Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

髪を綺麗にする方法まとめ!シチュエーション別にできるヘアケア

髪を綺麗にする方法まとめ!シチュエーション別にできるヘアケア

どんな女性でも綺麗な髪でいたいと思うものです。とはいえ、実際にどのような気をすれば綺麗な髪を手に入れることができるのでしょうか。それには普段、髪に対してどのようなケアをすれば良いのかということはもちろん、生活習慣も見直す必要があるかもしれません。

ここでは、

  • お風呂の中で髪を綺麗にする方法
  • お風呂あがりに髪を綺麗にする方法
  • 生活習慣を見直して髪を綺麗にする方法

についてまとめてみました。外側と内側から綺麗にする方法があるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お風呂でできる!髪を綺麗にする方法


髪をきれいにするためには様々な方法がありますが、毎日行うために、行いやすい場所や方法であるとよいでしょう。そこで、毎日お風呂で簡単に実践することができる、髪をきれいにする方法についてご紹介します。

髪質に合ったシャンプーを使用する

髪をきれいにするためにまず心がけたいのが、自分の髪質に合ったシャンプーを見つけるということです。ノンシリコンや、オーガニック、さらにはアミノ酸シャンプーなど非常にたくさんの種類がありますので、それぞれの特徴を把握しておくことが必要です。例えば、アルコール系シャンプーはしっかりと汚れを落とせて泡立ちが良く低価格であるものの、刺激が強くダメージを受けている髪との相性が良くありません。

シャンプーを選ぶ前に自分の髪質がどのような状態なのかをしっかりと把握しておく必要があります。基本的には髪に優しく、皮脂をしっかりと落とせるシャンプーは、慣れるまで時間が必要なことや、価格が高いことなどがデメリットとなりやすいでしょう。様々な種類がありますがよく分からないという方は、透明のシャンプーを選ぶと無難です。透明のシャンプーは添加物が少なく品質が高いと言えるからです。

ジャンボコームを使用する


ジャンボコームをお風呂場に置いておくとトリートメントやコンディショナーをしっかりと髪になじませることができます。手でつける場合は50%も馴染んでいないとも言われており、このような道具を使用して髪全体にしっかりと馴染ませることが必要です。ジャンボコームを使用するだけで髪の毛がサラサラになることをすぐに実感することができるでしょう。

トリートメントとコンディショナーを使い分ける

トリートメントとコンディショナーは混同してしまいがちですが、しっかりと違いを把握しておくことが必要です。トリートメントは主に内側を集中補修する役割があります。もう一つのコンディショナーは主に外側を集中補修する役割があります。基本的には週に3回から4回トリートメントを行うと良いでしょう。コンディショナーはその間の日を埋めるように使用することが理想的といえます。

そのようにして髪全体を内側からも外側からもしっかりとケアすることができるのです。なぜトリートメントの方をたくさん行うかと言うと、重度なダメージは内側から発生することが多く、綺麗な髪を保つ上でまず不可欠なケアと言えるからです。

お風呂上りに♡髪を綺麗にする方法


お風呂上がりに髪をきれいにする方法として、髪をどのように乾かすかはとても重要です。そこで髪を傷めず、さらにはお風呂で行ったケアが無駄にならないようなケアの仕方についてご紹介します。

髪を傷めないように優しくタオルドライをする

お風呂上がりには髪を傷めないように優しくタオルドライをすることを忘れないようにしましょう。タオルドライをしっかりと行うことによって流さないトリートメントをつける時にその有効な成分をしっかりと髪になじませることができます。余分な水分があるとせっかくの有効成分がしっかりと浸透していくことがありませんので注意が必要です。

洗い流さないタイプのトリートメントを使用する

洗い流さないタイプのトリートメントを使用すると、栄養の流出を防ぎ、摩擦から表面のダメージも防いでくれます。何もつけないでいると、いわば裸の状態と同じですので、髪を痛める様々な要因による被害を直接受けてしまうのです。また洗い流さないタイプのトリートメントを使用することによって、ダメージがない髪はさらに守られ、さらさらを持続することができます。

