Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

優柔不断を直す!セルフチェックと改善策

優柔不断を直す!セルフチェックと改善策

優柔不断な人という言葉から、どういう人物像を思い浮かべるでしょうか。漠然とし過ぎていて具体的なことまではわからないという人や、どうして優柔不断と言われるようになったのか、要因までは知らない人もいるでしょう。

そこで今回は、

  • 世間の優柔不断に対するイメージ
  • 優柔不断度の自己診断に役立つ情報
  • 優柔不断を直す方法

まで、幅広く触れていきます。

優柔不断な人への世間のイメージ

世間一般の人が抱いている優柔不断な人のイメージは、お世辞にも良いとは言えません。はっきり意見を言えない、決断・行動が遅いといった特徴が災いしているのです。具体的にどんなイメージなのか、さっそく見ていきましょう。

頼りない

即断即決の人は、誰かに意見を求められたときにはすぐに、はっきりと自分の意見を言うことができます。一方、優柔不断な人は即答することができず、どこか曖昧さを感じるようなものの言い方をすることも少なくありません

そのため、意見を聞いた側は説得力や安心感を得ることができず、即断即決できる人のほうが頼りがいがあると思われがちです。

一緒に居てイライラする

優柔不断という言葉の意味には、ぐずぐずしていることが含まれています。似た者同士であれば、一緒にいてもテンポ感が同様のため、決断・行動の遅さは気になりにくいかもしれません。

これに対して、とくにせっかちな性格の人であれば、優柔不断な人と一緒にいるとイライラすることが多いでしょう。

仕事が遅い

決してサボっているわけではなく、完璧を追求するあまり仕事が遅くなってしまっているケースが多いのです。リスク・デメリットをできるだけなくし、ベストな結果を出そうと、必要範囲以上のところにまで手を出してしまっています。

一度はこうすると決断して動き出しても、すぐにまた迷い出して再考するようなことも珍しくなく、なかなか仕事が終わらないのです。

大事なことは頼めない

優柔不断な人は決断が遅いほか、人に委ねてしまう傾向があります。そのため、組織の先頭に立って周りを引っ張っていくような、中心的役割を担いたがりません。

リーダーの立場にある人には素早い決断力・行動力が要求されるため、優柔不断な人本人が自分が適任ではないことをよくわかっていると言えます。周りの人からしても、大事なことは任せられないというイメージを持っているのです。

優柔不断度セルフチェック

優柔不断と言われる人は自己評価が低く、物事のマイナス面にばかり注目しているような部分があります。以下の内容に当てはまるものが多いほど、優柔不断度は高いと言えます。

自分に自信がない

自分は無価値と思っていないでしょうか。この自信のなさが、人に何か意見を求められたときに、自分の発言など無意味と感じてしまい、意見を言えなくさせてしまうのです。

また、意見を言ったとしても、自分の発言を後悔してしまうことはないでしょうか。これも自信のなさからきているもので、該当する人は優柔不断度が高くなります。

失敗するのが怖い

何か決断・行動するときに、成功のイメージより失敗のイメージのほうが先行していないでしょうか。そして失敗のイメージが現実化するのに強い恐怖心を抱き、踏み出せなくなっていませんか。

そのネガティブイメージには失敗したときに責任を取れない・取りたくないという感情が含まれている人もいるでしょう。当てはまる人は、優柔不断度が上がります。

物事を考えるときは慎重

石橋を叩いて渡るということわざがありますが、叩き過ぎてしまってはいないでしょうか。いろいろ調べて検討を重ね、間違いない選択をしようとしていて、人に遅いと催促されたり、ほかの誰かに先を越されたりする。このような経験がある人、それも一度や二度ではない人は、優柔不断な人と思われている可能性が高いです。

周囲の評価が気になる

物事を判断するときに、周りからの評価を優先して考えるのが癖になっていないでしょうか。そして、周囲の評価を気にするあまり、ほかの人の意見を確認してからでないと判断を下せなくなっていると、優柔不断と思われがちです。

確認した結果、複数人の意見が対立している場合、全員の気を悪くさせたくないという意識が強く、余計に決められなくなってしまう人も、優柔不断度は高いと言えます。

考えすぎと言われる

周りに考えすぎと指摘された経験がある人は、優柔不断度が上がります。ほとんど気にしなくていいようなリスク・デメリットのことまで気にして決断を下せなくなることはないでしょうか。

また、何か決断を下したあとも、本当にこれで良かったのかと、いつまでも悩んではいないでしょうか。そんな様子を周りが見れば、考えすぎと言いたくなるのは無理もありません。

ネガティブ思考である

物事を何でも悪いほうに考えてしまうのが癖になっていないでしょうか。たとえば仕事中、協力しようかと善意で言ってきてくれた人がいたとして、その人が内心、自分を仕事がデキないダメ人間だと思っているといった具合にです。

良い出来事を悪い出来事にすり替える癖があるなどネガティブ思考の人は、優柔不断と思われてしまうような行動を取りがちなので気をつけなければいけません。

他人に頼るクセがある

自分で考え、決断し、行動に移す必要がないため、楽なことは楽です。しかし、何も自分で決めることができない、人に頼ってばかりいる無責任な人と、周りから評価されてしまうことにもなりかねません

