Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ブラジリアンワックスは痛くない!失敗しない正しい方法をご紹介

ブラジリアンワックスは痛くない!失敗しない正しい方法をご紹介

敏感な肌でも安心して使えて、デリケートゾーンの脱毛にもぴったりなブラジリアンワックスは、セルフ脱毛アイテムとしても多くの人の支持を得ています。しかし、ワックスには痛いイメージがあり、敬遠する人も少なくありません。痛みを和らげる方法はあるのでしょうか?

今回は、

  • ブラジリアンワックスが痛いと言われる原因
  • 間違ったブラジリアンワックスの脱毛方法
  • 正しいブラジリアンワックス脱毛のやり方

などについてご紹介します。

ブラジリアンワックスって痛いの?

「ムダ毛をなくしてツルツルの肌を手に入れたいけれど、痛みはガマンできない」という人も多いでしょう。そもそも、ブラジリアンワックスを使った脱毛は本当に痛いのでしょうか?そして、痛みがあるとすれば、どのようなことが原因になるのでしょうか。

正しいやり方で行わないと痛い

結論から言うと、ブラジリアンワックスを使った脱毛には多少の痛みを伴います。しかし、ガマンできないほどの痛みの原因は、間違った脱毛方法にあることがほとんどです。肌に負担をかけないためにも、使用するワックスの説明書をきちんと読み、正しいやり方で脱毛することが重要です。

正しいやり方でも若干の痛みはある

ブラジリアンワックスは、正しいやり方で脱毛を行っても、痛みが全くないということはありません。しかし、痛みを大きく軽減することは可能です。痛みが起きる原因を知ってきちんと対処すれば、それほど苦痛を感じることなくツルツルの肌を手に入れることができるでしょう

ブラジリアンワックスでやりがちな間違った方法

ブラジリアンワックスを使った脱毛は、間違ったやり方をすると痛いだけでなく、思い通りの効果が得られないこともあります。具体的には、どんなやり方で失敗することが多いのでしょうか。脱毛の際にやりがちな、NG方法についてまとめました。

汗や水分が肌に残った状態で脱毛している

汗や水分が肌に残った状態でワックスを塗ると、ムダ毛がキレイに抜けないことがあります。ワックスが滑りやすくなり、ムダ毛の根元にしっかり密着できなくなるためです。ワックスを塗る準備として、肌を清潔にする必要がありますが、シャワーなどを浴びる際は水分をきちんと拭き取っておきましょう。

ワックスがゆるい

ムダ毛がキレイに抜けない原因の一つに、ワックスがゆるくなりすぎているということがあります。ワックスは原材料にハチミツを使っていることもあり、冷やすと硬くなり、温めるとゆるくなる性質を持っています。ちょうどいい硬さにならないとムダ毛にうまく密着できず、期待できる脱毛効果が弱くなるので、温度管理に気を付けることが大切です

剥がす方向を間違えている

ブラジリアンワックスは、ワックスを塗った部分にシートを当てて、一気に剥がす方法で脱毛を行います。シートを剥がす方向を間違えてしまうと、ムダ毛がキレイに抜けないだけでなく、強い痛みを伴うこともあります。毛の流れに沿ってワックスを塗り、正しい方向に剥がすことが重要です。

剥がすときに皮膚を押さえていない

ワックスシートを剥がすときに、周りの皮膚をしっかり押さえていないと、皮膚ごと引っ張られてしまい、ムダ毛がきちんと抜けません。また、毛穴から出血するなど、痛みの原因にもなるので注意しましょう。シートを剥がすときは脱毛箇所の皮膚がピンと張るように、姿勢に気を付けるのもコツです。

毛の長さが適切ではない

ブラジリアンワックスは、種類によって脱毛に適している毛の長さが決まっています。セルフ脱毛に使用されることが多いシュガータイプは、ムダ毛に1㎝ほどの長さがないとキレイに脱毛できません。しかし、毛が長すぎるとワックス剤が絡まって、剥がすときに痛い場合もあるので、適切な長さにハサミでカットしてから行うと良いでしょう。

ワックスを毛の根元から塗れていない

ムダ毛をキレイに抜くには、根元の部分にしっかりワックスを密着させることが重要です。毛先の部分しか塗れていないと、根元が抜けなくて脱毛に失敗するだけでなく、強い痛みが伴います。「痛いのに抜けなかった」という思いをするのは残念ですよね。ワックスを塗る時は、根元の塗り残しをしないように意識して行いましょう。

間違ったやり方は痛み以外にもトラブルを招く!

ブラジリアンワックスを使った脱毛は、間違ったやり方で行うと痛いだけでなく、脱毛効果も弱まるということが分かりました。しかし、実はそれ以外にもトラブルを起こしてしまうことがあります。脱毛の前に知っておきたい、皮膚トラブルの可能性についてまとめました。

肌荒れ

ブラジリアンワックスは毛根から毛を引き抜く方法なので、間違ったやり方で使用すると、肌荒れを起こすというデメリットがあります。また、処理後すぐは毛穴が開いた状態になるので、不衛生なままにしておくと菌が入って化膿してしまうこともあります。肌に負担をかけない正しい脱毛方法を守るだけでなく、アフターケアにも気を付けましょう。

埋没毛が多くなる

ブラジリアンワックスによって毛根から毛を引き抜くもう一つのデメリットは、埋没毛ができやすくなることです。埋没毛とは、間違った脱毛方法などが原因で毛穴が傷つき、新しい毛が毛穴の中に埋没したまま成長してしまうことを言います。埋没毛は肌表面に黒いブツブツを作るため見た目が悪く、一度できると改善しにくいという難点があります。

