Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

スチーマーアイロンのおすすめ7選!賢い選び方を教えます

スチーマーアイロンのおすすめ7選!賢い選び方を教えます

衣類スチーマーは気軽にアイロンがけができるものです。発売当初と比べて、今は価格もさがっているので3000円前後で販売されているものもあります。しかし、衣類スチーマーも種類が豊富になりすぎて、どれを選べばいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

今回は

  • 衣類スチーマーの選び方
  • 軽くて使いやすい、連続使用時間が長い、スチーマーのおすすめ7選
  • 衣類スチーマーアイロンがけのコツ

と、衣類スチーマーの選び方やオススメアイテム、アイロンがけのコツを紹介していきます。

ココをチェック!衣類スチーマーの選び方

さまざまな衣類スチーマーが販売されていますが、選び方にちょっとしたポイントがあります。このポイントを気にしないまま選んでしまうと、使いづらくて使用頻度も落ちてしまいます。

せっかく買ってもタンスのこやしになってしまうのは勿体ないですよね。衣類スチーマーの選び方として、どのようなポイントに注意すればいいのでしょうか。

片手で持てるくらい軽くて使いやすいものを選ぶ

基本的に片手で持てるくらいの重さを選んでください。アイロンがけは自分で考えているよりも重さがあるものです。

そのため、手の負担を考えて軽くて使いやすいものを選ぶようにしましょう。軽さを重視しても比較的安価なものもあるので、色々と見てみるといいかもしれませんね。

大容量で連続使用時間が長いものを選ぶ

普段から洗濯物の量が多く、衣類スチーマーの使用頻度が高い家庭は、連続使用時間が長いものを選びましょう。

いくら便利なものだとしても、連続使用時間が短いと衣類スチーマーを使っている最中に充電をしなければいけなくなり、二度手間になってしまいます。

軽くて使いやすいスチーマーのおすすめ4選

こちらでは軽さを重視した衣類スチーマーを紹介します。洗濯物の量が多すぎず、使用時間もあまり長すぎない家庭は軽さと使いやすさを重視したタイプを選んでもいいのではないでしょうか。

オススメの衣類スチーマーを4点紹介しているので検討してみてください。

Moregem スチームアイロン

Moregem スチームアイロン 衣類スチーマー 20秒素早い立ち上がり 大容量100ml 携帯型 軽量 出張 旅行 ミニアイロン 家庭用

立ち上がり時間や連続使用時間、垂直や水平にも対応など、さまざまな面で柔軟さを見せているのが「Moregem スチームアイロン」です。

玄関でサッと使えるという手軽さがあり、コンパクトなので重さもなく、出張など外出先に持っていってもかさばらないのが特徴です。手軽な衣類スチーマーが欲しい人は、こちらの商品がオススメですね。

iHOVEN スチームアイロン

iHOVEN スチームアイロン 衣類スチーマー ハンディアイロン ハンガーにかけたまま ハンディースチーマー ガーメントスチーマー ハイパワースチーム 携帯 アイロン 蒸気アイロン 軽量 除菌 超高速ヒートアップ 小型 旅行用 出張 家庭用 しわ取り スチーム 持ち運び 便利 海外 日本語取扱書付き

アイロン台を必要とせず衣類をハンガーにかけたまま使えるので、とても手軽な衣類スチーマーです。高温蒸気でシワを伸ばすため、ヨレヨレの服がプレスしたようになります。

忙しい朝でも簡単に時間をかけずに使えるので、やることが多い主婦も家事の一手間を省くことができます。

Arbily アイロンスチーマー

Arbily アイロンスチーマー ハンディースチーマー スチームアイロン 衣類スチーマー ガーメントスチーマー 超高速ヒートアップ ハイパワースチーマー 旅行用 出張用 家庭用 軽量 小型

スーツやコート、ワンピース、ジャケット、パンツにスカート、さまざまな衣類に対応しているので使いやすさ抜群の衣類スチーマーです。

空焚き防止機能も付いているので、水がなくなった時は自動的に運転が停止するため火災の心配もありません。

Kimryde 衣類 スチームアイロン

Kimryde 衣類 スチームアイロン ハンディースチーム しわ伸ばし 携帯用 スチームアイロン ハンガーにかけたまま利用可能 小型 軽量 家庭 旅行出張に対応、大容量180ml

わずか580gの衣類スチーマーなので、手に負担がかかりにくいタイプとなっています。軽量&小型ということで、携帯用アイロンとしても最適で出張や旅行などにも便利です。

