Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

前髪が浮く原因と前髪を浮きにくくする7つのポイント

前髪が浮く原因と前髪を浮きにくくする7つのポイント

忙しい朝なのに前髪が浮いてしまって、ヘアセットが大変というときはないでしょうか?前髪が浮けばヘアセットしにくくなり、時間がかかります。

今回は、

  • 前髪が浮く7つの原因
  • 浮いた前髪をカバーするスタイリング方法
  • 前髪を浮きにくくする方法

をご紹介します。どうしても前髪が浮いてしまうという方は原因や対処法など参考にしてみてください。

前髪が浮く原因


前髪が浮きやすい人は、ヘアセットに苦労してるのではないでしょうか?浮く原因は人それぞれ違いますが、主にいくつかに原因を絞れます。前髪は後髪よりも短いので、特に浮きやすい部分です。

1.浮きやすいカット

前髪はカットの仕方で、浮きやすくなるかどうか決まります。自分のおでこや前頭部に合っていないヘアカットをすると、前髪が浮きやすいです。人によって頭の形は様々で、オンザ眉毛にしたり、梳きすぎた髪型など、または前髪の重さが足りず軽いので浮きやすい場合もあります。前髪カットは、髪質や生え際に合うようにして切っていく方がよいでしょう。

2.つむじが前髪付近にある

前髪部分につむじがあると、その部分のヘアスタイルが作りにくくなるので、髪が浮きやすいです。前髪につむじのある人は、特に左右に分けるような髪型にすると浮きやすくなります。下ろして髪を流すようなヘアスタイルにすると、浮きにくくなります。

3.直毛すぎる


直毛だと、生え際や柔らかい毛の部分に、湿気や汗で癖ができ、前髪が浮きやすいです。直毛の前髪は流れにくいので、そのままピンと浮いてしまうこともあります。髪の毛がまっすぐに伸びようとするので、おでこに垂れずに浮きます。しかし直毛でもヘアスタイルを作れるので、浮いた部分を直すことは可能です。

4.クセ毛

クセ毛も直毛と同じぐらい、浮きやすい髪です。髪質が硬いような人ほど、クセがつくと直りにくく、浮いたようなクセになると直すのは苦労します。クセの付きやすい髪質であれば、前髪を短くするとクセとなって浮くので、短いカットはおすすめできません。短い髪の毛は軽いので、クセが付きやすく、余計に浮きやすいです。

5.下からドライヤーをあてている

乾かすときやヘアスタイルを作るときに、ドライヤーを下から当てて、髪を浮かすようにしていると、前髪が浮きやすいです。下から風を当てて髪を直接浮かせているので、ドライヤーを使った後は、前髪が浮いた状態になるでしょう。毎回ドライヤーを下から当てていれば、前髪の生える方向も変わります。上向きに生えるようになっていくので、余計に浮きやすくなるでしょう。

6.タオルを巻きっぱなしにしてクセが付いてしまった


髪を洗った後などにタオルを巻きっぱなしにしてクセが付き、そのために前髪が浮くこともあります。タオルを使わなくても、お風呂上がりにすぐに髪を乾かさずそのままにしていると、変な方向にクセが付くときもあります。濡れたままだと雑菌が繁殖して髪によくないのもあるので、髪を清潔に保ちクセを付けないために早めに乾かしてください。

7.ドライヤーでの乾かし方が甘かった

ドライヤーの熱は髪に当てすぎるとよくないので、生乾きにさせて、後は自然乾燥させているような人はいないでしょうか?しっかりと乾かさないと、髪の根元は湿った状態となり、クセが付きやすくなります。また生乾きの状態はキューティクルが開いており、切れ毛や枝毛ができやすいです。切れ毛や枝毛で、前髪に短い毛があれば浮くかもしれません。ダメージを少なくしてドライヤーを使うなら、最初にタオルドライで髪を乾かしてから使います。

スタイリングで前髪の浮きをカバーする方法


前髪は髪質やクセによっても浮きますが、スタイリングを工夫すれば、浮かせないようにはできます。前髪を押さえつけるようにしてスタイリングすると髪が浮きませんが、どうしてもベタっとしたようなスタイルになるというのが欠点です。

上からドライヤーをあてる

まずは髪の毛の上の方からドライヤーの風を当ててください。乾いたままの髪ではヘアスタイルを作りにくいので、ドライヤーを使う前には髪を濡らす、またはお風呂上がりにスタイリングした方がよいでしょう。乾いた髪に熱風を当てると、髪を傷めてしまいます。濡れた髪に、根元を潰すようにしながら、ドライヤーの熱風を上から当てます。風だけ当てると、髪が割れたりするので、ブラシで抑えながらドライヤーを使うとスタイリングしやすいです。

ストレートアイロンをダウンステムにして抑える

前髪が濡れた状態にして、ドライヤーの代わりにストレートアイロンを使っても、浮いた髪をスタイリングできます。使うときは、髪を下ろすように引っ張るだけです。髪が乾いてきたら、ストレートアイロンでアーチを作るように前髪を一気にプレスします。

