Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

冬も日焼け止めが必要?冬におすすめの日焼け止め7選

冬も日焼け止めが必要?冬におすすめの日焼け止め7選

日焼け止めは夏に使うもの、と思っている方は少なくありません。日差しの強い夏しか日焼け止めを使わないという方は確かに多いですが、実は冬でも日焼け止めは必要です。

そこで、ここでは

  • 冬にも日焼け止めが必要な理由
  • どんな日焼け止めを使えばいいのか
  • おすすめの日焼け止め

についてまとめてみました。

冬でも日焼け止めが必要?

冬は夏に比べて日差しも弱いため、日焼け止めが必要なさそうですよね。確かに日差しは弱いですが、紫外線は一年を通して降り注いでいますし、雪の積もったところだと照り返しで日焼けすることもあります。詳しく見ていきましょう。

夏に比べて日照時間は少ないが紫外線は降り注いでいる

紫外線は夏だけ降り注いでいるわけではありません。そのため、基本的に紫外線対策は季節に関係なくしたほうが良いです。紫外線対策をさぼりがちな夏以外の季節こそ、しっかりケアする必要があります。

冬の紫外線は、夏に比べて1/3程度と言われています。きちんと紫外線対策をして1分外に出る真夏と、まったく何も対策をせずに10分外に出る冬とでは、冬のほうが紫外線によるダメージを受けやすいのです。

雪の積もったところでは照り返しで日焼けすることもある

雪がたくさん積もるような地域や、雪山などでは日光の照り返しもあります。太陽の光が雪に反射して、それが原因で日焼けしてしまうことも珍しくありません。ウィンターシーズンには雪山へスキーやスノーボードなどを楽しみに行く方も多いでしょう。このような時も、しっかりと紫外線対策をしておく必要があります。

雪は日光が当たると、紫外線の80~90%を反射すると言われています。これはつまり、直射日光を浴びているのとほとんど変わらないということになりますね。雪からの照り返しくらい、と甘く見ていた方もいるでしょうが、それは大間違いです。紫外線の反射率は、アスファルトが10~20%ほどと言われているので、いかに雪の反射率が凄いかが分かります。

冬に日焼け対策を怠っているとシミ・しわの原因に!

紫外線への対策をきちんとしていないと、肌の内側でメラニンが蓄積してしまいます。生成されたメラニンが色素沈着してしまうと、シミの原因になってしまいますし、しわの原因となることもあります。いつまでも若々しい美肌でいたいのなら、手を抜きがちな冬にこそ紫外線対策をきちんとしなくてはなりません。

夏に受けた肌のダメージのケアのためにも冬の日焼け対策は重要

夏場は特に紫外線によるダメージを受けやすいです。冬は日照時間も短いため、肌のダメージケアをするには適しています。夏に受けた肌のダメージをそのまま放置してしまうと、冬の紫外線によって更なるダメージを受けてしまう可能性もあります。冬こそしっかり紫外線対策をして、夏のダメージを回復しておきたいですね

冬の日焼け止めは夏と同じものでいいの?

冬の紫外線対策が重要なことは理解できたと思いますが、夏に使っていた日焼け止めと同じでいいのか、という疑問もありますよね。冬場は夏と気候が随分違うので、夏と同じ紫外線対策では肌を傷めてしまう恐れがあります。

日常生活ではSPF10~20・PA+程度のものを選ぶ

SPFやPAの値が大きくなればなるほど、紫外線からしっかり肌を守れます。ただ、紫外線からのダメージは軽くすることができても、肌にかかる負担が大きくなってしまうため、注意が必要です。

冬は空気も乾燥して肌がダメージを受けやすくなっているため、普段の生活ではこれくらいの数値の品を選んだほうが無難でしょう。

雪かきやレジャーなど屋外に出る時間が多いときはSPF20~30、PA++を目安に

屋外に出ている時間が長いとなると、それだけ紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。また、雪かきや雪山にレジャーに出かける場合だと、雪からの照り返しも気になりますよね。日常生活で使うものより少しSPFやPAの数値が高いものにしておくと、紫外線からしっかり肌を守ることができるでしょう

乾燥しがちな冬は保湿成分が含まれたものを選ぶ

冬は空気が乾燥しがちですし、すぐに肌がカサカサになってしまいます。肌が乾燥している状態だと、ダメージを受けやすくなるため、なるべく保湿成分が含まれたものをチョイスしてください。保湿成分がたっぷりと含まれた、クリームタイプ、乳液タイプのアイテムだと安心ですね

