Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

噛み癖のある人とどう付き合う?人やモノを噛む人の深層心理

噛み癖のある人とどう付き合う?人やモノを噛む人の深層心理

なんでも噛んでしまうという噛み癖は、傍から見ているとあまり良い印象は受けません。だからこそ、なぜ噛み癖がついているのかを不思議に思う人も多いことでしょう。

  • 噛み癖の意味
  • 噛み癖のある人が噛むもの
  • 噛み癖のある人の深層心理
  • 噛み癖のある人との付き合い方

についてご紹介します。

噛み癖とは?

まずは噛み癖とはどのような癖なのかについて紹介します。自分の身の周りに噛み癖がある人がいないかどうかチェックしてみてください。

人や物を噛んでしまう癖のこと

やることがなく手があいていたり、考えたりしている最中に、すぐに何かを噛もうとする癖を噛み癖と言います。代表的な例としては指や爪の噛み癖が挙げられますが、これ以外にも何か物を噛んでしまうというケースや、人を噛んでしまうといったケースなどもあります。

噛み癖は小さい子どもによく見られますが、大人になってもこの癖が直らないという人もいます。

世間的にはだらしない印象がある

食べ物以外の物を噛んでいたり、自分の指や爪などを噛んでいたりする姿は、他人からするとだらしない印象を受けてしまいます。また、不衛生な人という印象も抱かれてしまいますので、身内や知り合いに噛み癖があった際には直してもらった方が良いかもしれません。

ペンや鉛筆を噛む、ストローを噛み続ける、指や爪を噛むといった症状が出ている人がいないかどうかチェックしてみましょう。

子どもに多い癖

噛み癖は特に子どもによく見られる癖です。頻繁に自分の爪を噛んでいるせいで、爪が削れて小さくなってしまっているという子どももよく見られます。

年齢が若ければそれでも可愛いものだと片付けられますが、大人になってもこの癖が抜けないと、周囲からの印象も悪くなってしまいますので、できれば子どものうちに直してあげましょう。

噛み癖のある人が噛むもの

噛み癖がある人は、具体的にどのような物を噛もうとするのでしょうか。見ていきましょう。

自分の爪

まず挙げられるのが自分の爪です。人によっては噛む爪が決められていることもあり、特定の指の爪だけが極端に擦り減っているということもあります。

また、爪だけでなくを噛むというケースもあったり、指先のささくれを噛んでいるというケースもあったりとバリエーションは多いです。爪、指、手の甲、手首といった部位を噛む人もいます。

ストロー

物を噛むという癖がついている人に多いのが、ストローやペンといった細長い形状の物を噛むというケースです。ストローであればまだ、口にくわえて使う物なので見た目としてもマシですが、ペンや鉛筆といった物を噛んでいる姿は行儀が悪く見えてしまいます。この他にもタバコのフィルター部分を噛む、割り箸の先を噛むといったケースもあります。

相手の身体

噛み癖の対象は、物や自分の身体の一部だけとは限りません。感情的になったときには、相手の身体に噛みつくこともあります。

よく起こるのは、子どもが怒りにまかせて相手に噛みつくというケースです。噛みつく部位は特に定まっているわけではありませんが、手や腕、足首などの噛みつきやすい部位を狙う傾向にあります。

噛み癖がある人の深層心理

それでは、噛み癖がある人には、どのような心理が働いているのでしょうか。見ていきましょう。

相手の愛情を確認したい

感情が溢れたときに、相手に「噛みつく」という行為に至ります。これは、怒りの感情を抱いたときだけではなく、好きという感情を抱いたときにも噛みつきたい衝動に駆られます。噛みつくという行為には、相手の愛情を確認したいという深層心理が働いています。

独占欲がある

相手を独占したいという思いから、噛みつきたいという衝動に駆られるときもあります。相手が自分のものであるという思いや、自分達だけの秘密にしておきたいといった思いも隠されています。噛んだ跡を相手につけるのは、いわばマーキングのような役割も担っているのでしょう。

