Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

感度が低くても、今日から中イキしやすくなる最新情報(ゆう@愛知)

感度が低くても、今日から中イキしやすくなる最新情報(ゆう@愛知)

こんにちは、愛を知る県在住のゆうです(Twitter⇒https://twitter.com/yuu16863

先日21歳の美紀さんから依頼をいただき性感開発をしました。
そして中イキ性感開発1回目にして中イキ、連続オーガズムへと突入しました。
こうなると、体外式ポルチオマッサージでも、キスでも何しても逝けるようになります。

僕のテクニックがすんごいわけではありません。
美紀さんのポテンシャルが高かったので良い結果が得られました。

ある意味、美紀さんの性感開発をさせてもらえたのはラッキーでした。

というのは今回の性感開発によって、中イキに対する僕の仮説に息が吹き込まれ、命が宿ったような感じがしたからです。

正直お会いするまでは事前の依頼内容を読んで、こんな風に思っていました。

週1回のクリオナニーしかしていないのか・・・
男性経験も多くないし、時間がかかるかもな・・・

これから、中イキについての持論を述べていきますが、ネットを調べればどこにでも書いてある情報を書くつもりはありません。

中イキ性感開発で出会った女性たちの協力によってわかってきた、中イキする方法について最新の情報を書きます。

読むだけで中イキしたくなるようなそして、中イキ確率がアップするような内容をお届けしたいと思っています。
ものすごく大げさに書いてますが・・・

ただ、理屈ばかりを並べ立てても飽きてしまうと思います。
ですから、美紀さんとの会話や性感開発の様子を描写しながら、お伝えしていきます。

中イキ性感開発をしている男性の参考になる部分もあるでしょうし、
中イキに向けて膣トレしている女性にとっても、ブレイクスルーになる情報をお伝えしたいです。

美紀さん(21歳)の事前情報

  • つきあった男性は4人、彼氏あり
  • オナニーは週に1回クリを触る程度
  • 膣内に道具や指を入れたことはない
  • 膣内の感度が低く、手マンや挿入がそれほど気持ちよくない
  • 彼氏の期待に応えようとして快感に集中できない

10時半にお会いし、サービスタイムが終了する18時まで性感開発を行いました。

これから、美紀さんの性感開発体験の流れをお伝えしながら、随時中イキポイントを説明していきますね。

美紀さんの性感開発スタートまでの流れ

開発内容の確認

ラブホテルのフロント集合予定だったんですが「着きました」と連絡があったものの全然やってこない。
なんと美紀さん、隣の建物のラブホのフロントで待っていたそうです(笑)

こういうトラブルは二人の共通の体験になるので、距離感が縮まりますね。

無事お会いできて、事前のやり取りでお聞きしていたニーズを確認し、「体験内容は●●で、中の感度があがることがゴールでオッケー?」と確認します。
そのほか、お互いが安心して楽しく時間を過ごせるようにあれこれ確認し体験スタートです。

珈琲を飲みながらドラヤキ(抹茶味だよ)を食らう

僕が途中で買ってきたドラヤキが気になって仕方なかった美紀さんに「ドラヤキ食べる?」というと、満面の笑み。
(ひとりでこっそり食べようと思っていた僕は、半笑い)
ここでさらに、距離感が縮まりました。

美紀さんの性感開発スタート

ベッドに寝ころびながら雑談しタッチやキスをしていく

ソファーに座るかベッドに横になるかしながら、普通の雑談だけでなくエッチな話もしていきます。
頭をなでたり、体のラインにタッチしながら距離感を縮めます。

焦らしキス2.0

僕が焦らし2.0と呼んでいるキスを耳や頬にして、少しずつ自然な流れで洋服を脱がしていき、シャワーへ移動するつもりだったのですが、「やめて」と言われます。
「どうして?」
「我慢できなくなっちゃった。
シャワー浴びて早くもっと触って欲しい」
「キスだけで興奮しちゃう??」
「うん、我慢できなくなっちゃうの」

(まあ、興奮するようなキスしたけど・・・)

こういう事を素直に言える女性は可愛いですね。
また、言える関係が構築できているなと安心しました。

中イキポイントその1

中イキのためには、

  • リラックスや安心感
  • 快感と性的な興奮
  • 膣内性感帯を探り、その子が一番感じる触れ方で刺激し続ける

が必要だと思いますが、

「私はキスしてると興奮してくる!」と自分の興奮ポイントを分かっていて(認識していて)それを言葉にできる子は自らを興奮状態へともっていくのがうまいです。

人が発する言葉は大なり小なり、自分への暗示となります。

  • 自分がどうされると興奮するのかを把握し
  • それをエッチ中に口に出すこと

そうすることで、さらなる興奮へと自らはまっていくことができます。

セックスで中イキできるかどうかを男性任せにするのではなく、
「私はどうされると興奮するのだろう?」「私はそれをセックス中に口に出して言ってる?」とご自身の興奮スイッチを振り返ってみてください。

