Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

冗談が通じない人の特徴と冗談が通じない理由・上手な付き合い方

冗談が通じない人の特徴と冗談が通じない理由・上手な付き合い方

社会でバランスよく生きていくには、肩の力を抜くこともときには必要です。真面目な話ばかりでなく、冗談を交えた会話も効果的に取り入れるべきでしょう。ですが中には、冗談が通じない人がいるのも実際のところです。

そこで、

  • 冗談が通じない人の共通点
  • なぜ冗談が通じないのか
  • 冗談が通じない人との上手な付き合い方

についてまとめてみました。

冗談が通じない人の共通点


冗談が通じない人には、いくつかの特徴がみられます。そのため、扱いに注意すべき冗談の通じない人を見極めるための、チェックポイントにできるでしょう。周囲にこのようなタイプの人々がいないか、思い返してみてください。

ふざけることが苦手

社会で生活するにおいては、真面目であることももちろん欠かせません。そのため、冗談が通じない人が、決して間違っているというわけでもないのです。ですが真面目な人は、その反対でふざけることが苦手です。

たとえば、みんなで楽しめるような冗談を言い合ったり、滑稽な表情や動きをしたり、大人げないことをしたりといった内容です。真面目にすべきときこれらをしてしまうと、強く非難を受けてしまうかもしれませんが、談笑している中においては重要な意味合いを持ちます。冗談の通じない人は、こうした自分を崩すような表現を得意としていません。

真面目すぎる性格

真面目な人は、物事をストレートに捉えてしまいがちです。冗談とは誠実な言動の反対であるため、人を非難したり、バカにしたり、自分を下げたりするような表現だと感じてしまいます。

非難されたら訂正し、バカにされたら怒りを覚えます。もちろん冗談を言った人は本当の意味でそれらをおこなっているわけではないので、違和感を覚えます。そうした理由から、人間関係がうまくいかないケースが少なくないのです。

心に余裕がない


心に余裕がないときは冗談が通じなくなることがあります。やるべきことに対して集中しすぎており、人間関係を楽しむ余裕を見失っているのです。

また、自分に自信がない可能性も考えられます。そうした人は、バカにされたりすると、自分のポジションや心を守るために必死になるでしょう。つまり、保身を重視することで、人間関係における余裕をなくすのです。これもまた、冗談が通じない要因となります。

ネガティブな思考を持っている

真面目すぎる性格の項目でも触れていますが、冗談の通じない人は、バカにされたりするとそのことをストレートに捉えがちです。それにより、冗談であるにもかかわらず怒りを覚えたり失礼だと感じたり、勘違いを起こしたりするのです。

これらは、思考がネガティブだからという理由も伴っているでしょう。マイナスに捉えがちだからこそ、自分にとってマイナスなことを言われるとそのまま受け取ってしまうのです。

なぜ冗談が通じないの?


冗談が通じない人を理解する上では、まず原因を知ることが大切です。それにより、適切な接し方をイメージすることができるでしょう。主には、以下のような理由が考えられます。

プライドが高すぎる

冗談であっても、自分を非難するようなことを言われると、イメージが下がってしまうでしょう。そのため、プライドが高い人はそんな冗談が許せません。少したりとも、自分のイメージを下げたくないからです。冗談を冗談であると理解していてもなお受け入れようとしない、そんなタイプも多いでしょう。

他人の話を聞いていない

話をしっかり聞くことで、その内容に秘められた真意を理解できます。真面目な人であっても、冗談をしっかり聞き入れていれば、それが好意的な内容であると理解しさらに適切な返し方がイメージできるはずです。ですがそもそも話をしっかり聞いていなければ、そういった思考を巡らせることも難しいでしょう。

コンプレックスをこじらせている

冗談めいた悪口であっても、その内容が核心を突いたものであると、軽い気持ちで受け取れないでしょう。冗談に対し冗談で言い返すことができず、反発してしまうかもしれません。

また、冗談を言うようなタイプ自体に悪いイメージをもっているタイプも、冗談が通じにくいです。いずれにおいても、コンプレックスがかかわっているケースは少なくありません。

天然で冗談に気づかない

冗談を楽しむためには、言葉の真意を読み解く技術が必要です。ですが天然な性格の人は、そういった器用な技術を持ち合わせておらず、スルーしていまいがちです。このように、性格上の問題から冗談が通じないという可能性も、ゆうに考えられるでしょう。

冗談が通じない人との上手な付き合い方


では、冗談が通じないタイプの人と上手に付き合うには、どのようにすれば良いのでしょうか。

下手な冗談を言うのをやめる

冗談にも程度があります。品のある冗談があれば、相手をけなす要素が大きい下手な冗談も存在します。後者については、得意不得意が分かれやすいため、冗談が通じない人は特に拒絶しがちでしょう。そのため、下手な冗談を言わないようにしてください。そうすることで、冗談が通じない、もしくは通じにくいタイプの人も接しやすいと感じるでしょう。

そもそも、下手な冗談は口にする本人の格も下げます。品がない、センスがない、幼稚であるといった印象に繋がるためです。冗談の通じない人とのコミュニケーションであるかどうかに限らず、あまり多用すべきでありません。

礼儀正しく接する

冗談の通じない人はプライドが高いです。そのため、プライドを満たしてあげられるよう礼儀正しく接するようにしてください。人としての礼儀やマナーをわきまえて、誠実に接するという意識をもってください。冗談を好まない人には、礼儀正しく品のある人が多いのも特徴的です。こちらの姿勢に対して、同じく礼儀正しい話し方で返してくれるでしょう。

相手に悪気はないと思ってイライラしない

うちとけるために冗談を言ったにもかかわらず、その気持ちを断られてしまった。冗談が通じない人と接するとき、冗談の言える人はそんな状況にイライラしてしまうかもしれません。

ですが、世の中には冗談が得意な人もいれば、苦手な人もいます。いちいちイライラしていては、それこそ人間関係がうまくいかなくなってしまうかもしれません。苦手なだけであって、決して悪気はない、そんな風に考えれば、イライラする気持ちをコントロールできるでしょう。

まとめ

冗談の通じない人は、世の中少なからず存在します。ですが、性格の不一致や笑いのツボの違いが影響しているだけであって、決して悪いことでもありません。冗談が通じない理由を考えて、臨機応変な接し方を意識してみてください。

Source: feely[フィーリー]
冗談が通じない人の特徴と冗談が通じない理由・上手な付き合い方