Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

遠距離恋愛から結婚までいきたい!成功確率を高めるマル秘手段とは

遠距離恋愛から結婚までいきたい!成功確率を高めるマル秘手段とは

遠距離恋愛とは、お互いを愛する気持ちが障害を設け、本気であるのかどうかを試そうとしているのです。この遠距離恋愛という局面を乗り越え、結婚に結び付けるためのコツを実践してみましょう。遠距離恋愛から結婚へと発展させるためには、様々な壁をふたりで壊し、ゴールへと辿り着かなければなりません。そこにはふたりの幸福が待っています。

遠距離恋愛を成功させるためのポイント

遠距離恋愛を成功させ、結婚に結び付けるためには、お互いの心と心を結びつけておく必要があります。そのことはそう難しいものではありません。そのポイントさえ、抑えて行動すれば自然にふたりの仲は深まっていきます。

定期的に連絡をする

会いたいときに会えないということが遠距離恋愛では問題視されます。そのため、心と心の距離をより近づけさせるためには、定期的な連絡が必要となってきます。この定期的な連絡が存在しないと、次第に心が離れていってしまいます。

連絡する頻度は個人差が存在しますが、お互いに負担とならないようにするのがポイントとなります。毎日、連絡をしてしまうと、負担になってしまいますし、途切れたときには喧嘩になってしまう可能性があります。すぐに会話が途切れても良いですから、2~3日に1回ぐらいの頻度で良いのではないでしょうか。

気持ちの余裕が存在する場合は、1週間に1回でも構いません。日常的に変化が存在せず、話すことが無いときでも、シンプルにそのままの事実を伝えることも実は、重要なポイントです。「継続は力なり」という言葉が存在するように定期的に連絡することが非常に大切です。

顔を見て話す


いつもは遠く離れて暮らしているわけですから、会ったときにはお互いの顔を見て話すことも遠距離恋愛を成功させるポイントとなります。相手から目を背けて会話をするようであれば、もう、心は離れていると受け取られても仕方がありません。

ゆっくり話したいときなどは、テレビ電話で顔を見て話すことも必要となるでしょう。頻度が高くなってくると、次第に新鮮味が無くなってしまいますから、時間があるときに時々、活用することが賢明です。久々に顔を見て話すのですから、見た目に気を遣いつつ、表情豊かに話すことが相手に不安を与えないポイントです。遠距離恋愛を妨げるものは不安です。その不安を少しでも与えないようにすることが求められます。

男性心理まる分かり!しぐさで見分ける「好意のサイン」とは?

隠し事をしない

隠し事があり、それが発覚してしまった場合、関係性は必ず、こじれてしまいます。遠距離恋愛の場合、あえて言わなくても良いことまで包み隠さず、話してしまうことで、信頼というものを得ることが可能となります。余計な心配を掛けたくないから、話さないという事実もひとつの優しさと言えますが、遠距離恋愛は、普通の恋愛と違うスタイルです。

小さなことでも正直に話した方が良いですし、逆に隠したりしない方が良いかもしれません。大きな隠し事は厳禁です。どう話した方が良いのか迷っている場合、先延ばししてしまうと、いつの間にか隠し事のような気分になったりします。相手が気付いて、追求されてしまうと、恋愛関係が破綻してしまう可能性もありますから、隠し事は無くすようにしましょう。

信頼する


遠距離恋愛において、お互いを信頼するということは必要不可欠です。お互いに抱いていたほんの小さな疑念が大きく変化してしまうと、恋愛関係は終焉へと向きを変化させます。信頼するということは自分に出来る唯一のことではないでしょうか。強い信頼関係がふたりの関係を昇華させることになります。

お互いに信頼をすることで重要なポイントは見返りを期待しないということです。自分が相手を信頼しているからと言って、相手が自分を信頼しているとは限りません。信頼度をアピールし過ぎてしまうと、相手にとっては、予想以上のプレッシャーを感じてしまいます。

そうなってしまうと、遠距離恋愛そのものが負担となってしまいます。信頼はアピールするための手段ではありません。気付いてもらう感情の一部です。時間が経過すると、相手に伝わりますので、まず、相手を信頼してみましょう。

遠距離恋愛を乗り切るコツ

遠距離恋愛というスタイルはふたりが離れて生活していることがベースになるため、気苦労が絶えません。しかし、その気苦労のあまり、恋愛関係が破綻してしまうことが多々、存在します。そうならないためにも、遠距離恋愛を継続するコツを覚えておきましょう。

