Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yuking421/yuking.xyz/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

TENGAの女性版・irohaとは?空前大ヒットの裏側を暴露!体験談も

TENGAの女性版・irohaとは?空前大ヒットの裏側を暴露!体験談も

TENGAの女性版・irohaとは?空前大ヒットの裏側を暴露!体験談も

男性のアダルトグッズ「TENGA」といえば、女性でも知っている人は多いのではないでしょうか。そんなTENGAを発売している株式会社TENGAが女性用のアダルトグッズとして開発したのが「iroha」です。今回はそんなirohaとはどのようなグッズなのかをご紹介していきます。実際の使用体験談もありますので、irohaが気になっているという方は是非参考にしてみてくださいね。

TENGAの女性版ブランド「iroha(イロハ)」とは

男性用のアダルトグッズである「TENGA」。ご存知の女性も多いかと思います。そんなTENGAを発売している株式会社TENGAが「女性らしくを、新しく。」というコンセプトを元に2013年に発売開始したのがirohaです。

irohaは日本人女性特有の「かわいい」という感性に合うような手に取りやすい商品を目指し、全て女性スタッフのチームによって開発されました。発売当初にはホームページのサーバーがダウンするほどの話題を集めました。

商品名のirohaの由来は「いろは唄」。いろはという単語には「物事の初歩や基本」という意味があり、「新しいことを始める」という株式会社TENGAの決意が込められています。

ちなみに、一般的に女性用アダルトグッズといえばローターやバイブなどが思い浮かびますが、irohaはそのどちらの特性も兼ね備えた「セルフプレジャーアイテム」に分類されています。

iroha(イロハ)ブランド公式サイトはこちらから

irohaのアダルトグッズが空前の大ヒットを記録!

少し前まで女性用アダルトグッズといえば「怪しいもの」「恥ずかしいもの」というようなイメージがあり、普通の女性が手を出すことはなかなかありませんでした。しかしirohaはそのようなイメージを上手く覆し、女性用アダルトグッズとしては異例の大ヒットを記録。

「発売から2週間で生産が追いつかなくなるほどで、すでに数万個を出荷。購入者の8、9割はインターネットを利用しています」(TENGA社広報)
引用:NEWSポストセブン

なんと発売からたった2週間しか経っていないというのに、生産が追いつかなくなるまでになったのです。男性用のTENGAでもここまで爆発的なヒットはしておらず、いかに女性用アダルトグッズに需要があったかが良く分かります。

またirohaはホームページに力を入れていることもあり、女性がインターネットを通じて購入しやすかったという点も成功の大きな理由となりました。実際、上記のように購入者の8~9割はインターネットを利用しているといいます。

irohaが女性に支持される理由4つ

女性用アダルトグッズとして過去にない大ヒットを記録したiroha。ここからはそんなirohaが女性にここまで支持される理由をご紹介していきます。

百貨店で売られるほど一般的に浸透してきているから

アダルトグッズというと、アダルトショップやネットショップで購入するイメージがありますよね。しかし女性にとってアダルトショップはかなり入りにくい場所ですし、ネットショップでの購入は同居人にバレてしまう可能性もあり、人によっては気軽に使うことはできません。

そんな女性にもirohaが手に取られるようになったのは、irohaが百貨店で売られるほど一般的に浸透してきたからです。2018年、大丸梅田店にてirohaの期間限定店オープン。普段アダルトグッズを目にしない女性達にもirohaを知ってもらうきっかけとなったのです。

アダルト色の無い百貨店にも置かれることによって「アダルトグッズ=恥」という認識が薄れ、普通の女性でも気軽に購入ができるようになりました。これはirohaが支持されている大きな理由の一つだと言えるでしょう。

公式サイトが洗練されていて見やすいから

一般的にアダルトグッズの公式サイトはピンクが基調になっていて全体的にエロティックな雰囲気が漂っていたり、セクシーな女性のイラストや写真が使われていたりして、女性にとっては積極的に見ようという気持ちになりにくいものです。

