Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

気が利くとは?気が利く人の強みとトレーニング法

気が利くとは?気が利く人の強みとトレーニング法

気が利くという言葉は、褒めるときに使われることが一般的ですし、言われたらうれしいものですよね。そこでここでは

  • 気が利く人の特徴・性格
  • 気が利く人の強み
  • 気が利く人になるためのトレーニング方法

などについてまとめてみました。

気が利くとは?


一緒にいて居心地がいい、気遣いをされていると感じたこともあるでしょう。そのようなときは、周りに気が利く人がいる可能性が高いです。ここでは、気が利く人とはどういう人なのかについて、お話します。

心がたくさんの人に行き届いていること

目の前にいる一人ではなく、周りを広く見渡して心を行き届かせていることを、気が利くといいます。気が利く人は、場の空気を読むのはもちろん、全体をしっかりと見渡し、目配りや気配り、心配りができるのです。

また、困っている人がいれば当然のように手を差し伸べますし、人が嫌がることも自ら進んでやろうとします。思い込みで行動するようなことも少なく、場の空気や相手のことを思いやり、その上で行動しています。

年齢と気が利く力は関係ない


年齢が高い人のほうが若い人よりも気が利く、と思っている方もいるかもしれません。しかし、現実には年齢と気が利く力は関係ありません。若くても気が利く人はたくさんいますし、いい歳なのに気が利かない人もたくさんいます。

周りの人のことを思いやることができるかどうかが大きなポイントとなるでしょう。自分本位ではなく、周りの人のことを考えることができれば、気を利かせることができます。

気が利く人の特徴・性格

気が利く人は、いったいどのような性格なのでしょうか。相手の変化にすぐ気づく、長所を見つけられる、他人の心の動きに敏感、といった性格の人が多い傾向にあります。ここでは、気が利く人の性格をピックアップしました。

他人が嫌がることを率先して行う


気が利く人は、人が嫌がっていることも自ら率先してやろうとします。「どうして私が…」と考えることはなく、自発的にやろうとすることが多いです。ちょっとした面倒なことなども、気が利く人はやってくれます。

例えば、職場のトイレが汚れているとき、トイレ掃除をしなくてはいけませんよね。しかし、トイレ掃除を進んでやろうとするような人はそういません。気が利く人は、そんなときでも自らさっさとトイレ掃除を始めてしまいます。

相手の変化に気が付く

常に周りを見渡しているので、相手の変化にもすぐに気が付きます。髪の毛を切った、髪の色を変えた、ネイルを変えた、ということにも真っ先に気づくのは、気が利く人と言えるでしょう。

しかも、気が利く人は、相手の変化に気づくだけでなく、変化に対するコメントも残します。「髪の毛切って、より素敵になったね」「ネイルと服の色が合っているね」など。これを自然にできるのが、気が利く人です。

相手の長所に気付く


人の短所は目立ちますし、自分も嫌だと感じることがあるのですぐに気づくことが多いです。しかし、逆に人の長所はなかなか分からないことがありますよね。気が利く人は、相手の長所にもすぐ気づける力があります。

長所を見つけて褒めることができるのも気が利く人の性格的な特徴と言えるでしょう。そのため、気が利く人は周りから好かれることが多いです。異性から好かれるのはもちろん、同性からも好かれる傾向にあります。

他人の心の機微に敏感

周りの変化にすぐ気づける人なので、人の心の動きにも敏感です。落ち込んでいるような人がいると近寄って慰めたり、どうしたのかと理由を聞いたりします。相手からすると、分かってもらえたといううれしさがありますよね。

心の動きに敏感なだけでなく、何をすべきかもすぐ理解できます。一人にしておいたほうがいいと思ったときはムリに声をかけることもありません。あくまで、相手の心に寄り添おうとするのが気が利く人なのです。

感謝の言葉を忘れない


気が利く人は感謝の言葉を忘れません。何かをしてもらったときにはきちんとありがとうと言えます。感謝の気持ちを抱くだけでなく、きちんと言葉にして伝えられるのも、人のことを想いやれるからでしょう。

言葉だけでなく、態度で感謝の気持ちを伝えることもあります。時には手紙やプレゼントを添えるなどして、より相手が喜んでくれそうな方法で感謝を伝えようとするのです。感謝を伝えられたほうは、うれしくなりますよね。

気が利く人の強み


気が利く人は、物事を計画的に考えることができますし、柔軟な考え方もできます。また、マメな性格なので好かれますし、仕事がデキるため信頼されています。ここでは、気が利く人の強みについてまとめてみました。

物事を計画的に考えられる

全体を見渡すことができる人なので、物事を計画的に考えられる強みがあります。行き当たりばったりではなく、先のことまで考えた計画を立てられるため、スムーズに物事を進めることができるでしょう。

また、計画性があるため失敗することも少ないです。行き当たりばったりだと時に失敗してしまうこともありますが、それがありません。細かい部分まで計画を立てて行動しようとするので、高い確率で成功に導けるでしょう。

