Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

これは注意!ネット婚活で実際に会う前に確認したい9つのこと

これは注意!ネット婚活で実際に会う前に確認したい9つのこと

ネット婚活は気軽な反面、完全な情報がないです

実際に会うまでに確認しないとリスクがあります

ネット婚活は、簡単に登録できて、本人確認書類(運転免許証などの画像)をアップロードすればすぐに始めることができます。

しかし、厳密に「その人なのか」を確認するための、住民票や独身証明書などを提出することは必ずしも必要ではありません(任意で提出できる婚活サイトはありますが)。

つまり、「Aさん」であることは他のネット婚活している人に証明できても、

  • Aさんが独身なのか?
  • Aさんの年収はプロフィールと同じなのか?
  • Aさんの仕事はプロフィールと同じなのか?

などはネット婚活では分からない可能性があります。

となると、サクラ、遊び目的、既婚者、怪しいビジネス・・・そういうリスクが排除できません。事前に何かできることはないのでしょうか?

関連する記事

マジメに出会える婚活サイトのベスト10ランキング

ネット婚活で実際に会う前に確認したい9つのこと

本名を聞く

20170115_01

結婚相談所や婚活パーティーでは本名(姓名とも)を公開することは最初の段階ではないです。やはりここで知られてしまうと、後でトラブルになることがあるからで、名字だけとか、名前だけとかで分かりにくくしています。

ただしそれは目の前に人がいるからであって、ネット婚活のように写真も掲載していない人がいたり、プロフィールが空白だったりするケースでは、本当にその人なのか分からないですよね。

そこで思い切って本名を聞いてみましょう。中には、教えてくれない人もいるでしょうし、特に男性→女性の場合は警戒されると思います。しかし、本当に真面目に婚活をしているならば教えてくれるはずです。

どこまで名前を教えてくれるかでその人の「婚活本気度」が分かります。この段階で全く教えない男性などは遊びの可能性が高いでしょう。

エゴサーチしてみる

20170115_02

本名を聞いたら、申し訳ないのですがそれでエゴサーチ(名前で検索)してみましょう。学生時代の記事や職場の記事、趣味のことなどがヒットするかもしれません。

Facebookをやっていれば検索でヒットして、色々なことが分かると思います。ネットをみんな使う時代ですから、これはやってもいいと思います。

逆に相手もあなたの名前で検索するのでしょうから、例えばFacebookは「友人まで公開」にして、プライベートを詮索されないように自己防衛するのも1つの方法です。

自分の名前も検索してみよう

婚活ではあなた自身のことも相手は検索しています。自分の名前をグーグルに入力すると、どんな情報が出てきますか?それは結婚相手として第三者はどう思うでしょうか?愚痴を吐き出していたら、あるいはお金がかかりそうに見える旅行や外食の写真ばかり投稿していたら?婚活中はSNSの使い方もご注意ください。

プロフィールの空白の部分を聞く

20170115_03

プロフィールを完璧に埋めている人はそれほど多くないかもしれませんが、不自然に空白があればそこを聞いてください。

例えば、他は完璧に書いているのに「学歴」や「年収」が空白な場合などです。詐称されるよりもマシなのかもしれませんが、何もなければ書くはずです。事情があり書けないのであれば、その事情を会う前に知ることはプラスになると思います。

システムとは別の連絡先を聞く

20170115_04

ネット婚活サイトのシステム上、携帯番号やメールアドレス、LINE-IDなどをはじく(メッセージに「@」や「LINE」という単語があるとNG)ものもありますが、そうではない場合は何か1つ他の連絡手段を聞いてください。

当日のドタキャンやすっぽかしを防ぐ、サーバーのメンテナンスなどのリスクを減らす意味もありますが、婚活ではなく遊びで出会いを求めている人は、教えるのを躊躇すると思います。ここでそういう邪な輩をふるいにかけていきます。

休日の予定を聞く

20170115_05

あまり意味がないのでは?と思う人もいるでしょうし、「休日は婚活です」と正直に答える人も少ないでしょう。しかし、休日のライフスタイルを確認することで、自分に合うタイプかどうか分かりません。

