Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

平均体重なのになぜ…!?「太って見える」原因4つ

平均体重なのになぜ…!?「太って見える」原因4つ

「ぽっちゃり女子」と思われてしまう原因はここにあった!

「体重的には至って平均なのに、なぜか太って見えてしまう…。」「ダイエットを頑張っているのに、見た目が全然スリムにならない…。」

こんな悩みを抱えている女性は少なくありません。

さて、実際には太っていないはずなのにぽっちゃりに見えてしまうのは、一体なぜなのでしょうか。

その原因を知って、ぽっちゃり女子の印象を払拭しちゃいましょう!

服のサイズがあっていない

着ている服がオーバーサイズすぎてぶかぶか。または、サイズが小さすぎてぴちぴち。

このようにサイズがあっていない洋服を着ている女性は、実際の体重よりも太って見えてしまいます。

自分の体型に自信がないと、つい大きめの洋服で体のラインを隠してしまったり、見栄を張って無理やりSサイズの洋服を選んでしまったりしますよね。

しかしこれは逆効果です。痩せ見えするには、ジャストサイズの洋服を選ぶことが重要ですよ!

膨張色を好んで着ている

白のニット×パステルカラーのスカートなどの膨張色のコーディネートも、ぽっちゃりに見えてしまう原因のひとつです。

膨張色は、他の色を押しのけて前に出てくるように見えるという特徴があります。

ワンポイントとして取り入れるのは良いとして、全身淡い色になるようなコーディネートは極力避けた方が良いでしょう。

少しでも細く見せたい女性は、黒やネイビーなど、シャープではっきりした印象を与えるような色の洋服を選ぶことをおすすめします。

顔や手首足首などのむくみが強い

顔や首、手首、足首など、洋服から出ている部分がむくんでいると、太っているように見えてしまいます。

生理前や暴飲暴食をした次の日に鏡を見ると、「昨日までと明らかに違う!太った!?」と焦ってしまいますよね。

しかし、これは実際に脂肪がついているわけではなく、体が水分を溜め込みむくんでいるだけなのです。

洋服で隠れる部分に脂肪がついていても、出ている部分がスリムであればぽっちゃりという印象にはなりません。

お風呂に入ってマッサージをする、リンパを流すなど、むくみを解消することで痩せ見えが叶うかもしれません。

骨太で骨格がしっかりしている

骨格がしっかりしているがっしりした体型の女性も、体重ほど痩せているようには見えません。

そのため本人も「もっとダイエットを頑張らなくちゃ!」と自分を追い詰めてしまいがちですが、過度な減量は危険なのでやめましょう!

このタイプの女性は、着る洋服を考えるだけでかなり見た目がスッキリします。

薄めの生地よりもしっかりした生地を選ぶ。膝下スカートでひざの関節を隠す。ワイドパンツで足首だけ見せる。長めのカーディガンで縦のラインを意識する。太めのヒールやボリュームのある靴を選ぶ。

こうしたポイントに気をつければ、しっかりとした骨格もそれほど目立たなくなりますよ!

工夫次第でスリムな女性に早変わり!

そもそも人の体重なんて、誰も気にしてはいません。

体重が重めの割に痩せて見える体型と、体重が軽い割に太って見える体型であれば、多くの女性は前者の方が良いと答えるのではないでしょうか。

人はそれぞれ骨格が違うので、やみくもに体重を落としたからといって誰でも素敵に見えるとは限りません。

重要なのは、自分の体の特徴をしっかり把握して、その体型にあった洋服を着ることです。

ぽっちゃりに見えてしまう女性は、ちょっとした工夫をするだけで印象を変えることができます。

無理なダイエットをする前に、今回ご紹介したポイントを参考に自分のスタイルを見直してみてくださいね!

Source: feely[フィーリー]
平均体重なのになぜ…!?「太って見える」原因4つ