Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

月星座が獅子座の人の特徴はコレ!性格傾向・恋愛傾向まとめ

月星座が獅子座の人の特徴はコレ!性格傾向・恋愛傾向まとめ

月星座が獅子座の人は、自分の理想に近づくために努力をする野心家です。しかし、同時にロマンチックな一面も持ち合わせているので恋愛に関して情熱的な部分もあります。野心家と聞くと、あまり性格面が良くないのではないかと考える人もいますが、基本的に優しくて面倒見の良い人が多い月星座と言えるでしょう。今回は、

  • 月星座が獅子座の人の性格・恋愛の特徴
  • 月星座が獅子座の人と相性のいい月星座

を紹介します。

月星座が獅子座の人の性格傾向

獅子座の人は、12星座の中でもエネルギーや情熱に満ちていて、人生を楽しむ力に恵まれています。そのため、カリスマ性が高い人が多いです。こちらでは、月星座が獅子座の人はどんな性格傾向を持っているかを紹介します。

女性は優しく活発・男性は努力家で喜怒哀楽が明確

女性は優しく活発、天真爛漫な一面を持ち合わせています。自分では目立とうとはしていないにも関わらず、周囲が驚く才能を持っていて、得意分野では気づかないうちに目立っている場合があるのです。

月星座が獅子座の男性は努力家の人が多くいます。自分の理想のためなら、どんな努力も惜しまない性格の持ち主であり、感情面も喜怒哀楽が明確です。そのため、自分の機嫌次第で周囲への対応も変わってしまい、「気分屋」と言われてしまうこともあります

華やかでワクワクする人生を楽しみたい


月星座が獅子座の人は、華やかな人生に憧れを持つ人が多いです。自分自身がワクワクする人生を楽しみたいと考えるのです。注目されていなくても、自分が楽しい人生であればいいという、あくまでも周囲の評価を気にしないスタイルの人が多くいます。

カリスマ性のある野心家

野心家と言っても、月星座が獅子座の人は「自分が楽しめる人生」を送るためには、どうすればいいかと思考を巡らせるタイプ。地位や名声に執着があるわけではないため、周囲を蹴落として自分が名誉な地位に就きたいなど、そういったことは考えません。

しかし、周囲の評価を求めない姿は他の人には輝いて見えるもの。常に前を向いて、ポジティブに壁を乗り越えていく姿は魅力的です。「この人についていきたい」と思わせるカリスマ性を持っているのも獅子座の人の特徴でしょう。

リーダーとして能力を発揮する

月星座が獅子座の人は、優しくて面倒見の良い一面があります。そのため、周囲から頼られることも嫌がりません。むしろ、頼られることに喜びを見出す部分があり、リーダーになることで潜在的な能力を発揮します。理想に妥協をしない獅子座だからこそ、みんなを引っ張るリーダーに最適なのです。

人生にロマンを求め恋愛の比重が大きい


月星座が獅子座の人は、人生にロマンを求める人が多いです。ドラマチックな体験を願う獅子座にとって、恋愛は大切な要素です。ドラマにあるような偶然の再会など、日常的にはありえないシチュエーションに憧れる傾向があります。

そのため、例えば長く会っていなかった元恋人、好きだった人と年月を経て再会した場合などに、恋に落ちるケースも少なくありません。

創造力があり自己表現が上手

月星座が獅子座の人は、情熱家でエネルギーにあふれているため、創造力にもあふれています。熱い心や感動を形にしたい、人にも伝えたいという思いが強いのです。自己表現が上手なので、得意分野ほど輝くことができるでしょう。その輝きは獅子座の人だけではなく、周囲の人にも影響して「頑張ろう」という気持ちにさせてくれるのです。

正義感が強い

月星座が獅子座の人は、自分の中で確固たる正義感を持っています。悪いことは決して許せず、妥協もしません。権力にも屈しない正義感の強さを持っている人が多いため、部下や同僚からの信頼も厚いです。