遠距離恋愛は浮気されやすい?男性心理とチェック方法を紹介

嫉妬をしない

嫉妬という感情は誰の心に存在する感情のひとつです。しかし、プラス的要素を含んでは使用されません。むしろ、マイナスの意味として、使用される言葉です。遠く離れて暮らしていると、愛おしさのあまり、相手のことを考えてしまいがちですが、メールの返信が遅くなったりした場合や、電話がつながらなくなった場合でも、すぐに浮気と思い込み、嫉妬しないことが非常に重要です。

自分だけの思い込みで浮気を疑われたりしたら、相手側も上手く対処することが出来ない事態に追い込まれます。大切なことは嫉妬せずに、相手の立場も思いやることです。離れているからこそ、強く信頼しないといけません。嫉妬するという行動は相手を束縛してしまうことにも連結してしまいます。

束縛を強めてしまうと、自由に行動することが制限されてしまいます。そうなってしまうと、自分本位の恋愛となってしまい、本当の意味での恋愛とは言えなくなってしまいます。嫉妬をせずに大きな心で接することが大切です。

彼氏に嫉妬しない女性になりたい!克服方法はあるの?

将来の約束をしっかりする

遠距離恋愛をする際に必要なものがあります。それは、ふたりだけの将来の約束です。約束を交わさずに遠距離恋愛を始めてしまうと、わだかまりやとまどいという感情の揺れが大きく心を蝕んでいきます。それはいずれ、不満となり、ふたりが思い描いた未来を変化させていきます。そうならないために、将来の約束をしっかりしておくことが大切となってきます。

約束と言っても、堅苦しく考える必要はありません。ただ、遠距離恋愛は、お互いの存在が離れていることがふたりの将来を不安にさせてしまいます。このまま、遠距離恋愛を続行しても良いのか、という疑念も生まれるかと思います。そこで、将来の約束をしっかりと交わすことで、モチベーションを生まれさせることが良いでしょう。

具体的な約束はプレッシャーとなってしまう可能性が存在するため、注意が必要です。この遠距離恋愛を乗り切ることが出来たら、結婚しようというふたりの希望が凝縮された約束があれば、それに向けて、頑張るという感情が生まれます。将来の約束はふたりのモチベーションとなり得るのです。

お互いの親に紹介する

遠距離恋愛に限定されずに、恋愛相手を自分の親に紹介したいと思うのは当然です。違う側面から考えてしまうと、相手の両親に会うとなると、少し、堅苦しさを覚えてしまいますが、真剣にふたりの未来を考えているのであれば、自分の親へはしっかりと紹介しておく必要があります。

自分が大切に思っている人ですから、親へ紹介してもおかしくはありません。同時に相手の親へも紹介してもらいましょう。今後、遠距離恋愛で何か行き詰まった時にも、力を借りて、良い方向へと進めるかもしれません。このような場合のために、しっかりと相手の親にも気に入られる努力をしましょう。

自分の家庭とは違う雰囲気を感じてしまうかもしれませんが、そこは我慢してみましよう。自分の子供にはこの相手がベストだと思わせるのがポイントとなります。お互いの親に紹介するということはふたりの明るい将来に向けての第一歩ということが出来ます。

外国との遠距離恋愛から結婚する秘訣

国と国の国境を越えての遠距離恋愛は離れている距離も遠く、実際、会う回数も制限されてきます。その中で結婚へとふたりを導くためにはお互いへの愛情を濃密に表現することが求められます。秘訣を守り、結婚というゴールに向かって進みましょう。

愛情表現をたっぷりする

日本人は感情表現が存在しないと、よく、外国人から指摘されることがあります。感情表現を苦手としているわけですが、感情表現をすることは格段、悪いことではありません。特に遠距離恋愛の場合、会いたいときに会えないという特質上、愛情表現をたっぷりすることが重要となってきます。

愛情表現を感じられないと、それらが不満となり、破局してしまう原因となってしまうからです。ただ、一言、愛していると伝えるだけでも構いません。羞恥心やきっと伝わるといったような願望として解釈するのではなく、言葉が持つ力を意識して、相手に伝えることに努めましょう。遠距離恋愛においては、察して欲しいという愛情表現は適していないと推測することが大切です。

ストレートに好きとか愛しているといったシンプルな愛情表現を多用することで、お互いへ抱く気持ちは恒久的に変化しないものであることを再確認することが大切です。何度もそれを確認していくことで、お互いの心にゆっくりと結婚したいという想いが浸透していきます。お互いを愛していることが普遍的になれば、それで良いと言えるでしょう。