しかしirohaの公式サイトはそれまでのアダルトグッズの公式サイトとは一線を画しています。白を基調としたシンプルなデザインで、他のアダルトグッズのサイトのような余計な装飾は一切無く、一目見ただけではまずアダルトグッズのサイトであるとは気が付かないでしょう。

そういった点もirohaの支持率を上げる要因となりました。今やほとんどの人がインターネット上で買い物をする時代ですので、その入口となる公式サイトのデザインが洗練されていて見やすいというのはとても大切なポイントなのです。

見た目がシンプルで可愛らしいから

irohaは全て女性スタッフのチームによって開発されただけあり、デザインはとても女性らしく可愛いものとなっています。パッと見ただけではアダルトグッズであると判断することは難しく、その辺りにポンと置いてもまるでインテリアのように見えてしまうほどです。

これまで女性がアダルトグッズを敬遠していた理由に「見た目がいやらしくて悪いことをしている気分になる」「ゴツくて可愛くない」といったものがありました。しかしirohaはそういった欠点を全て排除し、どんな女性からも「可愛い」と言われる見た目を目指したのです。

見た目が良いというのは女性にとってかなり嬉しいポイントです。一般的なアダルトグッズのように、他の人にバレてしまう心配も少なくて済みますし、何より自分が使っていて罪悪感を覚えにくいのです。

気軽に使えて使用感も良いから

irohaは見た目だけではなく、その使用感も抜群に良いと評判です。まずその大きさが女性にはピッタリなサイズなのです。女性は手が小さめな人が多いため、大き目なバイブや電マなどは使いにくいことがあります。ですがirohaは女性の手のひらにちょこんと乗るくらいの大きさですので、どんな女性でも気軽に使うことができるのです。

そして肝心の性能面でもバッチリと女性の心を掴んでいます。irohaにはさまざまなタイプのアイテムがありますが、どれもワンタッチで電源を付けることができ、電子機器類の操作が苦手な女性でも簡単に扱うことができるようになっています。

振動はLOWからHIGHまで好みで調節できるようになっており、激しすぎると痛みを感じてしまう女性でも心配いりません。音もかなり静かで、他の部屋に人がいても気にすることなく使用することができます。

iroha空前大ヒットの裏側を暴露!

今では女性用アダルトグッズとして不動の地位を築いたirohaですが、その大ヒットの裏側にはさまざまな苦労や障害がありました。ここからはそんなエピソードについてご紹介していきます。

1対1で女性の意見をじっくりと聞き取り調査

女性スタッフのみで開発されたiroha。発売は2013年ですが、開発自体は2011年からスタートしていました。なぜそこまで発売に時間が掛かってしまったのかというと、女性のニーズを集めることに予想以上に苦労してしまったからでした。開発チームのスタッフは以下のように語っています。

女性2000人にマスターベーションについてアンケートを取り、同時に対面での聞き取り調査をしたのですが、対面だとなかなか話してもらえなくて。
(中略)
ですから基本は1対1にして、『誰もがマスターベーションしてる』という前提で、『私はこういうふうにしてるけどあなたは?』と、正直な意見を求めました。
引用:女子SPA!

アダルトグッズの開発となれば、使用するであろうターゲット層の意見を集めることは必要不可欠です。しかし女性のオナニー事情というのは、男性に比べてタブー視されてしまいがちなため、女性達は最初は正直に答えようとはしてくれなかったそうです。

そこでiroha開発スタッフは数名同時に対面しての聞き取り調査ではなく、1対1での聞き取り調査を行なうことに。すると女性達も警戒心が解けたのか正直な意見を言ってくれるようになり、その意見が現在のirohaへと反映されていったとのこと。

2000人への聞き取り調査を1対1で行なうというのは、とても労力のいることです。その苦労があったからこそ、現在のirohaが生まれたんですね。

朝の情報番組で取り上げられた際は賛否両論だった?

