Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

やればできる子の特徴と動かす方法!注意点も紹介します

やればできる子の特徴と動かす方法!注意点も紹介します

子供の頃、やればできる子と言われた経験のある人も多いことでしょう。やればできる子という言葉は、使い方によってはプラスにもマイナスにもつながるものです。

それでは、やればできる子に対して、どのように接していくことで、プラスな成長へとつなげられるのでしょうか。

  • やればできる子の特徴
  • やればできる子を動かす方法
  • やればできる子と言うときの注意点

を紹介します。教育への参考にしてみてください。

身の回りにいる?やればできる子の特徴

そもそも「やればできる子」とは、どのような子供のことを言うのでしょうか。また、どのような特徴があるのでしょうか。教育方法の前に、まずは特徴や傾向、性格について見ていきましょう。

探究心がある

探究心の有無は分野を問わず、成功するために必要です。探究心があり、かつやる気に満ち溢れていて、何事にも本気で取り組める人は「できる子」という分類になります。

一方で「やればできる子」は、自分が興味を示した特定の分野にだけ探究心を向けるため、できることとできないことがはっきりと分かれているという特徴があります。その一面だけを見て、やればできる子という評価に至るというわけです。

「なぜ?」を考える力がある

状況を理解する「なぜ?」という疑問を多く持つことも、成長には不可欠です。やればできる子ほど、自分が抱いた疑問に対し、自分の頭で答えを出そうと考える努力をします。自分の頭で考えて、自分なりの答えを出せることは大人になってからも必要な能力です。

短時間の集中力がすごい

1つの問題に対して短期的な集中力を見せて解決してしまう子は、やればできる子という評価が下されやすいです。集中力を長時間持続できないため、少量の問題を解決することはできますが、問題の量が多くなったり難問に当たったりすると、途端に興味を失ってしまいます。

負けず嫌いな一面がある

やればできる子の多くはプライドが高い傾向があります。普段はやる気がなさそうに見えても、他の誰かが頑張っているときに努力しようとする子は負けず嫌いであり、やればできる子である可能性があります。

自分の世界観がある

その子特有の独特の世界があり、独創的なアイディアで見事に問題を解決できたことのある子は、やればできる子という評価になります。問題に対する取り組み方が独特で、人とは違うアプローチによって解決してしまうため、天才のような子だとも捉えられやすいです。

向上心がある

特定の分野における向上心が著しく高い子も「やればできる子」だと捉えられる傾向にあります。本人からすると、自分が好きな分野だから向上心を持って取り組んでいるだけなのですが、親や他人からすると、その向上心を他にも向けられるはずだと思われてしまいます。

そのため、他分野ではなかなか成果を出せない姿を見て、やればできる子なのにといった評価につながるわけです。

マイペース

やればできる子は、マイペースにやりたいことをやりたいだけやるという特徴があります。周囲の人からすると、スピードアップやスピードダウンを意図的に行って、他人との調和を取りながら取り組んで欲しいものです。

しかし、やればできる子は他人のことはお構いなしに、自由にマイペースで取り組むので、周囲からするともやもやしてしまいます。

約束を守ろうと努力する

一度約束をしたら約束を守ろうと努力する点も、やればできる子の特徴です。感覚的に信頼関係が自身にもたらす効果を理解しており、できないことでも約束を破るのではなく、守るためにできるだけ努力をします。

後回しでも実行する

やらなければならないことがある場合、やればできる子には「やらない」という選択肢はありません。そのことが後回しになったとしても、最後にはやるべきことに取り組みます。

やればできる子を動かす方法

やればできる子を効果的に動かすためには、どのような方法を取れば良いのでしょうか。やればできる子をより良く成長させるためにできることをご紹介します。

結果よりも行動を褒める

やればできる子をいつでもやる子へと成長させるためには、結果ではなく行動過程を褒めると良いでしょう。やればできる子は行動を取らないから問題になるので、行動を促すように仕向ければ良いわけです。行動を褒めていつでもやる子に育てていきましょう。

自分が頑張る姿を見せる

子供 日焼け止め

行動することの必要性を覚えてもらうことが大切です。そのために、自分が頑張っている姿を子供に見せて、行動することの楽しさを伝えていくと良いでしょう。

何かに一緒に取り組むといったことも効果的です。一緒に家事をしたり、一緒に勉強をしたり、読書をしたりといったように、行動を共にしてみてください。

細かく目標設定して成功体験を増やす

成功体験は行動のモチベーションにつながります。小さな成功体験でも効果が期待できるので、目標を細かく設定して、それに向かって少しずつ行動を起こすように促してあげると良いでしょう。

大きな目標だと、達成するまでの道のりが遠すぎてしまい、行動を起こさなくなってしまいますので要注意です。

常に応援する姿勢を忘れない

やればできる子が取った行動に対して褒めることが大切です。結果だけを褒めてしまうと、やり方は考慮されないと判断されてしまい、努力することの重要性を覚えてもらえない可能性があります。常に応援したり褒めたりして、取り組むことの大切さを覚えてもらいましょう。

たまに「ご褒美」を用意する

ご褒美をあげることは、行動への意志を強化するために必要です。しかし、ご褒美をあげすぎてしまうと、目に見える報酬がなければ頑張らない子になってしまう可能性がありますので注意してください。ときどきご褒美をあげるのが大切です。

やればできる子と言うときの注意点

「やればできる子」という評価は、捉え方によっては褒め言葉にもなりますし、貶す言葉にもなり得ます。そのため、この言葉を口に出すときには注意を払う必要があります。やればできる子と言うときには、どのようなことに注意しなければならないのでしょうか。

繊細な相手には使わない

相手の言葉を人一倍気にかけるような繊細な子に対しては、「やればできる子」は貶す言葉だと判断されてしまう傾向にあります。そのため、繊細な感性を持っている相手には使わない方が良いです。「君ならできる」といった言葉に置き換えて褒めてあげると良いでしょう。

言い続けると「やらなくてもいい」と思われる

「やればできる」という言葉は、あまりに多用すると、「結果さえ出ればやらなくてもいい」と捉えられてしまう可能性があります。

結果に至るまでの努力や行動が大切なので、このように「やらなくてもいい」と捉えられてしまうことは大問題です。あまり言い過ぎないように注意しましょう。

否定的な言葉なので使い方には注意

「やればできる子」は否定的な意味合いが強いです。「やればできる子なのに、やらない」と続くところを、「やらない」をカットして表現しており、相手もその部分を読み取って貶し言葉だと捉えます。

なぜやらないのか、という疑問は抑えて、君ならできるという意味の他の言葉に置き換えた方が良いかもしれません。

まとめ

「やればできる子」という言葉は、場合によっては 否定的な意味合いが強い言葉でもあります。「やればできる子」の後に、「よく頑張ったね」という言葉を添えれば褒める言葉になります。

しかし、現実には「やればできる子なのに、なぜやらないの?」と続くことが多く、相手を貶してしまいがちです。そのため、この言葉を使用する際には相手の性格などをよく考慮しなければなりません。

「やればできる子」を伸ばすためには、結果ではなく過程の大切さを教える必要があります。そのためには、結果ばかりを褒めていてはいけません。結果は結果で評価し、過程は過程で評価していく必要があります。

頑張ることの大切さや、たとえ結果が出なくても行動することが大切であることを教えるためにも、努力する姿勢を褒めてあげましょう。褒め方や言葉を変えるだけで、子供はより健やかに成長していくでしょう。

Source: feely[フィーリー]
やればできる子の特徴と動かす方法!注意点も紹介します