Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

動物占い猿の特徴は?自分の特徴を知れば仕事や恋愛に活かせます

動物占い猿の特徴は?自分の特徴を知れば仕事や恋愛に活かせます

この記事の情報提供者

1990年頃に一大ブームとなった動物占い。もともと四柱推命をベースにしたもので、一般の人にもわかりやすくするため12の動物にたとえたものであり、その性格特性についてはかなり当たると評判は上場です。

そこで、あらためて動物占いで自分の性格特性を知ることで、仕事や恋人とのより良い関係を築くヒントにしてみませんか?ここでは占い師のsaraさんに伺ったお話をもとに、動物占い「猿」の性格特性、恋愛傾向や向いている職業について解説します。

「猿」の基本的な性格傾向

動物占いにおける猿の基本性格について長所、短所の両面からその傾向を見ていきましょう。また、代表的な芸能人についてもご紹介します。

楽しいことが大好きな人気者

猿の基本性格は、とにかく好奇心旺盛で楽しいことが大好き。多趣味で常に動きまわっているので、まわりにはいつも人が集まってきます。どこにいても人気者なのです。

また、純粋で真っすぐな性格をしているので、駆け引きなどは苦手で嘘もつけません。そのため、つい言わなくていいことを言ってしまうことがあります。

芸能人では、女優の広瀬すずさんが猿。一時は、天真爛漫で率直な発言がネットで炎上したこともありました。

しかし、映画、ドラマなどでさまざまな役柄に挑戦し、2019年には朝ドラの主演に抜擢され、今では朝の顔として日本中のお茶の間を明るくしています。周囲の人を明るくする人気者の特徴と、まっすぐな性格がよく現れていますね。

お調子者で褒めれば伸びるタイプ

調子に乗ってうっかりミスをしやすいという欠点もあります。しかし、まわりにおだてられ盛り上がってくると自分も絶好調となり、思わぬ力を発揮することも。

手先が器用な人も多く、楽しいとドンドン追及していきます。さらに、褒められて喜んでつくっているうちに、いつの間にかプロ級の腕前になってしまう人もいるようです。

芸能人では、お笑いトリオのロバートの秋山さんも猿。さまざまな職種で活躍する人物に扮し、架空のインタビューを受ける『ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル』はYoutubeでも大人気で、「憑依芸」とも評されています。正に器用さを活かしプロ級になってしまったといえ、猿の特徴が現れていますね。

会社員よりも自由業で力を発揮

人を楽しませることが好きなので、接客業なども向いています。会社員よりは、自営業や自由業のほうが力を発揮しやすいといえます。

お笑い芸人の有吉弘行さん、ジミー大西さん、三村マサカズさんなどが猿。個性豊かな芸能人の中でも、独自の感性を持ち活躍する人が多いですね。

「猿」の恋愛傾向

人気者でお調子者の猿ですが、どんな恋愛傾向があるのでしょうか?男女それぞれの特徴を見ていきましょう。

何よりも楽しさを重視

猿の人は、男女問わず明るく社交的です。人と壁をつくらず、誰とでもオープンに接することができます。

そのため、同性だけでなく異性の友達も多いのが特徴。恋愛に対しても楽しさを最重要課題とし、堅苦しい付き合いは苦手。一緒に出かけても、にぎやかで楽しいシチュエーションが大好きです。

男女とも相手に尽くす

細かなことにも気づけるという長所を持つため、気配り上手です。また、相手に褒められるともっと喜ばせようとさらに尽くしたくなるのも猿の特徴。

男性の場合は、彼女の誕生日や記念日にサプライズ演出することが得意。普段から相手の好みや欲しいものなどを把握し、相手を喜ばせることに力を注ぎます。ロマンチストな一面があるともいえますね。

女性の場合も相手に尽くすことができます。またそれだけでなく、相手に喜んでもらえるよう、自分磨きも頑張る良妻賢母型でもあります。

古風な一面を持ち浮気は少ない

楽しいことが大好きな反面、警戒心が強いところがあります。そのため、誰とでもすぐ仲良くなるわけではありません。一見矛盾しているように思えますが、どういうことでしょうか?

