Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

誰にどれくらい渡す?結婚式の「お車代に関するマナー」をチェック

誰にどれくらい渡す?結婚式の「お車代に関するマナー」をチェック

結婚式のお車代のマナーって?

結婚式を挙げる際、遠方からの参列者に対してお渡しする「お車代」。

遠方の結婚式に参列したことのある人なら、受け取ったことがあるのではないでしょうか。

お車代のマナーは、実際に自分が結婚式を挙げる番にならないとわからないものです。

このお車代は地域などによっても差があるようですが、基本の常識を知っておくにこしたことはありません。

「お車代のマナーを知らないなんて非常識!」と思われてしまわないよう、しっかりとチェックしていきましょう。

お車代は基本全額、無理でも半額は必須

まず、お車代は「全額負担」が基本です。

新郎新婦は「来ていただく立場」であり、ゲストの負担を最小限に止める必要があります。

交通費、ご祝儀、ヘアセット、お呼ばれドレスの購入…などなど、結婚式への参列は何かとお金がかかるので配慮が必要ですよ!

県外からの出席かつ交通費が5,000円程度かかる場合や、新幹線や飛行機を使わないといけない距離の場合は、お車代は必須と考えてください。

予算の都合で全額は難しいと言う場合は、事前にその旨を伝えた上で、交通費の半額をお車代としてお渡ししましょう。

間違っても「お車代を切り詰めてドレスや装花を豪華にする」なんて失礼なことはしないようにしてくださいね!

親戚のお車代はどうする?

親戚のお車代に関しては、家によってすでに取り決めがある場合もあるので、両親に聞くのが一番です。

「一律でいくら」「お互い様だから必要なし」「親戚分は親が負担する」といったルールがあれば、それに従いましょう。

もし特別な取り決めがなければ、他の参列者のお車代と同じようにお渡しするのが常識です。

親族の場合、夫婦単位や家族単位でご招待することもあるかと思いますので、その場合は人数によってお渡しするお車代を調整してください。

お車代はどうやって渡すのが正解?

お車代は、まず新郎新婦の両親から受付に預けられます。

その後、参列者のリストに沿って、受付からそれぞれの遠方ゲストにお車代が手渡されることになります。

この場合、封筒に記名などは必要ありませんが、渡すときに間違えないよう付箋を貼っておくというのが一般的なようです。

ご祝儀の受け取りにお車代のお渡しと、受付にはお金を扱ってもらう重要な仕事を任せることになります。

受付を決める際には、友人の中でもとりわけきっちりとした真面目な性格の人にお願いしてくださいね。

事前に伝える必要はある?

お車代は、基本的に何も言わなくても用意するのが常識です。

しかし、事前にお車代について伝えておくのもマナー違反ではありません。

仲の良い友達であれば、具体的な金額を教えてあげてもいいかもしれませんね。

ちなみに、これはイレギュラーですが「お車代が出ないと思ったから、ご祝儀を減らした」なんてゲストもいるようです。

そんな事態を避けたいという場合は、前もってお車代の件を伝えておいた方が、お互い気持ちよく当日を迎えられるかと思います。

「出席が確定した時点で新幹線チケットを手配して送る」というのも、交通手段で迷っている年配のゲストには喜ばれるようですよ。

感謝の気持ちを込めてお車代を用意しよう

結婚式には多額の費用がかかります。

さらに遠方からのゲストが多ければ多いほど、お車代ももちろん増えていくでしょう。

しかし、お車代は「節約ポイント」ではありません。優先すべき大事なポイントです。

「来てくれてありがとう」と言う気持ちを示すためにも、やはりお車代はきちんとお渡しすべきです。

お車代の有無や金額によってその後の関係が悪化する、なんて悲しいですよね。

親しい仲だからといって甘えることなく、心からの感謝の気持ちを込めてお車代を用意するようにしましょう。

Source: feely[フィーリー]
誰にどれくらい渡す?結婚式の「お車代に関するマナー」をチェック