Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

六星占術とはどんな占い?わかることと運命星別の傾向

六星占術とはどんな占い?わかることと運命星別の傾向

六星占術というものを知っているでしょうか。少し前に流行った、「土星人」や「火星人」など、人には運命星がある占いの方法です。しかし、六星占術によって何がわかるのでしょうか?

ここでは、

  • 六星占術とは
  • 六星占術でわかること
  • 6つの運命星の傾向

などについて解説しますので、参考にしてみてください。

六星占術とは?

六星占術とはそもそもどう言うものなのかというと、文字通り6つの運命星によって、運命を分けて考える占いのことを言います。また、そこに色々な学術を盛り込み、かの細木数子さんが提唱した占いでもあります。ここからは、そんな六星占術について解説します。

6つの運命星でその人の運命を分ける占い術

六星占術において用いられるのが6つの運命星です。土星人、金星人、火星人、天王星人、木星人、水星人に分けて考えられていて、それぞれ運命星の傾向の違いから占いをしていくものとなっています

六星占術によって色々なことがわかり、占いとしての効果が大きいと言われています。事実、多くの方が六星占術を信じているのです。

易学・算命学・万象学をもとに細木数子さんが提唱

もともとは易学や算命学、万象学をもとに細木数子さんが提唱したもので、一時はテレビや新聞、インターネットなどのメディアでもかなり注目されていました。占いの世界には色々なやり方があり、次々とその方法が登場しています。

その中で六星占術は占いの方法として定着していて、人によっては「当たる」と実感する人もいます。

六星占術でわかること

六星占術では一体何がわかるのでしょうか?ここでは、六星占術からと読み取れるものを紹介します。

運命周期から人生の運気がわかる

運命には周期があると考えられているのが六星占術です。長い人生には良いこともあれば悪いこともあります。それらはこの周期によって決まっているのです。

つまり、運命周期によって運気が変わるため、人間の力ではどうすることもできない状況と言うことで、それに合わせた行動をしていくことで悪いことを避けたり良い運を巡らせたりします。

人生の運気に合わせて行動を決められる

人生の運気に合わせて行動を決めることができるので、運気を手繰り寄せることもできます。むしろ六星占術によってわかった人生の運気に合わせて行動を決めるので、迷うこともありません。

事実、細木数子さんなどはその人生の運気を知り、それに最適な行動を取るようにアドバイスするタイプの占いを行っていました。

6つの運命星の傾向

六星占術には6つの運命星というものがあると言いましたが、それぞれに傾向というものがあります。その傾向によって人のタイプも決まってくるので、そこを知っているかどうかでも運気が変わってくるのです。

ここからは、六星占術の運命星の傾向について解説します。

土星人:創造力のある理想主義者

土星人というのは、創造力がある理想主義者の傾向があります。

自分の理想の姿を想像して行動できるため、運気が良い時に行動すれば成功できるチャンスもあるのです。また、創造力が強いため、無から何かを生み出せる能力に長けていて、自分自身を理想の状況に置くことに対しても強い関心を持っています。

金星人:アクティブで好感度の高い人

金星人は、アクティブで好感度の高い人の傾向があります。

人から好かれることが多く、運気を手繰り寄せやすいのが特徴です。自分から積極的に行動していくため、運気に合わせた行動をしやすいと言えます。当然、行動によって運気が左右されるので、金星人もその傾向があると言えるのではないでしょうか。

火星人:フィーリングを重視する芸術肌

火星人は、フィーリングを重視する芸術肌の傾向があります。

アーティストなど自分の感性を大切にしている人に多いです。人との相性に関しては向き不向きがあるのですが、感覚的に行動するタイプなので、運気にも左右されやすいです。ただ、逆に言えば運気を手繰り寄せて行動できるタイプでもあります。

天王星人:行動で見せる現実主義者

天王星人は、行動で見せる現実主義者の傾向があります。実際に自分で行動するタイプなので、現実での行動に、より強い傾向があるのです。どんなに理想を掲げても行動できなければ意味がないので、そういう意味では天王星人は強いと言えるでしょう。

夢がありながらも現実を見られるという点では、他の運命性の人よりも運気を掴みやすいです。

木星人:度胸のある大器晩成型

木星人は、度胸のあるタイプで大器晩成型の傾向があります。若い頃には苦労する人も多いのですが、年齢を重ねれば重ねるほど経験と実績が重なり、より成功に近づいていきます。

若い頃の経験や実績を活かして成長していくことができれば、より運気も手繰り寄せられるでしょう。また、度胸があるので怖がらずに挑戦できるという特徴もあります。

水星人:クールな利己主義者

水星人は、クールな利己主義者に多い傾向があります。一見するとクールなのですが、好きなことにはとことん追求するタイプで、物事に関しては損得勘定を持っていることが多いです。

ただ、利己的に行動できるため、より無駄のない行動ができます。占いにおいては、そういうクレバーな行動ができる人も、運命を引き寄せられると言われているのです。

霊合星人とは?

霊合星人とは、2つの星の影響を受けるレアなタイプの人のことを言います。浮き沈みの激しい人生になることが多く、人生が波乱万丈と言える人に多いです。ここからは、そんな霊合星人について解説するので、参考にしてみてください。

2つの星の影響を受けるレアなタイプ

霊合星人は2つの星の影響を受けるタイプで、とてもレアなものだと言えるでしょう。

人によって多くの影響を受けるため、人生はかなり苦労することも多ければ、幸せを掴むことも多いです。人生に大きく二面性が出てくるため、そこは理解して受け入れることが必要となってくるのではないでしょうか。

浮き沈みの激しい人生を過ごしやすい

霊合星人は、浮き沈みの激しい人生を送ることが多いです。良いことも悪いことも多いので、波風の立たない人生とは言えません。人によっては生死に関わるイベントが起きたりすることもあれば、いきなり大成功して人生逆転する人もいます。

その傾向は人生の節目に出ることが多いですが、基本的に霊合星人は浮き沈みの激しい人生が長く続き、安定しません。二面性があるとは言っても悪いことばかりではないので、そこは安心して大丈夫です。むしろ反動が大きいほど、良いこともたくさんあります。

そういう人生の中で暮らしているため、本人は強靭な精神を持てることも多いです。

まとめ

六星占術と聞けば難しいように聞こえますが、実はシンプルな考え方に基づいて作られています。こちらで紹介したタイプを知り、自分がどのような運命星なのかわかれば、運命周期についても知ることができます。ぜひ活用してみてください。

Source: feely[フィーリー]
六星占術とはどんな占い?わかることと運命星別の傾向