猿の人は楽しいことをもっとも重視するため、人と深い関係になり、万が一関係がこじれたときにドロドロとしてしまうことを恐れるのです。猿の警戒心は、楽しいことを優先するための防御策なのです。

警戒心の強さがあるため、浮気の心配は少ないのが特徴のひとつとしてあります。オープンな性格ではありますが、一線はきちんと守るという古風な面を持っているといえるでしょう。

「猿」の仕事の傾向

これまで見てきた猿の特徴は、どのような職業で長所を活かすことができるのでしょうか。また、向かない仕事はあるのでしょうか。あわせてチェックしていきましょう

手先の器用さを活かす職業に向く

猿は手先が器用で発想力もあるので、クリエイターや企画開発、出版などが向いています。また一度ハマるととことん突き進むため、職人やアーティストタイプの人も多いでしょう。手先の器用さを活かして、エンジニアやプログラマーなども適しています。

反面、大局的な視点は不得意で、一人で困難に立ち向かうようなタイプではないので、大きな組織のマネジメントは向かないでしょう。自身も手に職をつけたプレイングマネージャーのほうが向いています。

ルーティンワークよりアイディアを形にする仕事に向く

猿の人は、何事も楽しければ続くのですが、楽しくないと飽きてしまい面倒くさがりな面が出てしまうという短所があります。そのため、デスクワークやルーティンワークなど、あらかじめ決められたことが多い仕事や、単調な仕事は向かないことが多いです。

どちらかというと、アイディアをどんどん出し、手足を動かしながら、たくさんの人と楽しみながらつくり上げていくような仕事が向いています。

どんな業界、業種であっても、周囲の人への気配り力と手先の器用さを活かし、楽しみながら取り組める環境に身をおくことで、最大限に能力を発揮できるはずです。

「猿」が人間関係を築く上で気をつけたいこと

人気者でお調子者の猿ですが、どのようなことに気をつけると自身の長所を活かし、より良い人間関係を築けるのでしょうか。人生をより良いものにするためにヒントをお伝えします。

盛り上げすぎに注意

猿の人は社交的で、友達だけでなく仕事関係でも良い関係を築くことが得意です。自分も楽しく、相手も楽しくがモットーであり、場を和ませてみんなを満足させることができます。どこにいても人気者で、まわりから必要とされるキャラクターですね。

しかし、誰もが盛り上がった雰囲気を好きなわけではありません。中には静かな環境を好む人もいるということも知ってください。動物占いだと狼がこれに当たります。調子に乗って盛り上げすぎると失敗することもあるので注意しましょう。

また、同じように盛り上げるタイプの人とはぶつかることも……。自分が楽しむことだけでなく、周囲のさまざまな気質を持つ人への配慮を忘れないよう、気をつけられるようになると良いですね。

口うるさすぎに注意

細かなことにも気づくことができる長所を持ち、気配り上手ではありますが、時としてつい口うるさく言い過ぎ、部下や後輩から敬遠されることも。よかれと思ってアドバイスしたとしても、相手によっては余計なお世話と受け取られるものです。また、人それぞれキャパシティーが異なるので、相手を追い詰めてしまうことにもなりかねません。

相手の状況を見ながら、多少なことは大目に見る度量を持ったほうがうまくいくでしょう。

まとめ

気配り上手で手先が器用、何よりも楽しさを重視する猿。調子の乗りすぎと口うるさすぎに注意が必要ですが、ポイントは相手に合わせるという点です。

まわりの人の動物占いの動物をリサーチし特徴を把握した上で、相手に合わせた気配りをすれば、まわりの人との関係をより良いものに発展させられるでしょう。猿の長所を活かし、周囲を明るくすることで、より活躍できると良いですね。

Source: feely[フィーリー]
動物占い猿の特徴は?自分の特徴を知れば仕事や恋愛に活かせます