構って欲しい気持ちが強い

自分を相手にして欲しいものの、我慢しなければならないといったシーンでは、そのフラストレーションを発散するために指や爪、物を噛むことになります。ストレスとまでは言わないまでも、構ってくれないことを不満に思っており、その不満の矛先が自分の爪に向けられるわけです。

相手のことを信頼している

たとえ噛みついたとしても、その相手ならば許してくれるといった信頼心があれば、噛みつくことがあります。また、この人ならば噛みついたことを許してくれると確かめたい心の現れでもあります。

欲求不満

不満が溜まりに溜まっている状態から噛みつくという行為に至ります。欲求を満たす代わりに、爪などを噛むという流れです。

ストレスを抱えている

過度にストレスを抱えている場合についても、ストレスの発散先として「噛む」という行為に至ることがあります。噛むことは脳の前頭前野の刺激につながり、これによってストレスが発散されることが分かっています。

前頭前野の役割は感情、行動をコントロールすることで、物事を判断する際に使用されます。ストレスが溜まっている状態の前頭前野はコントロールすることが難しく、噛むという刺激によって指揮機能を回復させるという流れです。

噛むことが快感

噛むことによって快感を得るという人もいます。肌を噛む快感は言葉では説明が難しいものですが、肌の肉感を楽しみたいという思いから噛むという行為に走る傾向にあります。アルコールが回って理性が働かないといったシーンなどでよく見られる光景です。

噛み癖のある人とどう付き合う?

それでは最後に、噛み癖のある人とはどのように付き合っていけば良いのかについてご紹介します。周囲に噛み癖のある人がいる場合は参考にしてみてください。

噛み癖はやめるように伝える

噛み癖は「癖」ですから、一度言ったところでなかなかやめてもらえないものです。しかし、そこですぐに諦めてしまっては、今後癖が直るとは考えにくいです。根気強く、噛み癖を指摘していくように心掛けてください。

本人からしたら噛み癖は、はしたないことだとは思っていない可能性もありますので、まずは本人にどれだけはしたないかを伝える必要があります。もしも本人も分かっているとしたら、あとは根気強く癖を見るたびに優しく指摘してあげるだけです。

ストレス発散のためにどこかへ連れ出す

噛み癖の原因は、主にストレスが溜まってしまっていることにあります。したがって、どうにかしてストレスを解消してあげられれば、噛み癖も徐々に直っていくと予想されます。

ストレス発散のために、その人と一緒に遊ぶといった方法は効果的です。一緒にカラオケに行ったり旅行をしたり、スポーツをしたりなど、ストレスが発散できることを実践してみてください。

甘えさせる

噛み癖の原因が独占欲にある場合は、一度甘えさせてあげることも有効です。噛み癖のもっともいけない点はメリハリがない点です。何度も繰り返し噛むことが問題になるので、噛んでも良い状況とそうでない状況のメリハリをきっちりとつけてみると良いでしょう。

頻繁に甘えさせてしまうと、甘えが慢性化してしまう恐れもありますので、特別な日にだけ甘えさせてあげるといった工夫が必要になります。適度にガス抜きをしてあげて、相手を上手にコントロールしていくように心掛けてください。

まとめ

噛み癖を持つ人は子どもから大人まで幅広くいます。噛み癖の原因として考えられるのは、日頃のストレスが溜まっているというケースや、独占欲を満たしたいというケースなどです。

そのため、噛み癖を持つ人と上手に付き合うためには、ストレスを発散させてあげたり、適度に欲求を満たしてあげたりすることがポイントとなります。ストレス発散のために二人で一緒に遊ぶと、独占欲についても同時に満たされることが予想されますので効果的です。

また、根気強く噛み癖を指摘していくことも重要です。諦めずに指摘を続けるという付き合い方は忘れないようにしましょう。

Source: feely[フィーリー]
噛み癖のある人とどう付き合う?人やモノを噛む人の深層心理