる人ではなく、信用のある人を選択しましょう

一番大切にするのは自分自身

自分自身のことをなにより大切にしていなければ自立できなくなり、誰かが助けてくれるのを期待するような状態に陥ることにもなりかねません。ただし、自己中心的な振る舞いは自分の周りから人が去っていくことになってしまうため、謙虚な姿勢を忘れないようにしましょう。

自分が他人の期待に応えているかを振り返る

人に期待してしまうのをやめられない人は、自分が周りの期待に100%応えられているか見つめ直してみましょう。無理難題を相手に求めているとわかれば、期待するのは実現性に乏しい行為だということに気づき、やめられるはずです。

まとめ

自分の中での凝り固まった考え方が人に対する悪い意味での期待を生んでしまい、ストレスを抱えたり、相手との衝突を生んだりします。変に人に期待するのをやめれば、周囲の人間関係も円滑になり、今アナタが抱えている生きづらさが解消されるかもしれません。

今回ご紹介した内容を参考に、よい意味で人に期待しない生き方を実践してみてはいかがでしょうか。

Source: feely[フィーリー]
「人に期待しない」のメリット!心が軽くなる生き方のコツ