今週も、来週も、その次も友達と予定あり、などという人はそもそも婚活すべきではないです。婚活の優先順位が低い人は、特にネット婚活の場合ダメだと思います。家にいてDVD鑑賞を・・・という人のほうが婚活に時間を割いてくれますし、会うことができるでしょうね。

趣味を深堀りしてみる

ドライブ、車、アウトドア

その人の趣味を「はい、そして」という感じでどんどん深堀りしてみましょう。外面をよくするために本当はインドア系なのにアウトドア系を偽っているかもしれません。

車に乗らないのに(持っていないのに)「ドライブ」を趣味にしているかもしれませんよね。

婚活ウケする趣味はありますが、ウソをついてまで書く必要はないです。だから、本当にその人が好きなものを確認しておくと、会ってからも話がしやすいと思います。「趣味を偽る」のと「ウケない趣味を書かない」のは違います。

他の写真の提出を求める

スマホをみて考える女性

写真を婚活サイトに掲載していない人には、必ず会う前に写真データを送ってもらうようにしてください。専用システムでもファイルの添付はできるはずです。

そうでなくてもひょっとするとその「1枚」は他人のものかもしれません。ですから、友人と写っているものでも仕事中のものでも構いませんから(要は「婚活用の写真」でなくてもOK)、その人の他の写真を見ることで本当にその人なのだと、信頼性を上げていきます。

もちろん相手から求められた場合は、ご自身の写真を送ることも必要になります。

仕事の内容を詳しく聞く

20170115_08

ネット婚活では職業の証明までは必要ありません。任意で医師免許や教員免許、弁護士登録証などを送ることはできますが、全員そうした職にあるわけではないですよね。

要は職業を偽っている可能性があるということです。仕事のことですので細かいことは教えられないかもしれませんが、ただ「学校の先生をやっています」だけでは本当に先生なのか分からないですよね。

「何の教科ですか?」「部活の顧問をしていますか?」「何の部活ですか?」など、尋問にならない程度に仕事のことを聞いてみるのはありだと思います。そこをはぐらかすということは負い目がある可能性が否定できません。

職に貴賤なしですが、ひょっとするとダークな職業なのかもしれませんし、仮に本当に学校の先生だとしても非正規教諭かもしれません。それをどう判断するかはあなたの価値観になります。

ログイン履歴を確認する

20170115_09

サイトによっては、相手のログイン履歴が確認できるものがあります。頻繁にログインしている人が悪いということではなく、むしろ積極的に婚活しているということでしょう。

逆に、自分とやり取りしてから全くログインしていない人は、自分だけとやり取りしている(つまり本命)なのか、婚活自体への優先度が低いのかどちらかでしょう。

ここから相手の性格などを判断するのは難しいのですが、会う前に少なくともその人がそのサイトへアクティブな姿勢で臨んでいるのか確認できます。

またログインする時間も重要。仕事をしているのにあまりに日中ログインしていて不思議だなと思って会ったら、ネットワークビジネスの勧誘をされたという事例もあります。

会うことが大事ですが迂闊なリスクは避けましょう

ネット婚活の責任は全て自分になります

ネット婚活が怖いのは、何かトラブルがあった時の責任が全て当人になってしまうことです。結婚相談所であれば相談所や仲人、婚活パーティーではそんな人を参加させた運営会社にも責任がありますが、ネット婚活は全て自分たちでやり取りします。

だから、会うことは大事で自分からそのチャンスを潰すことはないのですが、危うきに近寄らないのも必要です。名前で検索したら怪しいビジネスをしていた、そんなケースは絶対に会ってはいけません。安価でできる分、責任が多いいことも自覚してください。なるべく事前にリスクは潰しておきましょう。

安全に出会えるおすすめ婚活サイト12選

The post これは注意!ネット婚活で実際に会う前に確認したい9つのこと appeared first on まりおねっと.

Source: まりおねっと
これは注意!ネット婚活で実際に会う前に確認したい9つのこと