「irohaが女性に支持される理由4つ」の項目でも少し述べましたが、2018年にirohaの期間限定店が大丸梅田店にオープン。その後、大丸札幌店でも同様のショップがオープンしました。高級ブランドも多く入る大丸にアダルトグッズのショップがオープンするということは世間に大きな衝撃を与えました。

朝日新聞などの大手新聞社やラジオ番組、読売テレビ系列の朝の情報番組など多くのメディアもこのショップのことを取り上げ、女性用アダルトグッズとは思えないほどその知名度は広まっていきました。

しかし幅広い年齢層が見ているであろう朝のテレビ番組にまで取り上げられたことにより、世間では賛否両論な意見が出てきます。

https://platform.twitter.com/widgets.js
こちらのように、性に関するアイテムが表に出てきやすくなったのは良いことだという意見も多く見られました。

https://platform.twitter.com/widgets.js
その一方で、こちらのように「なんで女性のアダルトグッズだけ優遇されているんだ」というような批判の声も。女性用アダルトグッズがここまで一般的に広まることに対して、否定的な人も少なからず存在しているようです。

女性筆者がirohaグッズを実際に使ってみた!体験談・感想をまとめます

ここからは女性筆者である私が実際にirohaを使ってみての体験談や感想をご紹介していきます。irohaシリーズの商品を買いたいけれど、どれにしようか決められないという方は参考にしてみてくださいね。

iroha

https://platform.twitter.com/widgets.js

ジャンル セルフプレジャーアイテム(バイブ)
価格 6800円
使いやすさ ★★★★☆(4)
気持ち良さ ★★★★☆(4)
コスパの良さ ★★★☆☆(3)
一言ポイント 素肌のような触り心地を実現

「iroha」の閲覧・購入はこちらから

すべすべ手触りで、まるでマッサージしているかのような使い心地

irohaシリーズの中でも一番最初に発売されたのがこちらの「iroha」。この商品無くして他のirohaシリーズは生まれなかったでしょう。

形によってタイプは3種類で、先端部を挿入できるようになっている「ゆきだるま」、全体を当てて使用する「はなみどり」、2つに分かれた先端部分でアソコをつまめるようになっている「ひなざくら」があります。

どのタイプも女性の手のひらに完全に収まる小さなサイズですので、小柄な女性でも簡単に使うことができます。手触りはまるで人の素肌のようにスベスベです。

振動はLOW・MID・HIGH・PULSE(リズミカルな振動)の4種類。稼働時間はHIGHモードで使い続けると約90分です。

irohaを筆者が使った感想

初めてirohaを手にした時、まず驚いたのはその手触りの良さでした。女性用アダルトグッズはゴツゴツをしているものが多く、「機械を触っているな」という印象を受けていましたが、irohaはまるで人に触れているかのような触り心地。

筆者は「ゆきだるま」を購入しましたが、見た目も可愛らしく、部屋にそのままちょこんと置いていてもアダルトグッズだとはバレなさそうという安心感があります。

肝心の使い心地はというと、思っていたよりもかなり良いものでした。サイズが小さいので振動の強さにはあまり期待していなかったものの、いざ電源を入れてみると予想以上のバイブレーション。HIGHではすぐにイってしまいそうになり、慌ててMIDに切り替えたほどです。

静音性も抜群で周りを気にしなくていいため、実家暮らしの人などでも安心して使うことができるのではないでしょうか。

iroha mini

https://platform.twitter.com/widgets.js

ジャンル セルフプレジャーアイテム(バイブ)
価格 1890円
使いやすさ ★★★★★(5)
気持ち良さ ★★★☆☆(3)
コスパの良さ ★★★★★(5)
一言ポイント 指でつまめるほどのミニサイズ

「iroha mini」の閲覧・購入はこちらから

圧倒的な小ささと安さを誇るコスパ最強商品

irohaを小型化して、より気軽に使うことができるようになったのがこちらのiroha mini。縦幅3.5センチ、横幅は5センチと、指先でつまめてしまうほどのサイズです。バッグにこっそりと忍ばせて、外出先や旅行先などにも持っていきやすいのが嬉しいですね。

irohaよりもシンプルな造りになっており、ボタンは1つだけ。ボタンを押すと静かに振動を開始します。振動パターンが4種類あるirohaとは違い、iroha miniの振動パターンは1種類のみです。