ストレートアイロンは数分で高温になるので、髪に使うときは当てすぎに注意してください。アイロンで髪をプレスするときは、長時間当てるのではなく、滑らせるようにして一カ所だけ熱を加えないようにします。前髪は量が少なくデリケートな部分なので、ストレートアイロンを長く当てすぎると不自然な髪型になります。また、毎日ストレートアイロンでスタイリングするのは、髪へのダメージを増やすので、前髪が浮いてドライヤーやブラシでも直らない時だけ使うようにしてください。

ロールブラシで根元をつぶすようにドライする


ドライヤーとロールブラシのセットでも、浮いた髪を直せます。まずは前髪を濡らしてください。濡れた前髪の浮いている部分を、ロールブラシに乗せます。その部分にドライヤーの熱風を当てて髪を乾かします。熱風で十分に髪を乾かした後は、さらにドライヤーの冷風を当ててください。熱風から冷風にして髪に風を当てることで、熱で開いたキューティクルが閉じ、ロールブラシによってアーチ状にクセが付き、浮いた髪が直るのです。ロールブラシで根元を潰すようにすると、浮いた前髪をより直しやすいでしょう。

前髪を浮きにくくするコツ


前髪が浮いたなら、スタイリングで直すのも可能ですが、毎回直していては時間がかかり大変でしょう。前髪は少ないので軽く浮きやすいですが、普段から気をつければ浮きにくくもできます。

前髪の量を増やす

前髪を浮きにくくするなら、効果的な方法として、髪の量を増やすことです。前髪は他の部分の髪よりも少ないので浮きやすいです。そこで、前髪の量を増やして重みを付ければ、浮きにくくなります。

失敗も少なく前髪を浮きにくくするには、前髪を長くするようにします。今ある前髪を伸ばすだけでよいので簡単です。前髪を伸ばしすぎると、髪が目に入りやすくなり、ヘアスタイル全体のバランスも悪くなるので、おでこなどとのバランスを考えて前髪を伸ばしてください。

縮毛矯正でボリュームダウンさせる

髪質やクセが原因で、前髪が浮きやすくなっているかもしれません。そのような人は、根本的に対策しないと、少しスタイリングしただけでは、すぐ前髪が浮いてしまいます。浮きやすい前髪を直すなら、縮毛矯正という方法もあります。またはストレートパーマも似た方法です。どちらも髪の毛をストレートに伸ばすので、浮きにくくなります。

縮毛矯正はクセまで直し髪をストレートにする方法で、ストレートパーマは若干クセを残し髪をストレートにする方法です。

10分程度ピンでおさえる


浮いた前髪を押さえつけるようにして、10分程度ピンで固定すれば、浮いた髪が直るかもしれません。髪を濡らしてヘアピンで留めて乾かすと、浮いた前髪を直しやすいです。また朝忙しく時間がないようであれば、ヘアピンで留めた髪型にして出かけるという、応急処置としての使い方もあります。ヘアピンで留めて出かければ、目的地に着いた頃には、浮いた髪が直っているかもしれません。

寝癖直し用スプレーを使用する

寝癖直し用のスプレーがあり、これを使うと手軽に浮いた前髪を直せます。スプレータイプになっているので、水などで寝癖を直すよりも使いやすいです。使うときは、根元から毛先にかけてたっぷりとスプレーしないと、寝癖を直す効果は薄いです。使うときは、スプレーしてドライヤーで乾かすだけでよいです。

スプレーで固める

前髪を固めて重さを付けて、浮かないようにするのもよいかもしれません。そんなときに使うのがヘアスプレーです。液状の樹脂を髪に噴射して付けることで、ヘアスタイルを作ります。ワックスよりもスタイルを長時間キープします。使うときは前髪から30cm程度離してスプレーして、霧状の部分を髪に当ててください。スプレーしすぎると、前髪がバリバリになってしまいます。

スタイリング前にニット帽をかぶり癖付けする


浮いた前髪を直すなら、ニット帽を使うのも1つの方法です。ただしニット帽で癖を付けると、前髪がぺたんとなってしまいます。スタイリングに使うならば、ニット帽を被る時間を短くするか、または浅く被るようにします。

洗い流さないトリートメントをつける

お風呂上がりに使う洗い流さないトリートメントは、スタイリング剤としても使用可能です。お風呂上がり以外にも、朝にスタイリング前に使うのです。トリートメントなので、髪をコーティングし、熱や紫外線から守る効果もあります。付けすぎるとベタベタな髪になるので、付けすぎに注意してください。

まとめ

前髪は頭全体の髪の中でも、量が少ない部分なので浮きやすいです。髪の長さやヘアスタイルによって浮きやすいかどうかは決まります。浮かないようにするにはまずはヘアスタイルを考えてみることであり、前髪が浮いてしまえば、ドライヤーやアイロン、ヘアスプレーを使えば直せるでしょう。

Source: feely[フィーリー]
前髪が浮く原因と前髪を浮きにくくする7つのポイント