Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

感情論で話す人とどう付き合う?彼らの特徴も紹介します

感情論で話す人とどう付き合う?彼らの特徴も紹介します

ビジネスの現場では、様々な人と上手く接する必要があります。しかし、お話をする相手は、常に冷静沈着で理性的に物事を決定できるわけではなく、中には感情論で話を進めてしまう人もおり、そういった人ともコミュニケーションを取っていかなければなりません。

それでは、感情論を展開する人と付き合っていくためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

  • 「感情論」の意味
  • 感情論で話す人の特徴
  • 感情論で話す人と付き合う方法

を紹介します。

感情論とは?

感情論で話す人と上手に付き合うためには、まず、その話がなぜ感情論と感じてしまうのかから解決していく必要があります。感情論とはどのような発言のことを指すのか見ていきましょう。

感情だけで議論すること

感情論とは、議論の最中に確たる論拠をつけず、個人の主観的な感情を優先させて意見を主張することを指します。

議論をして方針や意思決定をしなければならないとき、組織をより効率的に動かすような良質な策を出すためには、必ず情報という客観的な裏付けが必要になります。これは人の持つ理性がなせる技であり、そこに個人の感情はほとんど含まれません。

これに対して感情論は、議論の最中に個人の感情を優先するというやり方です。感情的になって重要なことを見落とし、自分の感情が強すぎて他のことは考慮できないといった具合で話を進めてしまいます。

理性的な決定が必要となるビジネスシーンでは、感情論はタブーのようなものと言えるでしょう。

議論が発展することは少ない

感情論では議論が発展しにくいです。その理由は、感情論では議論ではなく意見の押し付け合いになってしまうからです。

たとえば議論中、Aから利益やコストなどを含めてあらゆる角度から検証した方針が挙げられたとします。これに対してBが感情論だった場合、Aのデータ的な裏付けは全く考慮せず、Bという無根拠な主張を無理やり打ち出すことになります。

感情論は無根拠なため具体的な反論にはなりません。このように「議論」ではなく「意見の押し付け」になってしまうのが感情論の欠点です。

話が脱線して議論が無駄な時間になりやすい

議論中に感情論を持ち出すことのデメリットは、時間にもあらわれます。感情論では議論が脱線してしまい会議時間も長引いてしまいます。

時間は有限で貴重なものなので、ビジネスシーンにおいては、このような無駄な時間は省きたいものです。

感情論で話す人の特徴は?

感情論は理性的な判断が要求される議論では不要なので避けたいところです。しかし、現実には感情論を持ち出す人も少なくありません。対処法を知るために、次は感情論を持ち出す人の特徴を見ていきましょう。

自分の気持ちが一番

話をする際に理性で自分を抑えることができないのが感情論で話す人の特徴です。感情論の人は、自分の気持ちが第一に優先されるため、相手の意見は求めないという傾向が強くなります。意見の押し付け、あるいは議論という名の命令と言った方が正しいでしょう。

思ったことをすぐ言ってしまう

感情論を持ち出す人は、感情をむき出しにするため、思ったことをすぐに口に出すという癖があります。相手の気持ちは考慮しませんので、腹が立つなら腹が立つとストレートに表現してしまいます。

また、表現されるその感情に論拠はなく、具体性に欠け、思ったから言うという行動を繰り返します。

心に余裕がない

心に余裕を持てていないと感情的になりやすいです。逆に言えば感情論を持ち出す人ほど心に余裕がないということを意味しています。切羽詰まった状況ほど、頭の回転が鈍くなって感情が言葉に出やすくなるものです。同じような経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか。

状況次第で言うことが変わる

感情論の人は、理性的に考えているわけではないため、自分の中に確たる信念や判断基準がありません。そのため、状況次第で意見がコロコロと変わってしまいます。

理性的な人は判断基準がはっきりとしているため、状況が多少変化したところで意見が大きく変わるということはありません。

我慢ができない

我慢しきれないということも、感情論を展開する人の特徴です。例えば会社であれば、組織の一員であることを自覚し、理性的な判断を下す必要があると理解している人は、組織を運営するために自分の感情を押し殺します。

これに対して感情論の人は組織の一員であるという自覚に欠け、我慢しきれずに感情をあらわにします。

せっかち

感情的な人ほど、せっかちさがあらわれます。すぐに結論や結果を出したい、自分の思い通りのものが欲しい、という感情が先行してしまい、盲目的に判断を下してしまう傾向にあります。

感受性が豊かである

ビジネスシーンにおいては、感情論はあまり良くないという印象が強いですが、一方でプライベートにおいては感受性が豊かなので、一概に悪いとは言い切れません。

感受性が高くて敏感な人は、それを言語化する能力が不足していることが多いです。思いを言葉にしきれないからこそ、感情的に無根拠な発言になってしまうと言ってもいいかもしれません。

視野が狭い

感情論の人は、視野が極端に狭いという特徴があります。可能な限り多様なケースを想定し、論理を構築していくのが普通ですが、感情論の人は自分の思い込みが全てで、自分の世界だけのケースを想定します。

物事をシンプルにとらえる

物事に対して複雑に考えるのではなく、シンプルにとらえる傾向も強いです。確かにシンプルさが有用となるケースもありますが、必要以上にシンプルにとらえてしまうため、視野が狭いと言われてしまいます。

感情論で話す人と付き合う方法

最後に、感情論で話す人とはどのように付き合っていけば良いのかについて見ていきましょう。どのような具体策があるのでしょうか。

まずは落ち着いてもらう

感情的になっている人も、落ち着いて考えられれば理性を取り戻し、的確な判断を下せるようになります。したがって、感情論の人を放置して議論をそのまま進めるのではなく、休憩を挟むなどして、一度冷静になるための時間を作ると良いでしょう。

自分からは冷静に返答する

感情論に対してこちらも感情論で応戦していては、意見の押し付け合いになってしまい、その結果議論も長引いてしまうことになります。

大切なことは、こちらの意見はあくまで冷静に論理的に説明するということです。返答時に一度深呼吸をしてから話し始めるといったように、こちらもクールダウンするように心掛けてください。

第三者を置いて話す

その場に第三者がいるかどうかは非常に重要です。第三者がいると、自分自身の発言を客観的に考えるようになります。議論をオープンにして、他の人にも聞いてもらうと、感情論を持ち出す人も冷静さを取り戻すことでしょう。

話の内容はできる限り可視化する

議論する際には、話の内容をできるだけ可視化すると感情論がおさまりやすいです。感情論の人が後から可視化された自分の意見を見ると、冷静に考える機会を得ることになり、論理が破綻していることに気付くきっかけになります。

また、発言内容の可視化は、言ったのか言わなかったのかといった水掛け論への発展を予防する効果も期待できます。書面に残したり録音しておいたり、映像を記録しておくといった方法があります。一般的なのは書面に残すという方法です。

なるべく距離を置いて付き合う

あまりに感情論がひど過ぎて、なおしてくれる見込みもないといった場合には、なるべく距離を置いておくと良いかもしれません。相手も自分も冷静になる時間は必要ですので、ある程度期間を設けてみると良いでしょう。

まとめ

ビジネスシーンにおいては、感情論を持ち出す人はあまり好ましくは思われません。しかし仕事だからこそ、コミュニケーションは取っていく必要があります。

具体的な対処方法としては、相手に落ち着いてもらったり第三者を置いて議論をしてみたり、意見を書面化したりするといった方法が有効です。円滑にコミュニケーションを取れるように、両者ともに落ち着いて冷静になることを心掛けてください。

Source: feely[フィーリー]
感情論で話す人とどう付き合う?彼らの特徴も紹介します