稼働時間は5時間と短めですが、アルカリ単4乾電池1本だけで稼働しますので、電池切れになってしまった時でもすぐに入れ替えて再使用することができます。

何より嬉しいのは1890円という価格の安さ。irohaは6800円とお試しで買うには少し高い価格ですが、1890円であれば気軽に購入することができます。プレゼントなどにもオススメな一品ですよ。

iroha miniを筆者が使った感想

iroha miniについて一番良いと思ったのは、やはり価格が他のirohaシリーズの商品に比べて圧倒的に安い部分です。正直、アダルトグッズに5000円以上の金額を出すのはなかなか勇気がいるものです。しかし、iroha miniであればそのような心配が必要なく、「ダメだったら仕方ない」くらいの気持ちで気軽に買うことができました。

では安いから使用感が良くないのかというと、決してそんなことはありません。振動パターンは他シリーズよりも少ない1種類だけしかないものの、振動自体は結構強力で、ほとんどの人なら確実にイクことができるであろう強さでした。

しかしずっと同じ振動で刺激することになるため、慣れがきてしまうのは事実。振動パターンが数種類ある他の商品に比べると、少しワンパターンなオナニーになってしまうなという印象を受けました。

iroha+

https://platform.twitter.com/widgets.js

ジャンル セルフプレジャーアイテム(バイブ)
価格 9000円
使いやすさ ★★★★☆(4)
気持ち良さ ★★★★★(5)
コスパの良さ ★★☆☆☆(2)
一言ポイント 振動パターンはirohaシリーズ最多

「iroha+」の閲覧・購入はこちらから

7種類の振動パターンでメリハリのあるオナニーを可能に

iroha+はirohaシリーズの中でも最多の振動パターンを備えています。その振動パターン数はLV1からLV5までの5段階と2パターンのリズム振動の計7種類。毎回違った振動パターンでオナニーを楽しむことができます。

形はくちばし状の先端が特徴的な「りんごとり」、全体的に凹凸が入った「くしねずみ」、先端でつまめるようになっている「よるくじら」の3種類。どれもirohaと比べてシャープなシルエットになっており、より自分が感じやすい部分に当てやすくなっています。

そしてiroha独自の人肌のような触り心地はそのままに、シリコンのしっとりさをアップ。素肌に吸い付いてくるような独特な質感を実現しました。さらにアンチダストコーティングをすることにより、シリコン製にも関わらずホコリが付きにくくなっています。

iroha+を筆者が使った感想

iroha+は名前の通り、irohaにプラス機能を付けた性能をしており、irohaを使った後に使うとその違いはすぐに分かりました。

まずは手触りです。irohaでも十分に心地よい手触りをしていましたが、iroha+の手触りはさらにしっとりしており、手で握るとまるで手の中に吸い込まれていくのではないかという錯覚を覚えたほど。

また振動パターンも3種類から7種類まで増えており、より快感を得たい時にはLV5、イクのを我慢したい時にはLV1というように使い分けがしっかりとできました。メリハリのあるオナニーができて、かなり良い感じです。

とはいえ良いことばかりではなく、価格面ではirohaに比べて2000円ほどアップしています。性能が上がっているので当然のことではありますが、やはり少し高いなと感じてしまうのも事実です。

iroha RIN

https://platform.twitter.com/widgets.js

ジャンル セルフプレジャーアイテム(バイブ)
価格 3200円
使いやすさ ★★★☆☆(3)
気持ち良さ ★★★★☆(4)
コスパの良さ ★★★★☆(4)
一言ポイント 新感覚の挿入体験を楽しめる

「iroha RIN」の閲覧・購入はこちらから

どんな女性でも挿入しやすいスティック形状が特徴的

iroha RINは膣に挿入することを目的として開発されたアダルトグッズです。女性によっては膣の入り口が狭くて普通のバイブは挿入に痛みを伴うこともありますが、iroha RINはどんな女性でも楽に挿入できるよう、比較的細めのスティック形状になっています。

