Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

成功者に聞く!「低年収男子」が結婚するために実践した婚活テクニック

成功者に聞く!「低年収男子」が結婚するために実践した婚活テクニック

低年収男子におすすめ婚活テクニック

低年収男子は婚活が難しい?

モテない男

低年収男子の婚活は難しいといわれることが多いです。その理由は「低年収男子との結婚に女性が不安を感じてしまう」「結婚式、出産、子育てといったライフイベントがイメージできなくなる」などが挙げられるでしょう。

実際、婚活中の女性の多くは「低年収男子は希望外」であることがほとんど。しかし、考え方や工夫次第で婚活を成功させることは十分に可能です。

女性への希望条件はやや低めに設定

モテない女性の外見

女性への希望条件はやや低めに設定しましょう。

希望条件が高かったり、多かったりするとその分希望に該当する女性が少なくなり、それに伴いチャンスも減少してしまいます。

低年収男子が婚活で成功するためには、一人でも多くの女性と出会うことが大切。思わぬタイミングでお互いに理解し合える相手と出会えることがあるのです。

まずは「恋愛関係」を目指す

海、デート、水着

いきなり「結婚前提」ではなく、「恋愛関係」を目指しましょう。

実は、恋愛関係を経ていれば低年収でも結婚がしやすくなるのです。実際「多少金銭的に不安があっても信頼できる人と結婚したい」と考える女性は少なくありません。

「好きな人と結婚できるなら共働きでも問題ない」「結婚してから経済面は考えていけばいい」といった意見を持つ女性も珍しくないのです。

そのため、まずは恋愛関係を築くことを念頭において婚活をすることが大切。信頼し合える素敵なカップルとして成立してから、結婚へと段階を踏むことを意識してください。

副業や投資や節約で経済面不安をカバー

貯金できない、不安、金銭感覚

副業や投資など低年収をカバーする努力も大切です。 年収600万円貯金30万円という男性より年収280万円預貯金300万円の男性の方が結婚相手としては生活力があり選ばれる可能性が高いです。

結婚を目標としている方は多いですが、決して「ゴール」ではありません。結婚後も生活が安定するよう、工夫していく必要があります。そのためには、まずは「金銭面」を重視しなければならないでしょう。

生活が難しい程の年収では、婚活は難しいのが現実。本職とは別の収入減を確保するかやりくり上手になるかで、所得の低さをカバーする努力をしてください。

資格取得やスキルアップの勉強をする

職場、仕事

資格取得やスキルアップをすることで、婚活の成功率がぐっと高まります。

これは、将来的に収入をアップすることはもちろんのこと、婚活時の「自己アピール」にも活用できるため一石二鳥です。今はこの収入だけれども将来性がある男性なのか、単なる怠惰の結果の低所得なのかは全く違います。

とくに、自分のアピールポイントが思い浮かばない方は、こうした「努力している面」を見せることで、女性の心を掴みやすくなるもの。将来的な安定性も期待できる資格であれば、なお結婚相手として現実的に見てもらいやすくなるでしょう。

婚活サイトのプロフィールは細かく丁寧に

スマホを持つ20代女性

婚活サイトを利用する場合は、プロフィールを「細かく」「丁寧」に書くことを意識しましょう。

プロフィールは、その人となりを表す重要なポイント。自分がどんな人間であるかを的確に分かりやすく記入することで、女性に親近感を持ってもらいやすくなりますし、安心感を与えることにもつながります。

初めてプロフィールを見る側にとっては、ネット上の「初対面」ともいえるシーンですので、細かく丁寧なプロフィールを意識しましょう。

婚活相談所よりもお見合いパーティー・街コンを優先させる

街コンジャパン

低年収男子は、婚活相談所よりもお見合いパーティーを優先させることが大切です。

婚活相談所の場合、「希望条件の該当者」を中心に紹介されるシステムとなっているため、女性の希望条件と自身の年収が一致していない場合は、紹介されるチャンスが少なくなってしまうのです。会えるチャンスが減ることで、自身の人となりをアピールすることもできません。

しかし、お見合いパーティーであれば、人柄や性格、お互いのフィーリングなどで結婚相手として意識してもらいやすくなります。お見合いパーティーも回転寿司形式ではなく、一緒に料理をするとか水族館に行く等の体験型のイベントの方が自然に会話ができて親しくなりやすいでしょう。

低年収男子の場合は、直接会ってアピールすることが大切。お見合いパーティーを優先させながら、婚活を進めてください。

お見合いパーティー探しなら、様々な婚活イベントが一括検索できる街コンジャパンがおすすめです。

街コンジャパン 公式ページ

そもそも低年収っていくら?

年収300万円以下が低年収とされている

音楽

一般的に「低年収」といわれるのは、年収300万円以下です。

現在、日本の社会人の大部分が年収300万円代であるといわれている中、決して他人事ではないのが事実。不景気が災いして、現在よりもさらに収入が下がる可能性も十分に考えられます。

低年収は全体のおよそ3割

低年収といわれる「年収300万円」の社会人は、全体のおよそ3割です。

意外にも低年収は少なくなく、およそ3~4人に1人が低年収という計算になります。そのうえ、低年収は結婚率が低く、20代男性で8.7%、30代男性で9.3%と、10%にも満たないのです。

近年は年収を重視しない女性が増えてきている!

女性の活躍が後押しに

すれ違う、職場

低年収男子は結婚が難しいとされていますが、近年は女性の活躍が後押しされていることから、男性の年収をさほど気にしない女性が増えてきています。

もともと共働きを前提としている女性も多く、「男性が家族を一人で養う」といったスタイルが時代とともに変化してきているようです。

一人でも生きていける女性が、一緒にいることで安らぐという存在があなたなら結婚に至ることは十分にあり得るのです。

高所得の女性も増加傾向に

女性の活躍が後押しされて始めたと同時に、高所得の女性も増加しています。

いわゆる「キャリアウーマン」が増え、育児や家事と仕事を両立している女性も少なくありません。

「稼ぎ頭は妻」といった家庭も、珍しくなくなりつつあるといえます。ただし、彼女たちもヒモを望んでいるわけではありません。素敵な男性で居心地がよく、結果的には彼女の方が収入が高いというだけです。

彼女たちの周りには高収入男性が多くおります。彼らよりも自分の方が勝る何かをアピールしましょう。

低年収男子でも婚活は成功できる!

気遣い、思いやり、聞き上手、家事力など他の男性と差をつけて

低年収男子でも、婚活は成功させることができます。

もちろん、結婚生活にはさまざまなライフイベントがあり、それなりにお金が必要になる場面が少なくありません。しかし、パートナーと生活を工夫したり、パートナーとともに収入を確保したりすれば、安定した結婚生活を送ることは難しくありません。

現在、婚活中の低年収男子のみなさんは、本ページの「婚活テクニック」を参考にしながら、素敵なパートナーを探してみてください。

The post 成功者に聞く!「低年収男子」が結婚するために実践した婚活テクニック appeared first on まりおねっと.

Source: まりおねっと
成功者に聞く!「低年収男子」が結婚するために実践した婚活テクニック