すでに、そのぐらいのことは自分で決めたらと、呆れられた経験を持っている人もいるのではないでしょうか。

空気を読んだ発言をしがち

周りの自分の評価を気にするあまり、とってしまいがちなことです。自分から率先して喋ることはせず、発言を求められたときには、どっちつかずの態度で、当たり障りのないことしか言いません

また、相手の喋っていることに対しては肯定的なリアクションをとります。誰にでもいい顔をしているように見えて、八方美人のレッテル貼りをされてしまうリスクもあると言えるでしょう。

新しいことはしない

新たなことをスタートするには、決断をしなければいけません。周りも自分が新しくはじめたことに対して、何かしら評価をすることになります。優柔不断な人にとって、新しいことをするというのは、苦手とする要素が詰まっているものなのです

仮に何か新しいことを行うとしても、それは自分以外の誰かにそうするように言われたものであることが多いです。

争いごとは関わりたくない

優柔不断な人にとっては、争いごとにも苦手な要素が多いです。アナタはどう思うのかと意見を求められたり、どっちに付くのかと決断を迫られたりするのは、争いごとで見られるよくある光景と言えます。はっきりとしたことを言えないとそれはそれで責められるようなこともあるため、面倒なことには首を突っ込みたくないのです。

Yes/Noを他の人に委ねる

YesかNoかに限らず、二者択一の場面は日常生活の中でよく遭遇します。どっちを選択しても害のないようなことでも、周りに決断を委ねがちなのが優柔不断な人の行動と言えます

優柔不断を直す方法

ぐずぐずしてしまい、物事を自分で決断する能力に欠ける悩みを克服するには、飲食店でメニューを見るのは5秒以内にし、注文する癖をつけるなど、できることがいろいろあります。とくに押さえておきたいことを、ここではご紹介します。

毎日たくさんの決断をしていることを自覚する

優柔不断な人は、決して何も決められない人間ではないと思い、自信を持つことが大切です。

たとえば、朝起きてだるい、仕事に行きたくないなと感じても出勤している、これも決断のひとつです。責任感のない人は休んだり、そのまま辞めてしまったりして職場に迷惑をかけます。それに比べれば、仕事に穴をあけることをせず、正しい決断・行動ができているわけです。

食べ物や飲み物を自分ですぐに決める

物事を決断するスピードに磨きをかけたい人は、日々の失敗してもダメージの少ない場面で瞬時に決断するトレーニングをしましょう

たとえば外食をしたときに、発注するメニューを5秒で選択するというのも、決断力を高めるのに役立ちます。集中力や瞬発力に磨きがかかり、時間をかけなくても自分にとって良い選択ができるようになるのです。

迷ったときは直感を信じる

決断を繰り返していれば、成功をすることもあれば失敗をすることもあり、そのすべてが無駄になりません。直感に頼るような場面で、あてずっぽうではなく成功や失敗による経験・知識に基づいた決断ができるようになるのです

十分な成功・失敗の経験・知識がなくても、決断後に軌道修正ができるような物事であれば、直感を信じてとりあえずアクションを起こしてみるというのも良いでしょう。

買い物をするときは金額を決めておく

金額を設定せずにショッピングをする場合と、設定してショッピングをする場合とでは、後者のほうが買う物の選択肢が絞られます。さらに何を購入するのかまで決めておけば、迷ってしまう可能性はだいぶ低くすることができるでしょう。

選択は先延ばしにしない

選択の先延ばしはデメリットしかないと知ると、行動の仕方にも変化が出てくるでしょう

選択を先延ばしにすると、周囲から信用を失ってしまったり、重い腰がどんどん上がらなくなってしまったり、タスクが積み重なってしまて結局何から手をつけていいか迷ってしまうことになります。

まず一つ一つの選択を先延ばしにせず、すぐに決断して次に進むことが必要になってきます。

大事な決断をするときは情報収集と整理をする

自分の人生を大きく左右するような重要度の高い物事では、そうでない物事に比べ決断するのが難しくなります。無理に即断即決する、勘に頼る、本心ではなく人の目を気にして流されるでは、一生の後悔につながりかねません。自分が納得できる、適切な決断を下すための情報収集と整理をしっかり行いましょう

明確な自分の意見を持って決断を下すことができれば、優柔不断ではありません。ただし、100%を追求すると決断は阻害され、時間をかけ過ぎればチャンスを逃し、ピンチでは最悪の事態を招くことになります。そのため、選択はベストではなくベターに、決断に納期を設けるということは、すでに延べた通り大切です。

他人の意見との違いは気にしない

自分の決断・行動に対して、全員の賛同が得られないことのほうが多いです。必ずと言っていいほど反対意見を持つ人は出てきます。自分と意見が異なる人との関係悪化を避けたいと思っていると、何も決断・行動ができなくなってしまいます。

反対意見を言ってくる人は明確な根拠もなくやめておいたほうがいいなどと、無責任に言っていることも多いものです。自分の中で誰かの意見がどうしても引っかかるのであれば、内容を精査して、考えを変えるかどうか判断すれば良いでしょう。

まとめ

慎重であれば壊滅的な失敗はなく、人の顔色をうかがい相手に合わせていれば嫌われにくいでしょう。優柔不断な人には得と言える部分もあるのですが、はっきり意見を言わない、責任ある立場を避けたがり大事なことを任せられないなど、ネガティブなイメージがあるのもまた事実です。

頼りがいがある人になりたい人は、今回ご紹介した直す方法を実践してみてください。

Source: feely[フィーリー]
優柔不断を直す!セルフチェックと改善策