先端に付いた玉飾りで膣の奥を刺激したり、クリトリスを押さえて刺激したりといった使い方ができます。振動パターンはLOW・MID・HIGH・PULSEの4種類。稼働時間は最高出力時で約4時間となっています。

かんざしをモチーフにしたという和風なデザインはシンプルですが洗練されており、部屋やお風呂場に置いていてもいやらしさが全く無くて良いと好評です。

iroha RINを筆者が使った感想

まず最初にiroha RINを手にしてみて、一般的なバイブよりも結構小さいなという印象を受けました。縦幅148mm、横幅35mmということですが、これはなんと日本人のペニスの平均的なサイズなのだそうです。

オナニーをするための道具としてはもう少し太さや長さがあっても良いかなと感じましたが、実際のセックスで物足りなくなってしまう可能性を考えると、これくらいのサイズでちょうど良かったかもしれないとも思いました。

肝心の使用感ですが、控えめなサイズにしては抜群の使い心地でした。挿入すると、先端に付いた柔らかい玉が膣の奥を刺激し、すぐにイキそうになってしまいます。振動もHIGHにするとかなり強めで、見た目からは想像できないほどのパワフルさ。

3200円というお手頃価格でこのクオリティは素晴らしいの一言。おもちゃを挿入するオナニーが好きな方にはオススメできる一品です。

iroha temari

https://platform.twitter.com/widgets.js

ジャンル セルフプレジャーアイテム(バイブ)
価格 5300円
使いやすさ ★★★★☆(4)
気持ち良さ ★★★★★(5)
コスパの良さ ★★★☆☆(3)
一言ポイント クリイキ派にオススメな一品

「iroha temari」の閲覧・購入はこちらから

irohaシリーズ最大の振動力を誇るiroha temari

最後にご紹介するiroha temariは、挿入ではなく、デリケートゾーンにあてがうことを目的として開発されました。見た目は和風で可愛らしい卵型の雑貨のようで、iroha temariを知っている人でない限り、まずアダルトグッズであると気付くことはないでしょう。

デザインは「みずてまり」「かぜてまり」「はなてまり」の3種類あり、自分の好みによって好きなものを選ぶことができます。どれも形に違いはありません。

振動パターンはLV1~LV4の4種類と、2パターンのリズム振動の計6種類。irohaシリーズ最大出力のハイパワーモーターを搭載しており、他の製品では味わえない強力な振動を体験できます。

しかしその分、稼働時間は最大出力時で約90分と他の製品よりも短めです。しかし電池式ではなく充電式ですので、わざわざ電池を取り換える手間は一切ありません。

iroha temariを筆者が使った感想

iroha temariはirohaシリーズの中でもトップレベルの可愛さです。カップに卵が入ったようなデザインになっており、棚に並べてみても普通の雑貨にしか見えないほどでした。アダルトグッズは同居人や遊びに来た人にバレてしまう不安がありますが、iroha temariであればそのような心配は一切ありません。

実際に使用してみると、そのパワーの強さにも驚かされました。一番控えめなLV1だとそこまで振動は伝わってこなかったものの、一気にLV4まで上げると骨まで伝わりそうなほどの強い振動が。

クリトリスに当ててみると、ものの数十秒でイキそうになってしまいました。挿入することはできませんが、これだけの刺激があるのなら全く問題ありません。クリイキ派の方には手放せない一品となることでしょう。

まとめ:irohaを使って快適なオナニーライフを!

TENGAの女性版・irohaについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。アダルトグッズとは思えないほどの可愛さに、興味を持った方も多いのではないでしょうか。

今回はirohaシリーズの中でも厳選した5種類をご紹介しましたが、irohaシリーズには他の製品もたくさんあります。自分に合ったirohaを見つけて、快適なオナニーライフを楽しんでくださいね。

以上、panpan(パンパン)編集部からのお届けでした。

◯関連記事
【初めてのバイブ】使い方・注意点・初心者向けのおすすめ商品まとめ
アダルト向けのバイブおすすめ13選|機能・用途別に人気商品を厳選

Source: panpan(パンパン)
TENGAの女性版・irohaとは?空前大ヒットの裏側を暴露!体験談も