Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

水星人マイナスの性格傾向は?恋愛傾向や霊合星人も紹介

水星人マイナスの性格傾向は?恋愛傾向や霊合星人も紹介

自分の運勢を知りたいときに行うのが占いです。六星占術も、そんな占いの中のひとつとしてあげられますね。

六星占術においては運命を占う6つの星それぞれに意味があり、生年月日より割り出されます。さらに特殊な星や、干支から割り出すプラスとマイナスが加わり、星同士が複雑に絡み合っているのです。

そんな六星占術の星の中でも、水星でマイナスの運を持つ人に注目して掘り下げていきます。自分自身や周りに該当する人がいたら、参考にしてみるとよいでしょう。

水星人マイナスの性格傾向

六星占術には、運命を司る6つの星があります。水星・金星・火星・木星・土星・天王星がその6つで、それぞれが表す性格や運勢に独特の特徴があるのです。加えて特殊な星の霊合星人や、陰と陽を意味するプラス・マイナスによっても運勢が分岐します。

星の特徴を知れば、それぞれの星との関わり方も変わっていくでしょう。ではこの中の水星人マイナスとは、どんな性格の持ち主なのでしょうか。確認していきましょう。

天下取りや起業家が多い星

自分が思い描いた構想を実現したいと考え、行動を起こしていきます。このような思いを早い段階から持っているので、実際に行動に移すのも早いでしょう。

若くして起業する人が多いことも、水星人マイナスの特徴としてあげられます。日本の武将や、現在世界で活躍している起業家なども水星人マイナスが多いようです。

冷静でありながらも構想に対する思いは熱く、静かに邁進していきます。自分にとって納得のいく仕事を見つけるまで、職を転々としてしまうこともあるでしょう。そうしたことから、就職しても長続きしない場合があるかもしれません。

頭の回転が速く第一印象がよい

どんなところに自分にとっての利益があるかを、常に探しています。それだけに、人とも積極的に関わっていこうとするでしょう。

接し方もニコニコ笑顔で、人が気軽に話しかけやすい雰囲気を自然に醸し出せます。また機転も利き、状況を瞬時に判断して適切に行動することができるでしょう。

損得で行動を起こすこともあり、自分が相手に好印象を持ってもらうようなことをしていきます。相手も、そんな水星人マイナスに悪い印象を持つことはないでしょう。

冷めていて孤独感がある

相手によって態度を変えたりせず、フラットな対応をします。頭の回転が速く、話し上手でユーモラスなため、友達も自然と集まってくるでしょう。

しかしその実、周りにどんなに多くの人がいても、何となく孤独を感じてしまうことがあります。相手や物事について自然と察知してしまうがゆえ、寂しさが生まれてしまうのかもしれません

また物事を冷静に見ることから、どうしても自分は自分、他人は他人と割り切ってしまいがちです。こうしたことも寂しさを感じる要因となっています。

かといって、それほど深く寂しいとは思わないでしょう。自分自身と対話することも嫌いではないため、クールに判断する能力に磨きをかけていきます。

たまに情に厚い

利己的で冷静なのが水星人マイナスです。しかしながら、意外にも人を見捨てることができない一面も持ち合わせています。ほかの人なら助けてあげられそうにない困難な状況でも、何とかしてあげようと努めるでしょう。

孤独を知っている水星人マイナスだからこそ、相手の気持ちを理解できるのかもしれません。ときに人を手助けすることで利己的な部分がカバーされ、いい人だと思われることもあるでしょう。

束縛を嫌い自由な環境で能力を発揮する

平静でありつつ、経験と知識によってさまざまな方向から物事を見定める能力があります。周りの言葉に左右されることなく、独自の力によって物事を進めたがる傾向があるでしょう。

それゆえあれこれと指示されたり、がんじがらめにされたりすることを嫌います。思ったように行動できないと、持って生まれた能力を活かすことができないでしょう。

自分の目で見たことや感じたことから物事を判断するため、誰かに頼って物事を成そうとしません。自分の判断で自由に動けるような立場に立つと、力を発揮できるでしょう。

知的で自立心が強い

物事の見方が多彩かつ冷静で、先を見通す力を持っています。そうした面から、誰かに頼ろうとせず独り立ちしようとする人が多いようです。

周りの意見や環境に振り回されることはありません。自分の思いがあれば、平然とそれに従います。束縛が嫌で自由が欲しくて、早くから親元を離れてしまうこともあるかもしれません。

怒りっぽい

クールが特徴の水星人マイナスですが、意外と短気な部分も持っています。自分の思ったことに反することがあれば、瞬時にカッとなって怒ることもあるのです

勢いで怒るのではなく、心は熱くとも冷静に怒るので、とてつもない迫力があります。怒りをぶつけられた相手は、ひどい恐れを感じてしまうのではないでしょうか。とはいえ、怒った後はすぐに冷めて引きずらないのも水星人マイナスの特徴です。