出血を伴うことも

ブラジリアンワックスを使った脱毛を行うと、毛穴から出血することがあります。毛根の根元には毛球という部分があり、ここに毛細血管が通っています。太い毛などを引き抜くと、毛細血管が傷ついて出血することがあり、驚かれる方がいるかも知れませんね。出血自体はよくあることなので、患部を冷やすなどのアフターケアを怠らないようにしましょう。

ブラジリアンワックスの痛みを軽減させる方法

ブラジリアンワックスの使用には、多少の痛みが伴います。しかし、脱毛方法に気をつければ痛みを軽減することが可能です。ブラジリアンワックスで脱毛を行う際の、痛みを抑えるポイントについてまとめました。

水性のワックスを使う

ブラジリアンワックスの種類には、油性タイプと水性タイプがあります。脱毛の際の痛みをなるべく抑えるには、水性タイプのワックスを使用すると良いでしょう。油性に比べて水性は固まりにくく、剥がすときの痛みが比較的少ないと言われます。砂糖やハチミツなどの安全な原料でできているのも、肌に優しくて安心できますね。

蒸しタオルで毛穴を開いてから脱毛する

脱毛する前に、肌に蒸しタオルを当てて毛穴が開いた状態にしておくと、ムダ毛が抜けやすくなります。肌が冷えて硬くなった状態で毛根から毛を引き抜くと、肌への負担が大きく、痛みや出血の原因になります。肌を温めることで痛みも感じにくくなるので、是非お試しください。

脱毛箇所にベビーパウダーをはたく

脱毛したい部位にベビーパウダーをはたいておくと、余分な水分を吸収でき、ワックスの密着性が高くなってムダ毛がキレイに抜けます。しかし、肌とワックスが密着しすぎても、角質が剥がれる原因となり、痛みや肌荒れを起こす場合があります。ベビーパウダーは、肌とワックスの密着性をちょうど良い状態に整えてくれるので、肌を保護するためには必須のアイテムです

毛の流れにそってワックスを塗る

ブラジリアンワックスは、毛の流れに沿って塗るようにしましょう。毛流れを無視すると、シートを貼り付けて剥がすときに正しい方向に力がかからず、うまく毛が抜けないだけでなく、痛い思いをすることになります。アンダーヘアなど、毛の流れが複雑な場所は、狭い範囲に分けて少しずつ脱毛を行ってください。

毛の流れとは反対にワックスを剥がす

ワックスを塗ったら、シートを上から押しあてて一気に剥がします。このとき、毛の流れと反対の方向に剥がすことがポイント。剥がす方向を間違えたり、勢いが足りなかったりすると毛が上手く抜けず、肌を傷めるリスクもあるので注意しましょう。

どうしても痛い場合は病院へいく

ブラジリアンワックスを正しい方法で使用すれば、脱毛後にひどい痛みが残ることはほぼありません。万が一失敗して、痛みがある場合は患部を冷やすなどして対処しましょう。どうしても痛みが消えない場合は、病院の皮膚科に行って相談することをおすすめします。

施術後の正しい処置について

毛根から毛穴を引き抜くブラジリアンワックスは、施術後に毛穴が開いた状態になるため、アフターケアが大切です。正しいケアをしないと、せっかくキレイに脱毛ができても、肌荒れを起こしたり、埋没毛に悩まされたりすることになりかねません。脱毛後の正しい処置の方法について、大切なポイントをまとめました。

当日:脱毛箇所を冷水に浸したタオルなどで冷やす

脱毛した当日は、ムダ毛を処理した部位を、冷水に浸したタオルなどでよく冷やしましょう。脱毛した箇所は熱を持つことがあり、炎症を起こさないように鎮静することが重要です。出血を起こしている場合も、そのまま放置するとかさぶたができて毛穴を塞いでしまうので、血を拭きとって患部を冷やすのが正しい処置の方法です。

当日:お風呂はシャワーで済ませる

脱毛直後は毛穴が開いた状態になるので、雑菌が入らないようにお風呂はシャワーで済ませましょう。風呂場の浴槽の中には雑菌が繁殖しやすいので、毛穴から菌が入り込んで化膿する危険があります。同じ理由で、サウナやプール、海に入るのもNGです。

2~3日以降:化粧水やクリームで保湿する

脱毛してから2~3日以降は、角質が硬くなって毛穴を塞ぐのを防ぐために、化粧水やクリームを使って保湿しましょう。特に保湿クリームなどの油分のあるものは、開いた毛穴に詰まって逆効果にならないように、脱毛直後ではなく数日置いてから使用することをおすすめします。

1週間後:スクラブでケアをして埋没毛を防ぐ

脱毛から1週間経ったら、スクラブを使ったケアを行いましょう。新しい毛が毛穴に埋まったまま成長してしまう、埋没毛ができるのを防ぐためです。スクラブで毛穴の中をキレイにしておくと、ふわふわした触感の新しい毛が生えてきて、次の処理も楽になると言われています。肌が敏感な状態でスクラブを行うと逆効果になる場合もあるので、1週間後を目安に行いましょう。

まとめ

ブラジリアンワックスを使った脱毛は、毛根から毛を引き抜くため、痛みが全くない方法ではありません。しかし、正しいやり方で脱毛を行えば、痛みを和らげることはできます。また、脱毛後も正しいケアをしないと肌トラブルを起こす場合があるので、鎮静と保湿をしっかり行いましょう。一瞬の痛みはありますが、ブラジリアンワックスには肌に優しい成分でできている製品も多いですよ。この記事を参考に是非トライしてみて下さい。

Source: feely[フィーリー]
ブラジリアンワックスは痛くない!失敗しない正しい方法をご紹介