できる限り直接会う

海外との遠距離恋愛をしている場合は、できる限り、直接、会うことをおすすめします。テレビ電話で話していても、現実、相手は自分のそばにはいません。やはり、直接会うことで、近況や愚痴を言い合うといったスキンシップが大切です。海外に相手が住んでいるのであれば、すぐに飛んでいき、会いたいといったところですが、現実は、渡航費や飛行時間など様々な障害が明るい未来を阻んできます。

海外の相手とは、半年から1年の間に1回程度、会うようなペースが現実的な頻度となります。直接会い、会話を重ねることで愛情が更に深まっていくことになります。愛の言葉は惜しみなく使用し、楽しむことがポイントです。少ないと言える時間の下で、どれだけ自分が相手を必要としているかを伝えてみましょう。直接会うことでしか伝えられない自分の気持ちを伝えることで、結婚への道を歩んで行くことは確実となるでしょう。

敢えて手紙を書く


どの時代においても、手紙は相手の心に響きます。利便性が伴うこの時代においても、その効果は留まることを知りません。手紙に書く内容は、特別なことでなくても構いません。何気ない自分の日常を文面に表現するだけでも、効果が期待出来ます。海外であれば、手紙の存在、そして、その筆跡から相手の存在を感じることが可能ですし、感情のもつれから喧嘩をしても、仲直りする際のツールとしても、使用することが可能となります。

遠距離だからこそ、実感出来る手紙の魅力を使用することで、手紙に救われるという場面も多くなってくると思います。面と向かって伝えることの出来ない気持ちは手紙であれば、伝えることは可能です。遠距離恋愛では、距離が離れている分、自分の気持ちを伝えることが非常に大切となります。お互いに常に一緒にいたいという想いを書き綴っていけば、寂しさが募り、結婚を強く意識するようになってくるでしょう。そうなれば、進むべき道はひとつです。

遠距離恋愛でのNGとは

遠距離恋愛で焦ってしまうことは理解出来るのですが、その焦りのあまり、やってはいけないことをやってしまうと、恋愛関係そのものが破綻してしまいます。そうなってしまっては、現在までの積み重ねた感情がすべて無意味になってしまいます。遠距離恋愛においてのNG行動は案外、たくさん、あります。

余裕がない

相手の気持ちを確認、そして、駆け引きをすることはNG行為となります。相手側に心の余裕が存在していないと、相手側にしてみれば、重たい存在となってしまいます。そのためには、相手がすべてという生活を送るのではなく、仕事や趣味、友達関係など相手がそこにいなくても困らない自分だけの世界を持つことが大切です。

心の余裕があれば、普段の連絡でも必要以上に愚痴ることも無くなりますし、相手が落ち込んでいても、優しくフォローする余裕が出てくるはずです。そんな自分でいることが遠距離恋愛を長続きさせることにつながります。

隠し事をする

隠し事をすることということは、やましいことが存在する故に隠すということであり、相手側にしてみれば、不信感しか募りません。相手に不安を与えるようなことはしないことが大切です。隠し事が発覚してしまった場合、通常の恋愛であっても、関係性にそれなりの影響を及ぼすでしょう。

離れて恋愛を育んでいる以上、どうしても、疑いやすくなってしまうのは否めませんが、それを許す心の広さを持っておきたいものです。普段から言わなくても良いことを包み隠さずに話すという習慣を持っていれば良いのではないでしょうか。そこから、愛情に必要不可欠な信頼関係が生まれていきます。

知らない人の話をする

遠距離恋愛というスタイルは、独特の雰囲気を醸し出していますし、お互いの生活環境が大きく異なっていることが特徴のひとつです。その影響により、お互いの生活環境が新たに築かれていくことになります。

しかし、自分が知らない環境で知らない人と親密になっていくことは、猜疑心を持たれることにつながりかねません。孤独感や疎外感を抱きながら、遠距離恋愛をしているわけですから、知らない人の話をするのは慎みましょう。ただ、その新しい人間関係も含めて、受け入れるという度量を持つことも遠距離恋愛を進めていくことで必要なことと言えます。

浮気をほのめかす

遠距離では浮気という言葉は厳禁です。浮気をほのめかすと、緊張感がふたりの間に生まれ、焦燥感が募ります。確かに浮気をほのめかすと、相手の関心を集め、自分の要求を主張しやすくなります。ただ、冷静に考慮してみると、幼稚な行動にしか映えません。正直、わがままを言う子供のようにしか見えません。