自分の得やチャンスを常に考えながら行動する

目の前にある事柄を観察し、自分の得になるかどうかを瞬時に判断して行動を起こします。どこに利益につながることが転がっているかわからない、という考え方をしているのです。

すべてを自分のチャンスにできるように、常にどんなことでも見逃さないようにしています。そうしたことから、人と接しているときの状況や置かれている状況なども、冷静に見ているかもしれません。的確にチャンスを掴んでいく人だといえるでしょう。

利益が絡むと世渡り上手

自分にとって利益があるかどうかなど、損得勘定で行動することが多いようです。加えてトラブル解決などの手助けだけではなく、相手が望むことをさらっとできるのが水星人マイナスの特徴ではないでしょうか。

相手に認められて、自然と利益につなげてしまう能力を持っています。自分に得があると判断した場合、相手の心情を捉えて上手にふるまうことができるため、信頼されることも多いでしょう。

そんな能力から、接客業など相手の心の掴む仕事が向いているといわれることがあります。

水星人マイナスの恋愛傾向

知的で利己主義な水星人マイナスは、果たしてどんな恋愛をしていくのでしょうか。ここでは、そんな水星人マイナスの恋愛傾向について紐解いていきます。恋愛するうえで参考になれれば幸いです。ぜひ確認してみましょう。

恋多き恋愛体質

どんな人ともクールに付き合える水星人マイナスは、異性から受けがよい傾向にあるようです

冷静でありながら、求めることを相手側から発せずとも自然に行ってくれます。要求を瞬時に判断して行動に移すことで、相手を魅了していくのです。醸し出す大人な雰囲気も、相手が虜となるのに拍車をかけるでしょう。

相手に固執することをせず、束縛されることも嫌いです。縛られることを嫌うため、好きになると自らどんどん行動していきます。

そのため、ときには同時進行で複数の恋愛をしてしまうこともあるでしょう。愛を独占することは難しいかもしれません。しかし相手が同じような恋愛を好む場合は、付き合いを継続することができるでしょう。

40代以降に家庭に興味を持つ

水星人マイナスは、年齢と共に物事の見方や考え方に変化が現れるかもしれません。

若いときは、物事だけでなく恋愛でもクールな面が強く出てしまいます。恋愛は長続きせず、上辺だけの付き合いになりやすいでしょう。しかし、年齢を重ねてさまざまな経験をするにつれ度量が大きくなり、相手に対する見方が変わっていくかもしれません

人生の半ばを過ぎた頃には、異性との深いお付き合いを意識するようになるでしょう。こんな人となら家庭を持ってみたい、と思う機会も増えるのではないでしょうか。

水星人マイナス霊合星人の性格傾向

霊合星人とは、星の対極側にある星の影響を受けてしまう特殊な星に当たる人のことです。霊合星人かどうかを知るためには、生年月日の干支を確認しましょう。

水星人マイナス霊合星人は、対極の星である火星人の特徴も兼ね備えています。では一体、どのような性格なのでしょうか。ここでは、水星人マイナス霊合星人の性格傾向について紹介しましょう。

火星人の情熱的な部分が混ざりギャップが生まれる

メインの運勢は水星人マイナスですが、サブに火星人が加わります。冷静沈着で物事を正確に捉える性質を持ちつつも、思いつきで行動を起こしやすい傾向があるでしょう。

一見すると、深く考えながら動いているように見えます。しかしサブの火星人の影響で、思いもよらないこと考えたり、行動を起こしたりするのです。

こうした行動によって、親しみやすくキュートで愛嬌のある人として見られるのではないでしょうか。一方で、ときに何を考えているのかわからない人と思われることもあるかもしれません。

家庭運が強く結婚後相手の家族ととても親密になる

水星人マイナスは束縛を嫌い、結婚をするよりも多くの恋愛をすることを好む傾向があります。ところが火星人の性格が混ざると、寂しさから家庭に温かさを求めるようになります。

結婚後は家庭を大切にし、結婚相手の家族とも進んで仲よくなろうとします。双方の両親とも親交を深め、円満な家庭を築いていくことができるでしょう。

まとめ

雰囲気はクールでありながらも、心の奥底では静かな情熱を持っている人であるといえます。

物事を進めたくとも、若いときには思うように進まないことがあるかもしれません。しかし、水星人マイナスは運を掴み取っていく能力に優れています。どんな些細なことでも、縁やチャンスにつなげていくことができるでしょう。

焦らず自分のペースで判断し行動していくことが、よい運に結びつく鍵となります。そうすれば、思い描く構想の実現に近づくことができるのではないでしょうか。

Source: feely[フィーリー]
水星人マイナスの性格傾向は?恋愛傾向や霊合星人も紹介