Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

自分がわからないと悩む理由と対処法

自分がわからないと悩む理由と対処法

自分がわからない状態に陥ってしまうと、相手に合わせるだけになる問題や、自分の行動に自信が持てなくなる問題、行動自体起こせなくなる問題などが起こり得ます。

今回は、

  • 自分がわからないと悩むとき
  • 自分がわからないと思う心理
  • 自分がわからないときの対処法
  • 自分がわからないときにするべき行動

をまとめました。

自分がわからないと悩むときってどんなとき?

このままでは良くない、変わらなければいけないと思うときや、人生で大きな決断を迫られるときがあります。こうした場面でどうすれば良いのか、自分がわからないと悩んでしまう人が少なくありません。具体的なケースを3つご紹介しましょう。

同じ失敗を繰り返しているとき

仕事で以前したミスをまたしてしまうということが続くと、自分はダメな人間だとすぐに落ち込んだり、いつまでも引きずったりしてしまいがちです。ミスを恐れるプレッシャーでさらなるミスを招くこともあり、この体験から自信が喪失して自分がわからなくなっていることがあります

生き方に迷っているとき

就職や転職、結婚や離婚など、自分の人生を大きく動かすイベントはいろいろとあります。どう進むか決断しなければいけなくなったときに、自分がわからない状態に陥ってしまう人が少なくありません。これからどう生きて行くべきか、自分には何が向いているのかを考えることをしなければなりません。

毎日が単調な繰り返しになっているとき

同じことをこなすだけの日々を過ごしていて、自分がわからない状態になってしまうこともあります。毎日同様のことの繰り返しだと、単調な生活にメリハリがなくなりやる気の喪失や希望がなくなってしまいます。退屈すぎて何の感情もわいてこなくなってしまった結果、脱け出そうにも自分がどうしたいのかなど、何も考えられなくなっていることもあります。

自分がわからないと思う心理は?

自分に対して否定的な心理状態に陥っているために、自分がわからないことで悩むケースが多いです。たとえば何を挙げることができるのか、以下に6つまとめましたので、さっそく見ていきましょう。

自分がすべきことがわからない

自分がどのような形であれば世の中や人に対して貢献できるのかわからない、自分の将来像が描けない、今なにをやりたいのかもわからないという問題を抱えてしまうことがあります。自分で考え、行動することができなくなっていて、たとえば仕事でも大きな目標を持てず、指示待ち状態になっている人も少なくありません。

自分の価値を認められない

実際にはそうでないのに、自分に対する評価が著しく低く、ちっぽけな存在であると思い込むのも自分がわからなくなる心理です。周囲が自分の価値を認めてくれていたとしてもです。褒められているにもかかわらず、自分のことのように受け止められない心理状態に陥っている人もいます。

自分の行動がこれでいいか不安になっている

自分がわからないことで悩む人の中には、何か自分で決めてとった行動があったとしても、それが間違っていないかという心理状態になってしまうことがあります。行動するにあたってどうせ失敗するだろうと思っている人や、行動を起こしたあとは失敗に恐怖するあまりパニックになってしまう人もいます。

感情を押し殺して生きている

自己主張したところで却下されてしまう、自分を出せば嫌われてしまうのではないかという心理状態になり、感情を押し殺して生きてきた人も自分がわからなくなってしまいます

その結果、自分がわからない状態になっている人もいるのです。日々、まわりに合わせるしかなく我慢する場面が多いため、ストレスを抱え込みやすくなります。

他人が引いたレールを歩いているだけと思っている

まわりが示してくれた道を歩むだけの人生を受け入れた結果、自分がわからない状態に陥っていると認識している人もいます。人生において重要度の高いイベントで自分で考え、行動してきた経験が不足しているため、誰かがお膳立てしなければアクションに移ることができなくなっているのです。