毛先から丁寧にとかしてからドライヤーをかける


髪を乾かす際には、まずは毛先から丁寧にブラッシングしましょう。丁寧に梳かさないと髪が切れてしまい、その断面から枝毛や切れ毛につながっていきます。毛先から梳かし少しずつ根元まで進んでいくと良いでしょう。逆にいきなり根元からとかそうとすると、毛が絡まってしまいしっかりと櫛が通らず、引っかかってしまいます。

正しいドライヤーのかけ方をマスターする

ドライヤーのかけ方にも注意が必要です。まずは毛先が乾燥しないように根元から乾かしましょう。そして毛先に向かって斜め45°の角度で指を通しながら風を当てることが必要です。髪は濡れている状態だとキューティクルの蓋が開いた状態と同じですので、どんどんカラーやトリートメントで入れた栄養が外に出てしまいます。ドライヤーの冷風で冷やすことによって、キューティクルの蓋を閉じる役割がありますので、忘れないようにケアしましょう。

生活習慣も大事!髪を綺麗にする方法


髪をきれいにするためには、どのようなシャンプーを使うか、トリートメントを徹底するかということの他に普段の生活習慣も大いに影響します。そこで綺麗な髪を作る上で避けたい生活習慣についてまとめました。心当たりのある方はそうした生活習慣の改善も含めて、トライしてみると良いでしょう。

過度なダイエットをしない

綺麗な髪を維持する方法として過度なダイエットを避けるということも重要な要素です。髪を綺麗にしたいと思う方は全体の美容にも関心が高い傾向があるかもしれません。だからといって、過度のダイエットで食事制限などをすると髪質にも影響が出てしまいます。

行き過ぎたダイエットの場合、髪にまで栄養がいきわたらず髪の毛を作る細胞が栄養失調の状態になってしまいます。そうなると細い髪の毛しか作れなくなってしまい、全体的に薄くなってしまった印象を与えるでしょう。まずは体の中から健康になることが髪をきれいにするためのステップと言えます。

睡眠時間をしっかりと確保する


睡眠時間をしっかりと確保することも綺麗な髪を作る上では不可欠です。肌をきれいに保つためにゴールデンタイムと呼ばれる時間があるように、きれいな髪を作るためにも大事な時間があります。

やはりお肌と同じ夜10時から夜中の2時までのゴールデンタイムです。この時間にしっかりと水分をとることによって疲れをとり、成長ホルモンを多く分泌することができます。そのようにして頭皮の新陳代謝が活発になり健康な髪の毛を作り出すことができるようになるのです。

適度な有酸素運動を習慣化する

美しい髪を作る上で適度な有酸素運動も効果的です。有酸素運動は全身の血の巡りを良くならせる効果があります。血の巡りが良くなると、頭皮にも栄養が十分に行き渡るようになるでしょう。そのようにして健康な髪を作り出すことができます。リラックス効果やストレスの軽減といった効果も期待できますので、そのような要因によって髪が傷んでしまうということも予防することができます。

タバコやお酒をやめる


きれいにするためにはタバコやお酒をやめるということも大切です。タバコに含まれるニコチンは血管を縮小させる作業があります。そのようにして血の巡りが悪くなってしまうと、抜け毛や薄毛の原因となるのです。またお酒も肝臓でアルコールを分解する際に大量にタンパク質を使います。そのようにしてタンパク質が消費されてしまうと髪にまで行き渡らなくなってしまい、健康な髪を作り出すことができなくなってしまうのです。

定期的に美容院でトリートメントを行う

健康な髪を作り上げるために定期的に美容院でトリートメントを行うというのも良いでしょう。信頼できる美容師さんがいれば、自分の髪の状態をその都度把握してもらい、必要なケアをしてもらうことができます。自分の髪質に合った適切なトリートメントを行うことによって、効果的に美しい髪を作り上げることができるでしょう。

まとめ

このように綺麗な髪を作り出すためには、髪の洗い方や乾かし方、さらには生活習慣に至るまであらゆる要素を検討しなければなりません。まずは自分の出来そうなところから始めて見るのはいかがでしょうか。

Source: feely[フィーリー]
髪を綺麗にする方法まとめ!シチュエーション別にできるヘアケア