視野が広くて考え方が柔軟である

柔軟な考え方ができるので、従来の常識にとらわれることなく、斬新なアイデアを生み出すこともできるでしょう。そのため、職場でも力を発揮していますし、会社になくてはならない存在になれるかもしれません。

固定観念にとらわれることもありません。これは絶対にこうしないといけない、のような考えをしないので、臨機応変な対応が可能です。こうしたスキルも仕事やプライベートで存分に活かされています。

マメさから多くの人に愛される


マメな性格ですし、人とのつながりを大切にしています。そこまで親密でない人に対しても、年賀状や暑中見舞いを送るなど、コミュニケーションを欠かしません。こうしたマメさがあるからこそ、多くの人に慕われています。

また、LINEでのやり取りもマメです。相手から送られてきたLINEに対してはきちんと返事をしますし、長々と待たせるようなこともありません。いつLINEを送ってもスピーディに返信してくれるため、異性からも好かれます。

仕事がデキると思われやすい

細かいところまで気を利かせられるので、仕事がデキる人だと思われやすいです。実際、気が利く人は仕事がデキる人も多いですし、職場でも信頼されることが多いです。取引先やクライアントにも配慮した行動ができるので、評判も良いでしょう。

そのため、難易度の高い仕事を任されてしまうこともありますが、それも信頼されているからこそでしょう。

常に一歩先を考えられる


目先のことだけでなく、常に一歩先、二歩先のことを考えています。これも仕事ができる理由の一つかもしれません。同僚が目先のことに苦戦しているあいだに、気が利く人は先のことを考えながら仕事をしています。

また、常に一歩先を考えて行動しているので、仕事でのミスもほとんどありません。プライベートでも先を考えていますし、将来に備えた貯金もしていることが多いです。

気が利く人になるためのトレーニング

気が利く人になるには、いったいどうすればいいのでしょうか。自分の感情を優先しない、次の人のことを考える、最速で行動するといったことが挙げられます。ここでは、気が利く人になるためのトレーニング方法をご紹介します。

自分の感情を優先しない

気が利く人は、自分の周りにいる人に対して常に配慮をしています。自分の感情を優先することなく、人のことを優先するのです。

そのため、気が利く人になりたいのなら、自分の感情を優先しないということを覚えておきましょう。その上で、周りの人を優先することを考えます。周りの人が今何をしようとしているのか、何をしたがっているかを見極め、行動に移すのです。

次の人のことを考える


さまざまなシーンにおいて次の人のことを考えるようにしましょう。例えば、公共の施設でトイレを使ったときに便器を汚してしまったとします。次の人のことを考えられない人だと、そのまま放置して出ていってしまうでしょう。

気が利く人はこのようなとき、きちんと掃除をしてキレイにしてから出て行きます。次に使う人が困ってしまうので、元通りキレイにしておこうと考えるのです。気が利く人を目指すのなら、常に次に使う人のことを考えた行動をする、ということが大切です。

気が利く人の行動をマネする

手っ取り早く気が利く人になりたいのなら、気が利く人のまねをすることです。音楽でもスポーツでも、まずは上手い人のマネから入りませんか?

それと同じで、まずお手本となる人を見つけ、その人のマネをすることで気が利く人になれるでしょう。とりあえず、お手本にできる人を身近で見つけてください。

気が利く人を近くで見つけたら、その人の行動をマネします。最初は、しばらく観察したほうがいいかもしれませんね。どのような時に、どんな行動をとるのかというのをしっかり観察しましょう。ある程度観察できたら、今度は自分でやってみる番です。マネしているうちに、次第にそれが当たり前になっていきます。

最速で行動する


何をするにも、最速で行動するということを意識しましょう。気が利く人は、とにかく行動に移すまでが速いです。人が迷っている途中でも、すでに行動に移していることがほとんどです。悩んでいる暇があったら、まず行動に移すようにしてください。

どんなことでもスピーディに行動できるようになれば、職場でも仕事がデキる人だと思われるようになります。

また、何でもスピーディにやってくれるということで、評価も高くなるでしょう。悩む、迷うことがあったら、とりあえず最速で行動する、ということを覚えておきましょう。

相手の話を最後まで聞く癖をつける

人の話は最後まで聞くことです。気が利く人は、相手の話をきちんと最後まで聞いていますし、その上で行動しようとします。

途中で聞くのをやめてしまうと、本質を見抜けないこともありますし、一番大事なところを聞けないかもしれません。意識的に、最後まで話を聞く癖をつけてください。

まとめ

気が利く人は、他人が嫌がることも率先してやれますし、柔軟な考え方ができるため、職場でも重宝されやすいです。

たくさんの人から好かれるようにもなるので、気が利く人を目指すのはいいですね。とりあえずは気が利く人のマネから始めてみましょう。

Source: feely[フィーリー]
気が利くとは?気が利く人の強みとトレーニング法