中イキできるかどうかを男性に任せる【だけ】の女性は好きではありません。
そういう人の性感開発はお断りするようにしています。

自分を磨いていくことで、男性のテクニックに頼る事なく逝けるような体になって欲しいからです。

さて、焦らしキス2.0で興奮が高まった(自ら興奮状態へはまっていった)美紀さんが先にシャワーを浴び、本格的に性感開発がスタートします。

美紀さんがシャワーを浴びている間に、空調や照明を調節し、ゴム、オモチャ、潤滑ローション、拘束用の手錠などを準備します。(紳士的に準備してますが、心の中はシャワーを覗きたい気持ちでいっぱいです)

キス講習

「キス好きでしょ?またする?」←美紀さんの暗示(ある意味思い込み)を深めるために言っています。
頭や頬、耳、首筋などに優しくタッチしながら焦らしキス2.0をします。
興奮してきた美紀さんが僕にギュゥーと抱きついてきます。

「キスでまた興奮してるの?」

「うん、キスで興奮する・・・我慢できない・・・」

このような感情がこもった言葉は、強烈な自己暗示になります。

感情がこもってない言葉で「俺はビックになる男!」と言っても、借りてきた言葉ですから自己暗示効果はほとんどありません。
しかし、美紀さんのように感情を込めて言うと、どんどん「私はキスだけで興奮してしまう女」という思い込みを強くしていきます。

このように自らを興奮へとはめていく行為は中イキを強烈に後押しします。
(このはめるは、あの、はめるではありません 笑)

「もっと舌を柔らかくして、こんな風に動かしてごらん」

キス講習と言っても、僕が上手なキスをするわけではありません。
(そもそもうまくないし・・・)

女性が彼氏や旦那さんをキスだけでとろけさせ、ムラムラさせるようなキスを指導します。
僕の性感開発はそういう事をしています(という宣伝)

何も難しい事は教えてません。

殆どの人がキスを学んだ事なく、ベロンベロンと舌を動かしているだけです。
が、10分くらい指導すれば相当上達します。私たちは変化・成長し続ける生き物だからです。

うまくできれば、「そうっ上手」と褒めます。
うまくできると自分も気持ちいいので、体で覚えていく事が出来ます。

僕が適当に褒めているわけではない事を、わかっているはずです。

褒められた嬉しさと気持ち良さで、心はとてもいい状態になっていきます。
この嘘偽りのないリラックスかつポジティブな気持ちが中イキを後押しします。

「中イキしたい!」ではなく、いつの間にか「中イキしなきゃっ」と義務感になっている女性の性感開発をする場合は、こういうメンタル面にアプローチをしてください。

そして何より、僕が気持ちいいんです。
はっきり言って、上手なキスをされるとヤバイです。(思い出すだけでも興奮します)

間違いなくキスだけで股間がはちきれます。
(嘘つきました。そんなに大きくないです)

お互いにもっともっとと相手の唇や舌を優しく・情熱的に求め合うようになります。
そして嬉しい事にそのキスで彼氏を興奮させられるので、自己成長を実感できるようです。

そうして自分に自信をつけていきます。

性感開発とは、僕が女性に気持ちいいキスをしたり、上手な手マンをしたり、挿入で逝かせるとか、そういうものではありません。

女性が

  • 自分のカラダを知り
  • テクニックを磨くきっかけを作り
  • 中イキしやすいカラダになる手伝いをする
  • その結果、女性は自分自身や自分のカラダに自信を持つ

僕の性感開発では、こういう事を目的としています。

今回のまとめ

  • 興奮ポイントを知り、口にする事で自ら快感にはまっていける
  • 男性はそれをサポートすることに徹する
  • キスはすぐ上達する

です。

続く・・・

追伸
リピーターさんを大切にしたいので、愛知県内での活動は予定がいっぱいです。
ご連絡いただいた場合、お会いするまでお待たせすると思いますがやりとりでお伝えできることはあるかもしれません

ゆう@女性にスイーツは必須です
でした。

ありがとうございました。

Source: 中イキ体験ブログ
感度が低くても、今日から中イキしやすくなる最新情報(ゆう@愛知)