使いやすさ、多機能を重視したものであり、衣類に付着したタバコ臭や汗の臭い、花粉除去、防虫剤臭などの脱臭効果もあります。

連続使用時間が長いスチーマーアイロン3選

こちらでは連続使用時間が長いスチーマーアイロンを紹介します。スチーマーを使う時間が長い家庭は、少しでも連続使用時間が長いものを選びましょう。

こちらで紹介する衣類スチーマーは連続使用時間に特化したものが多いので、ぜひ参考にしてみてください。

Honeyview スチームアイロン

Honeyview スチームアイロン ハンガーにかけまま 衣類スチーマー ハンディースチーマー 超高速ヒートアップ 小型 軽量 持ち運び 通勤 出張 旅行

連続使用最大8分の衣類スチーマーです。150mlの大容量なので安心して使えます。電源を入れると約40秒強力スチームが出るので、シワ取りなどがすぐできます。短時間で利用可能という点が高い評価を得ています。

シワ取りだけではなく、タバコや汗、焼き肉などニオイの強いものに対応しているので、愛用者が多い傾向にあります。

SEREEスチームアイロン

スチームアイロン 衣類スチーマー ハンディースチーマー ガーメントスチーマー 超高速ヒートアップ ハイパワースチーム 携帯 小型 大容量150ml 軽量 旅行用 出張 家庭用

加熱時間はわずか75秒で、最大連続使用時間が8分と長時間です。8分と聞くと短く聞こえるかもしれませんが、手軽な衣類スチーマーの中では長い方と言えます。

適用生地もすべてに対応しているので安心してすべての衣類に使うことができます。シワ取りだけではなく、消臭、ダニ除去、殺菌などさまざまな効果があるので一家に一台は欲しいアイテムです。

JSDL スチームアイロン

スチームアイロン 衣類スチーマー  ハンガーにかけたまま 大容量180ml 空焼き防止 持ち運び便利 アイロン台不要 日本語取扱書付き  出張用 旅行用 家庭用

こちらの衣類スチーマーは最大10分連続使用ができるタイプのものです。容量も180mlと大容量であり、朝の忙しい時間帯も気軽にシワ取りができます。主婦の家事時短にも繋がるアイテムなので、ぜひ家庭に取り入れてみてはいかがでしょうか。

今回紹介する中では、連続使用時間が10分と最長です。基本的に10分あれば十分ではないかなと思われます。

知らないと損!衣類スチーマーアイロンがけのコツ

衣類スチーマーはただ電源をつけるだけ、というわけにはいきません。衣類スチーマーでアイロンがけをすることにも実はちょっとしたコツがあるのです。どのコツも知らないと損をします。

忙しい時ほど大事なコツをサボりがちですが、時間にして1分もかからないものもあるので、ぜひ取り入れてください。こちらでは誰もが簡単にできる一手間のコツを見ていきましょう。

いきなりかけずにまずは手アイロンしよう

 

忙しい時ほど衣類スチーマーをすぐかけてしまいがちですが、まずは手アイロンをしましょう。

手アイロンの手間をかけることで、衣類スチーマーをかけた時にしっかりとシワ取りができるからです。

衣類をハンガーにかけ安定した場所にセット

衣類スチーマーをかける時、衣類を手に持って行う人もいますが、ハンガーにかけて安定した場所にセットしてください。

安定した場所でかけないと、一部だけシワ取りができていない場所が出てくることもあるので気をつけましょう。

空いた手で縫い目を引っ張りスチームをゆっくり当てる

しっかりとシワ取りをしたい場合、空いた手で縫い目を引っ張って、ゆっくりとスチームを当てましょう。

縫い目部分はシワが残ってしまうことも多いので、こうやって部分的にスチームを当てることで綺麗な仕上がりになるのです。

押さえ・滑り・浮かせを活用

スチームとプレス、衣類スチーマーは両方として使うことができます。パンツの折り目などをしっかり出したい時は上から押さえて折り目をつけましょう。シワを取る時には、スチーマーを滑らせてシワを伸ばしてください。

Tシャツやニットの襟周りはヨレてしまうこともありますが、浮かせてスチームを当てながら風合いを戻す方法もあります。この押さえ、滑り、浮かせをきっちり活用することで綺麗な服に仕上がるのです。

力を入れすぎるのはNG

特にプレスをする時に気をつけたいのが、力を入れすぎることです。折り目をつける際に押さえを使うかもしれませんが、力を入れすぎると服の形が変わってしまう場合もあります。

押さえと言っても、ぎっちり押さえるのではなく適度な力で行ってください

まとめ

衣類スチーマーは主婦の家事時短に最適のアイテムです。ただし、持ちやすさや使いやすさを重視するのか、それとも大容量、連続使用時間を重視するのかで選ぶ衣類スチーマーも変わってくるでしょう。

力加減に関しては衣類スチーマーに慣れていない人ほど力を入れすぎてしまう傾向があります。そうなるとせっかくの服も台無しになりかねないので注意しながら使いましょう。

Source: feely[フィーリー]
スチーマーアイロンのおすすめ7選!賢い選び方を教えます