冬にオススメ?保湿成分を含む日焼け止め7選

ここでは、冬場の紫外線対策に使えるおすすめの日焼け止めをピックアップしてみました。冬場に適切な紫外線対策を行うとなると、保湿成分が含まれるものがベストです。気になるアイテムはぜひ手にしてくださいね。

フィス ホワイト 美白 日焼け止め クリーム


【冬こそUVケア SPF50 + PA ++++ 】 フィス ホワイト 美白 日焼け止め クリーム 「 コラーゲン ヒアルロン酸 配合」50g
【冬こそUVケア SPF50 + PA ++++ 】 フィス ホワイト 美白 日焼け止め クリーム 「 コラーゲン ヒアルロン酸 配合」50g

リーズナブルな価格で手に入れられる日焼け止めクリームです。1000円程度の価格なので、初めて冬用の日焼け止めを買う、という方にもおすすめですね。SPF50、PA++++とハイスペックなので、雪山へレジャーへ出かけるときなどに重宝できそうですね。製造から販売まですべて国内で行われている、というのもポイントです。

キュレル UVクリーム SPF30 PA++


キュレル UVクリーム SPF30 PA++ 30g
キュレル UVクリーム SPF30 PA++ 30g

無香料で無着色の紫外線対策クリームです。日焼け止め独特の香りが苦手、という方は少なくないと思いますが、こちらの製品なら無香料です。肌の潤いを守るセラミドや、ユーカリエキス、アスナロエキスなども配合されています。

アトピタ 保湿UVクリーム SPF29++


アトピタ 保湿UVクリーム 30g SPF29++
アトピタ 保湿UVクリーム 30g SPF29++

1000円を切る価格で販売されている、リーズナブルな日焼け止めです。成分の多くが水という、ウォーターベースの日焼け止めなので、サッと濡れてキレイに落とせるというのが魅力的ですね。ラノリン脂肪酸コレステリルと天然成分のヨモギエキスを加えることで、デリケートな肌を紫外線からしっかり守ってくれます。

ママバター UV ケアクリーム


ママバター UV ケアクリーム
ママバター UV ケアクリーム

赤ちゃんでも使えるような肌へのやさしさを目指した日焼け止めクリームです。重めのテクスチャーで肌をしっかりと守るように感じられるでしょう。

なめらか本舗 UV下地N


なめらか本舗 UV下地N 40g
なめらか本舗 UV下地N 40g

豆乳イソフラボンを配合した、珍しい日焼け止めです。1日中潤いをキープできる保湿力を秘めており、化粧ノリもアップすると人気です。しっかり保湿できますが、日焼け止めにありがちなべたつきはほとんどないと言われています。ふっくらでもちもちした肌も実現できると、女性のあいだで人気のアイテムです。

オルビス(ORBIS) サンスクリーン(R) オンフェイス ライト


オルビス(ORBIS) サンスクリーン(R)オンフェイス ライト 28mL SPF34 PA+++ ◎顔用日焼け止め◎
オルビス(ORBIS) サンスクリーン(R)オンフェイス ライト 28mL SPF34 PA+++ ◎顔用日焼け止め◎

ダメージをカットしながら美肌を実現してくれる、顔用の日焼け止めです。油分や香料も使用しておらず、紫外線吸収剤も使っていません。ちょっとしたお出かけならファンデーションなしでも大丈夫なカバー力があるのも魅力的です。明るく自然なツヤ感に仕上げられる日焼け止めです。

エテュセ 日焼け止め ハーバルUVミルク


エテュセ 日焼け止め ハーバルUVミルク 130ml SPF30 PA+++
エテュセ 日焼け止め ハーバルUVミルク 130ml SPF30 PA+++

シトラスフローラルの心地よい爽やかな香りが印象的な日焼け止めです。なめらかなテクスチャなのでサッと塗ることができ、スピーディな紫外線対策も可能になるでしょう。石鹸でもすぐに落とせる手軽さも魅力の一つです。顔や体はもちろんですが、髪の毛にも使えるというのは斬新ですね。新たなタイプの日焼け止めです。

まとめ

冬だからといって油断していると、紫外線によって肌がダメージを受けてしまいます。手を抜いてしまいがちな冬だからこそ、きちんと紫外線対策をしておきたいですね。

冬は空気が乾燥していることもあり、夏と同じケアというわけにはいきません。ここでお伝えした内容を、きちんと覚えておいてくださいね。おすすめした日焼け止めもぜひ参考にしてください。

Source: feely[フィーリー]
冬も日焼け止めが必要?冬におすすめの日焼け止め7選