月星座が獅子座の人の恋愛傾向


こちらでは、月星座が獅子座の人の恋愛傾向を紹介します。カリスマ性、野心家、ロマンチスト……。さまざまな一面を持つ獅子座はどのような恋愛を求めているのでしょうか。

ドラマチックな関係を求める

月星座が獅子座の人はロマンチストな一面があるため、日常的には起こりえないドラマチックな関係を求めます。逆を言えば、ありきたりな関係では退屈さを感じてしまうため、ドラマチックな展開になるように画策する場合もあります。

馴れ合いの関係は向かない

月星座が獅子座の人は、慣れあう関係は好みません。表面上は相手に合わせていても、どうしても嫌々感が出てしまうため、良好な関係を持つことは難しいでしょう。獅子座は喜怒哀楽の表現をはっきりしてしまうため「仕方ないから付き合っている」という感情が出てしまうのです。馴れ合いではなく心から信頼できる相手と関係を築くことを心がけましょう。

自分も情熱的になれる相手を求める

月星座が獅子座の人は、情熱的な恋愛を求めています。そのため、いざ熱くなれる相手を見つけると、一途にその人を求めがちです。

気をつけたいのは、たとえパートナーがいても、相手を見つけると浮気してしまう可能性があることです。ドラマチックな展開に弱い月星座でもあるので、パートナーがいても好きな相手を作るという非日常の展開に刺激を求めてしまう場合があるのです。

相手の社会的な地位や外見は拘らない

月星座が獅子座の人は、基本的に相手の社会的な地位や外見にはこだわりません。昔からある言葉ですが、典型的な「好きになった人が好きなタイプ」なので、周囲が羨む地位にいる人、すごくカッコイイ人、もしくは美人な人じゃないと嫌だということはないのです。

地位や外見に関する条件はありませんが、獅子座は理想が高い人も多いので、自分を支えてくれる人、常に刺激を与えてくれる人など少々難しい条件を出してくる場合もあります。

寂しがり屋で自分も特別な存在として情熱的に愛されたい

月星座が獅子座の人は情熱的だと言いましたが、その理由の一端に「寂しがり屋」ということがあります。寂しがり屋だからこそ、相手に自分は特別な存在なのだと認めてもらいたい、情熱的に愛されたいという願望を抱いてしまうのです。

月星座が獅子座の人と相性のいい月星座3つ


こちらでは、月星座が獅子座の人と相性がいい月星座を紹介します。どんな人にも相性が良い人、悪い人は存在します。獅子座はカリスマ性が高い分、相性が強く影響します。

牡牛座:性格は正反対だが価値観が似ていてストレスが少ない

牡牛座は穏やかな性格の人が多く、基本的に獅子座とは正反対の性格を持っています。そのため、相性は良くないと考える人もいますが、性格こそ正反対であっても、価値観自体は似ているのです。

獅子座はプライドの高い人が多いため、価値観の違う人と一緒にいることを苦痛と感じます。しかし、価値観が似ている牡牛座の人はストレスなく過ごせる数少ない相手と言えます。

天秤座:平和主義で慎重なため獅子座を受け入れ安心できる関係

天秤座の人は平和主義で慎重な性格の人が多いため、奔放なところのある獅子座をしっかりと受け入れて、お互いを支え合う関係を築くことができます。獅子座にとって、天秤座の人は背中を任せられる相手と言っても過言ではないのです。

射手座:挑戦やワクワクが好き同士で楽しさが倍になる


射手座の人は、挑戦やワクワクすることが好きな性質を持っていて、根底部分が獅子座と似ています。お互いに挑戦やワクワクすることが好きなため、ふたりで行うことによって楽しさも倍増します。ひとりでは無理だったこともふたりで行えば更なる高みを目指せるようになるのです。

まとめ

今回は月星座が獅子座の人について紹介しました。獅子座の人は、カリスマ性を持ちやエネルギッシュで情熱的な性格。さまざまな分野で活躍できる素質を持っています。

ときには正直すぎて失敗してしまうこともありますが、素直で努力家な性格は周囲からも好かれやすいでしょう。長所や短所、相性の良い相手を把握して、獅子座の性質と上手に付き合っていってください。

Source: feely[フィーリー]
月星座が獅子座の人の特徴はコレ!性格傾向・恋愛傾向まとめ