そのことに相手が感づいてしまったときには恋愛関係そのものが破綻してしまいます。そのような駆け引きは使用せずに、大人の対応を心掛けた方が、確実に信頼関係を深めることが可能です。落ち着きと良識が混在する言動を心掛けましょう。

プレッシャーをかける

相手にとって、プレッシャーを掛けるという行為はどういう光景に映えるか考慮してみる必要性があります。遠距離恋愛は只でさえ、プレッシャーとの戦いでもあります。大切なことはいかに無駄なプレッシャーを省くかということになります。

会うことや連絡を取り合うことが特別なものへと進化してしまうと、いずれ、面倒になってきます。この面倒が普遍的に感じられるようになってくると、別れたいと思ってしまう傾向が強くなってきます。プレッシャーを掛けるという行為は相手を苦しめるということに連結します。相手を苦しめるという行為はしてはいけません。

遠距離恋愛で気を付けるコト

遠距離恋愛を進展させ、結婚へと発展させていくためには、様々な困難を乗り越えなければなりません。その過程の途中にて、気を付けることがたくさん、あります。どれだけ、親密なコミュニケーションを維持することが可能かという部分が重要となってきます。そうならないように注意しながら、ふたりの仲を進展させていきましょう。

干渉しすぎない

干渉するという行為はどの分野においても、前進的なイメージではありません。遠距離恋愛において、重要なことのひとつに相手を信じることが挙げられます。干渉は言葉を置き換えると、束縛です。どうしても、干渉したくなる気持ちは理解することが可能ですが、我慢することも大切です。

我慢することで自分も相手も対等な関係でいられますから、大きなプレッシャーを与えることもなく、別れ話に発展するということはまず、無くなります。干渉し過ぎる面を持っている方は遠距離恋愛には向いていないと言えます。干渉することには注意を持つべきです。

長く続くカップルの特徴とは?意外な共通点ととっておきの秘訣

わがままを言わない

遠距離恋愛を育んでいる過程において、時にわがままを言ってしまう場面があると思いますが、相手の精神的負担が増加してしまい、恋愛関係が破綻してしまう可能性が強くなってきますので、注意しましょう。わがままを言う方は普段から自己満足してしまうタイプです。つまり、相手の対場を考えないことが普遍的になっています。

このわがままが何回も続いてしまうと、相手もうんざりしてしまい、気分が安らぐことも無くなってしまいます。わがままを言うのであれば、相手の愚痴を聞いてあげるような懐の深さを持ちましょう。

自分の時間も大切にする


日常生活において、恋愛だけにのめり込んでしまうと、冷静的判断が不可能となってしまいます。そうなってしまうと、情緒不安定となってしまい、喧嘩や誤解を生んでしまう可能性が強くなります。そういうときには、趣味ややってみたいことに没頭する自分だけの時間を捻出し、大切にすることです。

相手に対する愛情を再確認することが可能ですし、この遠距離恋愛が自分にとってどれだけ、大切なものかを再考することも可能となります。結婚を考慮しているのであれば、自分達は現在、そのゴールに向かって、どの位置に立っているのかを冷静的に判断する時間を持つことが大切です。

ゆったりと構える

遠距離恋愛はある意味、マラソンのようなものです。頑張り過ぎると、途中で疲れ果ててしまい、リタイアしてしまいます。一生懸命になり過ぎ、全力疾走してしまうと、力尽きてしまう原因となりますので、ゆったりと構えることが必要です。

言葉は悪いですが、時の過ぎ行くままに任せてしまうのかも良いのかもしれません。未来に何が起きるかに集中するのではなく、現在という時間に焦点を置きましょう。不安な気持ちを抱いたりすることや、なかなか会えないストレスは自身も魅力を半減させることになります。ゆったりと構えて、マラソンのような遠距離恋愛を楽しむという感覚で過ごすことが大切です。

まとめ

遠距離恋愛はそれぞれの生活を続けながらの恋愛となり、マラソンのような持久戦となります。遠距離恋愛を成功させ、結婚へと導く方法は至って簡単です。やって良いことを実行し、やってはいけないことをしなければ、自然的に結婚へと発展していきます。

束縛や干渉はせずに、ただ、相手のことを信じているだけで良いのです。せっかく、愛と言う名の下に出会ったふたりです。遠距離恋愛を克服し、永遠の幸せに包まれる結婚をぜひ、実現させて下さい。遠距離恋愛で苦しんだ分、ふたりの時間を楽しむことをおすすめします。

Source: feely[フィーリー]
遠距離恋愛から結婚までいきたい!成功確率を高めるマル秘手段とは