自分が無個性だと思っている

自分のことを普通・平凡と思い込んでいるために、他人とどういう違いがあるのか、自分がわからない状態に陥っている人も多いです。多くのことにチャレンジすれば個性は磨かれていくものですが、自分がわからない人は完璧主義者のことが多いです。極端に失敗を恐れ、周囲の目を気にして一歩踏み出すことができません。

自分がわからないときの対処法:自己分析編

ノート 女性

自分がわからないのが悩みの人は、これまで自分としっかり向き合ってこなかったせいでそうなっていることもあるでしょう。自分がわからないときの対処法として、簡単にできる自己分析の仕方を解説します。

日記をつけてみる

日々の出来事や感じたことなどを綴っていくと、自分に関する情報が少しずつ積み重なっていきます。何が得意で苦手なのか、何が好きで嫌いなのかなどが、日記を通じてわかるようになるのです

失敗ばかり書かず、上手くいったことを無理やり探してでも書く癖をつけると、あとで読み返したときに自己肯定感を高めることに役立つためおすすめです。

自分の生きてきた歴史を振り返る

本当の自分を知るためのヒントが隠されているかもしれないため、自分史を作ってみるのも良いでしょう。自分の歴史を時系列でたどることによって、何らかの理由で諦め、いつしか忘れてしまっていた、実はやりたかったことなどが出てくるかもしれません。

趣味や価値観を考える

何をやっているときに楽しめるのか、物事に対して何に重きを置いているのか、自分と向き合い、理解につなげてみましょう

自分が熱中している趣味や、いいなと思う価値観に対して、なぜ自分がこんなに熱中して、いいと思うのか考えることで、自分の中にある本当の気持ちや価値観を知ることができます。

やりたいこと・やりたくないことを書き出す

頭の中がごちゃごちゃし過ぎているために、自分がわからない状態に陥っているケースがあります。自分がしたいこと、したくないことをリスト化すれば、頭の中を整理することができます。

やりたくないことを排除し、やりたいことをやれば、本来の自分を取り戻すことにつながるでしょう

自分がわからないときの対処法:行動編

女性

自分を労わる、優先する行動をとることによって、自分がわからない状態に良い変化が起こる可能性があります。また、自分だけで解決が難しければ誰かに頼る手もあります。行動による自分がわからないときの対処法を集めました。

自分の時間を作る

仕事、家事や育児、恋愛といった具合に毎日を忙しく過ごしていると、周囲の影響を受ける中で自分で自分がどんどんわからなくなっていくことがあります。

そのようなことになるのを防いだり、自分を取り戻したりするために、日常生活の中で自分自身と向き合える、一人になれる時間を確保しましょう

何もせずに休む

何をすればいいのか考えつかない状態で、何かしなければと焦りを感じてジタバタしたところで、物事は少しも解決に向かわないことが多いです。

相当に精神的疲労ストレスが溜まっていると考えることができるため、何もせずに休むことによって、心の余裕を取り戻しましょう

今まで避けてきたことを試す

普段の生活の中で、他人の目を気にして避けてきたことはないでしょうか。その避けてきたことが、自分がわからない状態へと追い込んでしまっている可能性大です。

嫌われる、馬鹿にされる、恥ずかしいといった考えは捨てて、思いきって試してみることが、現状の打破につながります

周りの人に相談してみる

信頼の置ける人と話をすることによって、自分で自分がわからない状態を脱出できるかもしれません。物事を客観視できて、的確なアドバイスをくれる人に相談できれば、悩みが一気に解決に向かうこともあります

また、相談相手も同じ悩みを持っていた場合、自分だけではないという安心感が得られるでしょう。

まとめ

自分で自分がわからない状態を放置していると、本当の自分なら得られたはずの幸せを逃してしまいます。現状の自分に満足できず変えたいと思っている人は、ここでご紹介した自己分析や行動で悩み解決を目指しましょう。

Source: feely[フィーリー]
自分がわからないと悩む理由と対処法